同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
京都市民総合体育大会スケー...
京都府民選手権
主将セレクション 「空手道部」
主将セレクション「ワンダー...
次こそ近大を破れ!同志社惜...
笑顔は持ち越し…
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年2月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
主将セレクション : ラクロス部
主将セレクション「ラクロス部男子」

ラクロス部男子主将セレクション2017を語る

河合×竹内章×加山

「真の体育会になる」


左から2回生リーダー・河合励(法2)、主将・竹内智章(法2)、1回生リーダー・加山広海(経1)



竹内主将が2人を選んだ理由はーー。


竹内「話しやすいからかな。たぶん他の選択肢は色々あってんやけど、みんなが聞きたくない様な話やろなと思って。部室とかでしてる話やし(笑)。あと、下の回生呼びたかったっていうのもあって。」



他己紹介してくださいーー。


竹内「れいちゃんは~真面目!情が熱い。一言でいうと情の人(笑)。まあ彼は苦労してます。」


河合「そうですね。」


竹内「考えすぎ?かな。結構俺が楽観主義やとしたら、逆の人。なんていうんやろな、悲観じゃないけど楽観主義ではない。心配性やな。」


河合「心配性はイメージ悪いやろ(笑)。」


全員「(笑)。」


河合「いい感じにしといてくださいね。心配性は無駄に心配してるやつみたいやから(笑)。」


竹内「無駄に心配してるやつって書いといて。(笑)あとは、リア充。もう3年目やしな、そろそろ。それも俺と真逆。」


河合「苦労してるのにリア充って矛盾やん(笑)。」


竹内「ラクロスも結構大変やな今年は。ポジション的に。AT多いしな。枠に対して人数が多いからな。あとは、竹内補佐的な感じ今年は。」


河合「ひろみは、浪人が一緒なんですよ。浪人したクラスと、1年違うんですけど。僕1浪で、彼も1浪で。僕が卒業した浪人のクラスに、彼が1年後おって、そこから来た人。」


加山「同じコースを歩んできたって感じ。」


河合「だからある程度こうなんかわからんけど、繋がってる感はある。」


加山「それは思う(笑)。なんか親近感はある。」


河合「そんな語り合ってないけど、わかるやつやろうなって感じがある。」


竹内「無駄にリンクしてるやん(笑)。ウィンターとか見てて羨ましい?」


河合「羨ましい!!もうめっちゃ"あ~"って感じで帰りましたもん。」


竹内「あーね。」


河合「いいなあ。」


加山「ありがとうございます。」


河合「なおかつ、リア充。」


竹内「裏話いく?(笑)一回録音止めて俺がバッっていってもいいぞ?」


加山「ダメダメ(笑)。」


河合「技術は上手。」


竹内「上からやな~(笑)。」


河合「俺はもっとウィンターの時は、苦しんでた。ポジションで。立場的には、おらんよりはおったほうがいい、ぐらいのレベルやったんで、めっちゃきつかった。でも彼は普通にでてたんで、得点もしてたし。そういう意味ではすごいなって。」


加山「智章さんは、僕の第一印象は、グラウンドに現れたんですよ。グラウンドにコンビニのビニール袋をもって、ともさんが現れて。"うわなんやこの人、こわっ"ってなって~」


竹内「なにそれ!何月何月??(笑)」


加山「ほんま最初の方っす(笑)。」


竹内「そらもって入るやろ!捕食、捕食!まあええわ、ノーコメントでいくわ!(笑)まあ話せよ。」


全員「(笑)。」


加山「なんかほんまに、背高かったし、うまそうやな~って思って。そっから三回生リーダーってことを知り、話してくれはるようになったんも結構最近で、ウィンターの時期ぐらいで。」


竹内「せやな~。」


加山「あんまコミュニケーションとれてなくて。僕も次の主将ってことが決まってたから、そのコミュニケーションとりたいなって思ってたんですけど、なかなかあんましゃべる機会もなかったんすけど、ウィンターからここ最近にかけて、結構チームのこととか、話させてもらった。んで、大変そうやなっていうのがまず1つと、あとは自分が成長するっていうより、チームが成長して、それがなんか自分の成功というか、そういうふうに考えてるんやなって。最近飯とかいって、話させてもらううちに伝わってきました。」



各回生リーダーとしてそれぞれ自分の回生について教えてくださいーー。


竹内「3回生は、価値観の多様性はある。それぞれが思ってることを持ってると思う。いい意味でも悪い意味でも。ぶっちゃけあんまうまくないから、みんな不安やと思うけど、自分のキャラをわかってるから、そこは活かしつつ、頑張ろうとしてる気はする。わからんけど。優しい人は多いね。ただちょっとスポーツマンらしくないまだ。厳しさがたりへんところはある。たぶん3年間通して、まだチームを引っ張った経験がない学年で、常に上に引っ付いてるじゃないけど、なんていうかな、常に上任せにしてきた学年。まだ4回生っていう自覚も薄いし。まあ、練習が始まって、誰も怒ってくれる人がおらへんくなったらちょっとずつ気づくんかもしれんけど。まあ、やりながらベクトルを直していこうって考えています。」


河合「2回生は、上手いとは言われてたんですけど、あんまり結果は出せてなくて。でも、気持ちとして、一人一人のラクロスに対する気持ちは高いと思う。考えている人が多い。けど、まだそれを自分から動かそうとする人がいない。自分のなかだけでおさめて、チーム単位じゃない。けど、プライベートは程々に仲良くて。なんていったらいいやろ。」


竹内「どの回生見ててもそうやけど、簡単にバラバラになってしまうから、価値観の違いが生まれてくると思う。れいの代は、特にそれがある気がする。個々が強すぎて。だから、来年の方がしんどいかもしれん。」


河合「んー。どんな回生かわからん!(笑)考える人は多いから、上は狙えるチームやと期待はすごくしてる。自分の中で。」


竹内「パワーはあるから、あとは上がどうするかやで。」


河合「それは俺がどうするか。俺はもっとプライベートでもファミリーみたいなんになりたいんですよ。4年間毎朝あうのに、なんかこのままな感じは嫌なんすよ、これは俺の意見やけど。今は家族ではないですね。」


加山「でも仲は良いっすよね2回生。」


河合「うん。でも1番最初の回生の集まりなんかは10人くらいでしたよ。俺がミーティングで"そういうとこからやで"っていったら、ちゃんと33人きたけど。やっとこの前のごはんで、お酒の力を借りて、仲良くなった感はあると思います。」


竹内「大学生やねー。大学生しかない感じやな。」


加山「僕が思う1回生は、いい意味でも悪い意味でも、インキャ。」


河合「いやいやいや。」


竹内「それは悪い意味でしかないわ!いい意味のインキャって何?(笑)」


加山「れいさんと被るんですけど、僕らの回生も内に秘めたるものはみんな絶対持ってる。だから、自主練とかを通して、高め合える存在であるってお互い思ってる選手は多い。そこはすごくいいことやと思うけど、明日から上回生と混じって一緒に練習するってなったときに、それを今までやってきたことを周りも巻き込んで、なんなら上回生と混じったときに、練習の雰囲気を自分たちが作るぐらいの気持ちでやる選手っていうのは、まだそんな多くないと思う。意識は高い選手は多いし、お互い高め合ってきて、ウィンターまでやってきたけど、もう2回生やから、コーチに頼ってられへんし、今までやったら、1回生っていうくくりで練習してきたけど、もう同志社ラクロス部っていうのを背負ってることを考えたら、まだちょっと幼いかなっ思う。一緒にやってたらみんな熱いなって思うけど、あんまそれを先輩とか見に来てくれた人にはまだ発信しきれてないところがあるから、それを含めて明日からしっかりやっていけたらいいかなと思います。」



LMFとしてチームに貢献する竹内



去年を振り返ってーー。


加山「上回生はリーグ戦の応援とかを1回生が応援をちゃんとしてないっていうのもあるけど、僕らが応援する限りではなんかまとまって戦っている雰囲気ではなかった。1回生ながらにそういう雰囲気ではないなって感じちゃった。僕らの回生にとっての1年は、とにかく充実してたかなって今は思います。サマーまで練習試合とか全勝できてたのに、サマーであんまり上までいけず負けてしまった時に、このままやったらあかんなっていう雰囲気になって。夏休みの9月いっぱいとかは、朝の8時から暗くなるぐらいまで毎日残って自主練してました。そういう面ではすごい充実してたけど、僕個人としては、大学の体育会に入って、なんか組織っていうものをみたなって。組織を肌で感じたというか、そういう1年やったなって思います。先輩らがまとまってないなっていうのは僕らも感じたし、学生主体の中で越えなきゃいけない問題っていうのも、高校の部活と違うなって感じた。大学の体育会っていう組織が、どういうものかなっていうのを感じた1年やった。」


竹内「去年は突っ走ったな。俺かが未熟で、はやさについていけんかった。エネルギー源がすごすぎて、チームがわーっていって、部員は"が、頑張ろ"って感じで、終わっちゃった。結局、結果が出てない分何かが悪かった。結果がでないってことは何かが悪くて、それは原因は1つじゃない。そこは改善しながらやっていくっていうのと、ラクロス部は大人がおらんくて、監督がいたら結果がでなくても、原因を監督のせいにできるやん。けど、おらんから4回生のせいにするしかない。責任をとるべき回生なのは、明らかやから。結局、結果がでなかった事実がある以上、全面否定するしかない。そうじゃないと改善されへんから。だから、毎年毎年その繰り返しやねんけど、僕が1回生の時はリーグ戦準優勝してるから、結果があったからあんまり非難されへんかった気がする。結局あの代も、4回生より3回生の方が確実にうまかったから、結果がでてなかったら絶対ボコられてた代やけど、結果がでたから否定はされへんかった。だから結果だすしかなくて、この同志社大学ラクロス部は。大人がおらへん分、結果ださへんかったらボコられるし、いい感じで卒業できへんし。悪いけど、去年は2部に落ちて、ここ2,30年で一番悪い結果やから、ここ2,30年で一番悪い代やったって捉えられるのは仕方がない、と思う。」


河合「進め方はどうかわからないすけど、思考は俺は間違ってなかったと思います。なんか、長い目でみてチームを作るっていう点で。でも結果が出なかったからっていう。」


竹内「結局、縦にチームに携わる人がおらへんからほんまにムズイ。特にさっきも言ったけど、結果を出し続けてないと全否定になるから、そういう意味で、5カ年計画するならば、5年間結果を出し続けないと、なんからの形で否定される時がくるから。っていう意味でも実力がない中で、継続性のあるチームを作るっていうのは、まず大人を読んでこないときつい。KGは大人がいるし、京大も院生がいるから8年間チームに携われる人間が常にいる中で、強い軸をもって作れるけど。時間が足りへんってことやね、学生スポーツは。自分がやりたいようにできるのは1年しかないから。っていうことを身に染みて感じた。キックオフの時点では毛呂さんに反対する人はおらんかったし、この人すごいかもしれんって全員が思ってたはずやし。2月とか4月とか、あのころはまだ、絶対なんか今年はいいぞってなってたし。」


河合「俺はその時、1回生から4回生になるまでにもっと準備しとかなあかんなってなった。」


竹内「4回生からスタートじゃ始まらんもんな。」


河合「1回生のときから築きながらっていう。」


竹内「ってなると、新歓をもうちょっとちゃんとしなあかんな。じゃないと、スタート時に価値観が違うから。入部してくるときに。」


河合「去年は結構頑張ろうとしたんですけどね。どうやったんですかね。」


竹内「でも俺ら結構頑張ったからちゃんとした子だけはいったくない?俺らの代とかは、とにかく数入れろって感じではじめ4,50人おったで。いま20何人やから、そんくらいやめてるねん。」


河合「そういう不燃性の人はいれないでおこうっていう考えね。感化されるような人か、自分がすでに熱い人かしかいれないようなっていうフィルターをかけるっていうのが面接。」


竹内「そういう意味では、ウィンター勝てたから、新歓はあってたんかなって考えてて。4年ないと無理やんな。って思うと新歓をもうちょっと考えなあかんな。4年間で作るんよチームは。ってなると、1回生を入れる段階からチームを作ってるって感じ。話ずれたけど。」


加山「なんで回生同士で仲悪くなるんすか?回生と回生で。」


河合「去年それで思ったのは、毛呂さんらがいて、智章さんらで、俺らがいたんやけど、毛呂さんが突っ走りはじめたときに、2.3回は元から仲いいのはあるけど、なんかちゃいますよねってなってん。けど、その3回生の人が荒れ始めて、その回生自体がチーム全体に応援もしないし、態度めっちゃ悪いなって思った2回生が、"あれなんなん"みたいになったときに、こうやって回生同士が仲悪くなるんかなって。2.3回生は仲良かったのに、その中で起こったアクションをみて、"それは違う"ってなったその1個の感情が広がった結果対立していくんやろなって。」


竹内「一人腐ったら、どんどん腐るねん。どれが理不尽なA,B分けされたり、処分を受けたら、それを見て、"あ、なんかこのチームおかしい"って言い始めて、どんどん広がる。ベンチは26人しかおらんから、それに漏れた人は、なんとなく"なんでやろ"ってなるやん。なんでかっていうと、A,B分けってその人のスポーツ人生左右するやん。それを左右してるのが、1個上か2個上やん。1才か2才かしか変わらん人が自分の人生左右してるわけやん。それってめっちゃむかつくくない?」


加山「そうですね。」


竹内「それってフラストレーション溜まるから、絶対監督とかいた方がいいんやけど。携わってる人がおらへん分、26人はよかったと思うかもしれへんけど、それ以外は"なんでやねん"って思う可能性があるやん。そこを"なんでBかわかるか?"っていう理由を説明してあげれる力とか、そういう所からしっかり全部不満を取り除くようにしないとあかんかった。」




今年はAT争いで注目される河合



今年はどういうチームにしていきたいかーー。


竹内「今年は体育会を作る!組織がまだ体育会じゃないから。ラクロス部のいいところは保ちつつっていうのは必要。同志社ラクロス部っていうのは残しながら、しっかりとした体育会を作るっていうのは目標。それは抽象的な目標で、具体的目標は1部昇格。」


河合「全員がチームのことを考えて、どうやったらいいかっていうのを、考えられるチームにしたいです。まだ、ミーティングでも俺の意見を垂れ流してるというか。個人個人が引っ張る側じゃないと、3回生っていうのも確実にチームに関与する学年なんで、自分たちが関西制覇を目指すなら、1部に上がるのは必須で、そのためにはチームを引っ張らないとあかんし。そのチームを引っ張るっていうのは、個人じゃなくて、回生全体でチームを引っ張っていって、自分たちが流れを変えるぐらいの気持ちがないと、いけないよっていう話はするんですけど。それも僕がいってるだけで。それを全員が考えられるチームにしたい。」


加山「僕はラクロスに限らず、スポーツ全部やと思うんですけど、ウィンターの決勝とか自分らが優勝した試合とか、周りの人らが喜んでいる姿とかみて、見てる人に感動とか興奮とかっていうのは、ラクロスの魅力の一つやし、そういう試合ができるチームを目指したい。去年の立命戦とかも、ほんまに応援しててめっちゃ楽しかったし、めっちゃ興奮したから、そういう応援しに会場まで来てくれた人を、楽しませる。そのためには、自分たちも楽しまなあかんし、きれいごとに聞こえるけど、そういうチームを目指したい。」



昨年チームを優勝に導いた加山



1部昇格のためには何が必要だと思いますかーー。


竹内「いっぱいあるよ。技術。圧倒的実力不足。全部ちゃう?全部たりてない!メンタルも弱い。先制点とらな沈むチームやし。あとは応援できてない。」


河合「俺は1番は人間関係やと思う。こうじさんの代もあの順位やったっていうのを考えたら、実力じゃないんかなって。阪大にめっちゃかったのに、結局はぎりぎりで1部残留って結果っていう事実。それの1個前の代は、1個したの上手い回生を活かそうとした、上回生との関係がうまくいったからかなって。仲いいんじゃなくて下からも生意気かもしれんけど、ちゃんと言えた回生だった。毛呂さんの代も、勝てなかったチームじゃなかった。相乗効果じゃないけど、関係がよくなれば言い合えるし、もっと厳しくできるっていう関係。イコール技術も高まるっていう関係。」



注目してほしい選手はーー。


河合「1回生は、ともき、かずま、こんちゃん、もっちょ。もっちょ伸びるとおもうんすよ。潜在的ななんかあるくない?」


加山「あるし、動いてくれる。」


竹内「2回生は辻君。」


河合「あー。」


竹内「辻君は結構手本となる選手やね。」


河合「辻は賛成。期待したいのは安齋。できるかはわからんけど(笑)。」


竹内「やっぱり俺はすぐるかな。運営面で。技術じゃなくて運営面ですぐるを推します。彼がいないとチームはダメ。」


河合「すぐるは期待してるな~。あいつが引っ張れたら、回生が変わるな。」


竹内「たしかに。すでに変わりつつはあるで。あとは、おぎよし!!彼はすごいんです。俺より頭がいいかもしれん。ずる賢いんかな?(笑)」


河合「新2回は、たくろうとしんのすけ。」


加山「あー。たくろうはウィンターでれへんかったっていうのも本人もめっちゃ思う所があって、めっちゃ頑張ってる。しんのすけも、めっちゃみんなからゴーリーとして信頼されてる。」


竹内「みんなちゃう?(笑)2回生は見物です。」


河合「新4回生は佐野さん。」


加山「僕も佐野さんっす。」


河合「佐野さんが絶対的守護神になるビジョンはめっちゃみえる。」


竹内「あー。俺はしゅうかな。今年はOFなんですよ。何点入れるかなんですよ。DFはほっといても大丈夫。結局OFが何点取るか。8点!OFが8点取ったら勝てる。当然2部相手で8点は少ないけど、8点は取れるOF力がないとダメ。っことでしゅうに1票!MFやと思うわ。」


河合「たしかにMF大事。」


竹内「MFが何点取るか!今年は。」


河合「いや、でも佐野さんかな(笑)。」


竹内「佐野が0点に抑えても0点やったら意味ないで。」


河合「まあね。俺が心揺さぶられる瞬間って、ナイスセーブの瞬間ですね、ラクロス見てて。」


加山「ゴーリーの特権ですよね。」


河合「ゴーリーってめっちゃ流れ変えれるじゃないですか。」


竹内「たしかにな。じゃあ佐野?」


河合「佐野さんとしゅんさんで(笑)。」



昨年、関西制覇を掲げていたが、まさかの創部初となる2部降格を言い渡されたラクロス部男子。今年目指すのは、もちろん1部昇格のみ。

新体制になり、各回生リーダーに今の現状や組織について語ってもらった。そこには、学生主体であるラクロス部ならではの悩みなども見受けられた。

各リーダーが回生をまとめ、チーム一丸となって1部昇格を狙う。(聞き手:松原美月)



○プロフィール


竹内智章(法学部法学科3年/180㌢73㌔/同志社高校)

自身のキャラを活かし、チームを引っ張る主将。自分の成長よりもチームの成長を第一に考えている。

高校時代はバスケットボール部に所属。ポジションはLMF。背の高さを活かし、プレーでもチームに貢献している。



河合励(法学部法学科2年/175㌢71㌔/高槻高校)

2回生リーダー。真面目な性格でチームを引っ張る。高校時代はラグビー部に所属。主将も務めていた。ポジションはAT。



加山広海(経済学部経済学科1年/175㌢70㌔/御影高校)

1回生リーダー。昨年のウィンターステージでは見事関西制覇を成し遂げた。高校時代はサッカー部に所属。主将も務めていた。ポジションはMF。

【主将セレクションバックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について