同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
日本学生トライアスロン選手...
近畿学生トライアスロン選手権大会
天理大に快勝、1部残留![...
日本代表ならず…成長、課題...
'17春の展望 ...
’17春の展望「日本拳法部」
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年4月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
主将セレクション : スピードスケート部
主将セレクション 「スピードスケート部」

スピードスケート部主将セレクション 2017年を語る

山本冬×須佐見広×岡本

「折れずに向き合う」


左から山本真冬(経2)、須佐見幸広(理工2)、岡本彩乃(同女3)



この二人を選んだ理由はーー。


岡本「次期キャプテンになるのが須佐見で、そして女子を引っ張っていってくれそうな、次期副キャプテンの真冬ちゃんを選びました。」


役職に選ばれた時の感想はーー


山本「ウワサで「真冬ちゃんか須佐見が主将」みたいなことは聞いていました。だから発表までどちらが主将の座を逃れるかって(須佐見と)2人で言ってた。それでついに発表の時に「真冬ちゃんは副主将です」って言われて。(自分は)イエーーイ!!ってなって。須佐見は「まじかぁ…」って。」


一同(笑)


やはりプレッシャーはあったんでしょうかーー。


山本「そうですね。」


須佐見「仕事多いしなぁ……。」


岡本「今年はないんですけど、今までは同志社の主将が京都府の主将を兼任するっていう形だったんで、京都府全体を見るような仕事もあって結構大変だったんです。」


そうでしたか。……では改めまして、他己紹介をお願いしますーー。


岡本「<山本について>1回生の頃は、けっこう激しめの子が来たなって感じがあったんですけど、二回生になってかなり真剣な話ができる後輩だなっていうのがわかって。自分自身の考えも言ってくれるし、気づかされることも多いですね。物事をいろんな観点から見れている子だなと思いました。」


山本「褒めてくれた!」


岡本「褒めました(笑)」


山本「<須佐見について>二回生では一番しっかりしていて、一番仕事もしてくれて。でも、自分が良ければそれでいいっていうところがある。」


一同 (笑)


山本「『自分が仕事しなくていいなら自分は(仕事を)したくない』みたいなタイプ。でも、結局他の二回生のせいで須佐見がやらなあかんくて、なんやかんやでみんなの仕事をひとりでやってくれてる。性格も、実は人当たりがいい。」


須佐見「<岡本について>ほんまに部活のことを考えてくれてる。この前部内で色々とあった時も部活全体のことを考えていた。僕やったら個人的なことしか考えられなくて、「そいういう考え方もあるんや」って考えさせられましたね。」


新体制になってからやりたいこととかはありますかーー。


須佐見「喧嘩をしない。」


よく喧嘩されるんですか?


山本「私たち(山本と須佐見)がめっちゃしますね。他の二回生とはしないんやけど。」


大丈夫なんでしょうか……?


岡本「大丈夫大丈夫。」


山本「折れないことやな。」


須佐見「え?(笑)」


山本「いや、須佐見と喧嘩しても「もう須佐見とは分かり合えない」、みたいに距離をとるんじゃなくて、喧嘩してもちゃんと「ごめんな」ってならないと、っていうこと。」


それぞれの思いを語る3人



関西インカレで女子総合優勝、男子総合4位という目標を立てられていますが、練習してみて手ごたえは?


山本「やばいなぁ」


といいますとーー。


岡本「目標を決める時に女子、男子、マネージャーと別れて目標を決めるんですけど、マネージャーのほうよりも目標が低かったらマネージャーの目標になるんです。女子は「打倒関学」「総合優勝」でマネージャーと一致したんですけど、男子の目標は「入賞」とか「6位」だったのにた対してマネージャーが「4位入賞」と高めで。モチベーションを高めるために結局「総合4位」と、ちょっと高めの設定にはなっているから、結構男子には頑張ってもらわないと……。」


須佐見「京大と神大、あと関大には勝たないと。」


岡本「女子は……とにかく勝ちにいかなあかんな。」


山本「そうですね。やばいっていう前に練習しないと。」



勝ちたい選手または学校はありますかーー。


須佐見「やっぱり神大と京大かな。」


山本「選手というか、個人的には関学。」


岡本「たしかに関学は女子選手の人数も一緒で、同関戦に負けたのもあって悔しかった。女子は勝てると思ってたし。」


山本「(関学は)関カレで倒します。」



最後に今後の目標をお願いします。


岡本「引退までの目標やったら、A級取って、女子選手も男子選手も増やして来年の同関戦で勝つ。私が入部してから同関戦で同志社勝ったことないから。」


山本「同関戦勝ちたいですね。」


岡本「そうやなぁ。女子もインカレで入賞とか。『(予選)~位に終わった』とかそういうのじゃない部活にしたい。」


山本「私はとりあえずB級を取る。関カレで優勝して、せっかく女子選手も増えて6人になったし女子の部門でインカレでも入賞できるようにしたい。OBさんにも『真冬ちゃんの頑張りにかかってる』っていうふうに言われて、自分も本当にそうだと思うので、まず自分が頑張って、後輩にも「頑張ろう」と思ってもらえるようになる。みんなでパワーアップしていきたい。」


須佐見「個人的にはA級を取るのが目標。全体としては男子部員が少ないので、新歓で男子部員を多く入れたい。リレーメンバーも4人でギリギリやし。」


山本「1人抜けたらアウトやしな。」


須佐見「(笑)、競争するメンバーがいないっていうのはやっぱり問題なんかなと思う。いっぱい一年生に入ってもらって

「頑張らないとリレーメンバーになれない」ってくらい、競争意識を持って練習に取り組めるといいのかなと思ってます。」



和気あいあいとした対談後、一同はその面持ちを引き締めてリンクへと練習に向かった。関西インカレまであと一か月ーー。同関戦の借りを返す舞台は刻一刻と迫っている。世代交代はまだ先だが、新幹部の二人は意見をぶつけ合いながらこれからの部の道を模索していくのだろう。現体制で臨む最後の大舞台、持てる力を合わせて各々の勝利を掴んでほしい。(聞き手 田中美穂)




◯プロフィール 「」内はマネージャーより。

岡本彩乃(同志社女子3年/168㌢/親和女子高校)

現主将。高校時代は陸上部に所属。

「不器用で負けず嫌いだが真っすぐ。意志が強い。」


須佐見幸広(理工学部2年/175㌢/石山高校)

次期主将。高校時代はバスケットボール部に所属。

「冷静、落ち着いている。器用。信頼されやすい人。」


山本真冬(経済学部2年/159㌢/同志社国際高校)

次期副主将。高校時代は吹奏楽部に所属。

「周囲に気配りもできる、ストイックな人。」


【主将セレクションバックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について