同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
日本学生トライアスロン選手...
近畿学生トライアスロン選手権大会
天理大に快勝、1部残留![...
日本代表ならず…成長、課題...
'17春の展望 ...
’17春の展望「日本拳法部」
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年4月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
主将セレクション : 剣道部
主将セレクション 「剣道部男子」

剣道部男子主将セレクション 2017年を語る

大熊輝×大津

「同志社らしく勝つ」


左から主将・大熊勇輝(商3)、主務・大津俊(政策3)



新体制となって変わった点は――。


大熊「去年までは関西制覇がチームの目標で、まあ今年もその目標は変わってないんですけど、関西制覇っていう目標をもって毎日過ごしてる人がレギュラー陣もしくはレギュラー陣の中でも数人って感じだったんですけど、今年になって実際練習をきつめにやったりとか改めてそうすることで「みんなで関西を取りに行くんだ」っていう雰囲気が多少はできてきたと思うんで、レギュラー陣はもちろんレギュラーじゃない部員も「関西で優勝させよう」っていう風にチームは変わってきたと思います。」


去年の大会を振り返ってみて――。


大熊「そうですねー、、、去年は西日本3位と関西3位が最高よね?」


大津「そうだね、全部3位。」


大熊「今年はまだ試合がまだ始まってないんでまだなんとも言えないですけど、去年からメンバーがごろって変わったわけじゃないし、去年から僕らの代が主体で結局入れ替わったのは9人中たった2人で、7人が同じなのでみんな経験値としてあると思うんで期待できるし、結果として言うならいつも3位とか2位とかで止まる傾向があるのでそこをどうにか今年の代で勝ち切って結果を残したいですね。」



相手と競り合う大熊主将。



どのようなチームにしていきたいか――。


大熊「あまり体育大学みたいにゴリゴリにやるっていうのはカラーじゃないかな。」


大津「良さがでないよね、同志社らしく勝ちたい。」


大熊「うん。」


大津「体育大学だったらずっと練習して、勝つのが当たり前みたいな感じだろうけど同志社はそんな感じではないかな。」


大熊「同志社は自由で個人個人が同じ目標に向かって自分に足りないところを自分で補ったりとか、みんなの課題は僕らとかが指示するので、そういうところはみんなでやってあとは個人的に成長してもらうっていうのがうちのカラーだと思うんで自由っていうのを履き違えずにいい意味で伸び伸びとしたチームにしていきたいですね。」


これから期待する選手――。


大熊「うーん、期待する選手、、、でもみんな伸びしろしかないですからね(笑)」


大熊大津「(笑)」


大津「ホント伸びしろしかないよね(笑)」


大熊「強いて言うなら松田(政策2)かな?」


大津「2年生の松田君だね、やってくれるんじゃないかと思ってます。」


大熊「次期キャプテン疑惑のね。」


大津「うん。」


大熊「松田はしっかりした剣道をしてると思うし、なにより部内で誰よりも剣道が好きなので。」


大津「気持ち悪いけど(笑)」


大熊「彼がどんぐらい伸びるかで結果が変わると思いますね。」


大津「もちろんレギュラーなので、、、でも伸びしろあるの俺らの代じゃない?」


大熊「伸びきったよ(笑)」


大津「正直もう落ちてきたけどね(笑)」


大熊「自分で言っておきながら(笑)」


大熊主将が大津選手を選んだ理由は――。


大熊「選んだ理由は主将1人でできないことしかないのでそれを支えてくれるのは主務だと思うし、主務の力になれるのも主将だと思うし支えあって且つ、同じ高校で同じ喜び、苦しみを味わってきた仲なので大学で出会って主将と主務だから仲良くなったというよりも濃い関係だと思います。なのでそういう信頼関係の中で彼を選出しました。」


大津「なるほど、ありがたい。」



一本を狙う大津。



大津選手から見た大熊主将は――。


大津「高校時代からずっと一緒に剣道をやってきて、自分らの高校が全国優勝してさらにそのレギュラーで剣道においてはまったく申し分がないくらい強いです。剣道だけ見ても十分引っ張れる力を持っているしリーダーとしても!あと、高校時代から一緒にいる中で「こういう人が引っ張っていくんだろうな」っていうオーラがあったし、後輩からの信頼も厚いしそういうのを見て一番主将に相応しいんじゃないかと思ってました。自分らの代でも「まあ、(主将は)大熊だろうな。」みたいな感じでしたね。」


大熊「これ、、、すごく照れくさいですね(笑)」


大熊大津「(笑)」


これからの目標は――。


大熊「あと10ヶ月したら僕らの代も引退なので、、、もうあっという間に1年切ってしまったので悔いの残らないように毎日きついことも楽しいこともさせないといけないしそういう風に色々織り交ぜていってみんなが剣道として「いい代だったな」って言われるようにしたいですね。あと僕と大津と副将もそうですし、今の同期が力を合わせて引っ張っていけば自然と関西制覇っていう結果はついてくると思うので、楽しくもありきついことも乗り越えて自然に関西制覇っていう結果がついてくるっていうのが僕らの目標です。」


大津「そうだね。」



厳しい寒さが続く二月上旬。冷たい雨が降り注ぐ気候の中、二人の対談が始まった。

同じ高校で共に励んできた二人のチームに対する熱い思いがこちらにも十分伝わってきた。

関西制覇――。長年、剣道部が課してきた関西制覇という使命がある。

昨年、関西大会3位に終わった悔しさをバネに今年こそ同志社らしくその使命を果たしてくれるはずだ。

(聞き手:野村友哉)




○プロフィール

大熊勇輝(商学部3年/172㌢/70㌔/九州学院高等学校)

高校時代にはインターハイ優勝、全国選抜大会優勝など輝かしい成績を持つ。

持ち前のリーダーシップを発揮し主将として剣道部を牽引する。



大津俊(政策学部3年/164㌢/60㌔/九州学院高等学校)

高校時代には大熊と同じくインターハイ優勝、全国選抜大会優勝など輝かしい成績を持つ。

主務としてチームを支え、選手と主務の二足のわらじを履き剣道部に貢献する。

【主将セレクションバックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について