同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
関西学生体操選手権大会新体操の部
関学制し女子初優勝!
王座奪還!悲願のインカレ優勝!
主将セレクション「スキー部」
主将セレクション「日本拳法部」
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年3月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
主将セレクション : 剣道部
主将セレクション「剣道部女子」

剣道部女子主将セレクション 2017年を語る

寺園ろ子×渡曾

「オンとオフの切り替えを」


左から主将・寺園ひろ子(スポ3)、渡曾結有(政策1)



新体制となって変わった点は――。


寺園「新体制になってすぐオフに入ったので、まだこれからって感じかな。」


渡曾「そうですね。でも自分が思うに、後輩から見て大将のポジションを寺園先輩にやってもらってるのが2年越しに来ているので安定感はあるんじゃないかなと思います。」


寺園「チームとして考えたら4年生がいなくなったのはだいぶ大きいかなっていうのはあります。でもレギュラーとして活躍した人数でいったら残っている部員のほうが多いので、しかも新入生がはいってくる子が何人かわかってるんですけど、高校で結果残してる子ばっかりなので不安はないですね。」


渡曾「そうですね!」


寺園「逆に楽しみっていうのが強いですね。」


渡曾「(レギュラー争いは)だいぶシビアになりますね(笑)」


寺園「ホントにレギュラー争いは熾烈になりますね。これまで以上に。」


渡曾「逆にそれがいいんじゃないですかね?」


寺園「今まで強い人と強くない人がハッキリ分かれててレギュラー争いがほとんどなくて、レギュラーは危機感ないままで練習をしてたので危機感が出てきたことによってより切磋琢磨してできる。」


渡曾「責任感が強くなるというか。」


寺園「もっと練習とかにもなかった緊張感とか張り合いがでてくるかなーっていうのは思います。」


渡曾「強い後輩が入ってくるっていうから自分らは緊張感もって練習できる。てか絶対そうなると思う(笑)」


寺園「じゃないと多分レギュラーとられる。」


渡曾「そうですよね(笑)ホントに!」


去年の大会を振り返ってみて――。


寺園「大きい結果という結果は、、、」


渡曾「西日本3位じゃないですか?」


寺園「それ以外はそういう結果は残してないですね。」


渡曾「もうちょいってとこでしたね。」


寺園「あと1本のところで勝ちきれないっていうのがあったので。」


渡曾「ですよね。」


寺園「最後の4年生の試合(全日本大会)は結果として2回戦で関東チャンピオンの国士館大学に負けたんですけど西日本で3位になった試合よりもいい試合ができてたと思います。」


渡曾「それは思いますね!」


寺園「ホンマにベスト試合やったな!」


渡曾「ホントに!」


寺園「一人一人がベストな試合をしてたし、ああいう試合を毎回できれば多分西日本でベスト4以上食い込めると思うし、関西大会でも優勝できるかなっていうのがあるよね。」


渡曾「自分が先鋒だったから言えるんですけど、後ろがめっちゃ強かったのでホントに安心して試合できました(笑)」


どのようなチームにしていきたいか――。


寺園「まず第一に仲良く!」


渡曾「ですねー!それがモットーですもんね。」


寺園「みんな仲良くっていうのが一番大事にしていきたいと思う。でも仲良くなりすぎてなぁなぁになって甘さがでてしまうとか、仲が良いゆえに練習の稽古でも遠慮してしまうっていうのがでたら嫌やなっていうのがあるから、そこらへんのメリハリはしっかりしていきたい。練習のときはライバルで妥協なしに、地稽古でも相手を押し倒したり突き殺すような勢いで(笑)」


渡曾「仲間というより練習中は敵ですね(笑)」


寺園渡曾「(笑)」


寺園「敵ではないけど、やっぱそういう意識で練習はしていきたいなっていうのはあるから。」


渡曾「お互いそういう意識でやっていけばチーム全体としても絶対よくなると思うし。」


寺園「でも練習終わったら元通り(笑)」


渡曾「(笑)」


寺園「さっきボコボコにしちゃってたのになんもなしっていう感じで仲良くしていきたいですね。オンとオフの切り替えをしっかりって感じで、そのギャップを激しくしたい。」


渡曾「あ~~、そうですね!」


寺園「オンのときはガツンといってオフになったらシュンって感じでそのギャップを大きくすればするほど。」


渡曾「ですね、どっちにもメリハリがちゃんとつくから。」


寺園「(メリハリは)ハッキリ以上!みたいな(笑)」


渡曾「(笑)」


寺園「そのギャップを大きくしていきたいかな。」


渡曾「ですね、それが一番ですよね。」


寺園「理想やで(笑)それができたら。」



面を狙う寺園主将。



寺園主将が後輩に期待するところは――。


寺園「私自身をもっと危機感を持たせるような、、、もっとこう下から追い上げてくれるような激しさを持ってくれたら自分自身にも張り合いがでてくるので、まあ後輩は上回生に練習で遠慮してしまうとことがあるかもしれないけど。」


渡曾「それが一番でるのはやっぱり地稽古じゃないですか?」


寺園「地稽古で遠慮されてたりしたら嫌なんでもう殺すぐらいの勢いで来てほしいなって思うし、そうじゃないと自分自身の練習にもならないし。」


渡曾「お互いの練習にならないですよね。」


寺園「ホントにそれは自分のためにならんから下から追い上げてくれないと。さっきも言ったけどオンとオフの切り替えでも練習のときは先輩後輩関係なく、そういう壁を取り除いて全力で倒しにきてくれたらいいですね。そうしてもらえるように努めてて、、、怖いオーラを出してるつもりはないんですけど(笑)」


渡曾「怖くないですよ!(笑)」


寺園「先輩だからって気をつかわれるのは好きじゃないんで。フラットで気をつかわないように努めてると思うんですよ(笑)」


渡曾「めっちゃわかります、はい。」


寺園「なのでそれ以上にもっとガツガツ来てくれたらいいなって後輩全体に思います。」


渡曾「全力で倒しに行きます。」


寺園「全力で殺しに来て(笑)」


渡曾「わかりました(笑)」


寺園主将が渡曾選手を選出した理由は――。


寺園「後輩とか全員好きなんですけど、渡曾は今までの同志社になかった部分を埋めてくれたっていう大きい存在っていうのが決め手になったかな。渡曾とか1年が入ってくるまでの今までの同志社は、団体で言ったら先鋒タイプの子がいなかったんですよ。先鋒はチームに勢いをつけるための重要なポジションなんですけど、今までの同志社はそういうポジションができる子がいなかった。でも渡曾が入ってくれたことで先鋒というポジションを埋めてくれて流れよく試合ができるようになったんで、後ろとしてもすごいやりやすい、気持ちが高まるような試合を前でしてくれるから、私もすごい試合がしやすいなっていうのがあるので、そういうタイプの剣道ですね渡曾は。やっぱスピード感とかあるし試合見てて「よいしょー!」みたいな(笑)」


渡曾「ノリのいい剣道ってことですね(笑)」


寺園「今までの同志社にはなかったところを埋めてくれたっていうのが選んだ理由です。」


渡曾「ありがたいです、ホントにありがたいです。」



先鋒で試合に出場する渡曾。



渡曾選手から見た寺園主将――。


渡曾「いや、それはもうやっぱり去年から先鋒に入れさせてもらって寺園先輩は大将で、一番最初と一番最後のポジションでやっててやっぱり頼りがいがあるっていうか、前で試合やってるときに「寺園先輩がいるから大丈夫」っていう気持ちで試合ができますし、なによりオンとオフがしっかり分かれてるから自分は寺園先輩が一番だと思ってるんですよ、ホントに、ホントにそうなんですよ!稽古やっててもどう言い表したらいいかよくわからないんですけどすごい変わるんですよ。だから「自分もやんなきゃ」ってなるし、やっぱりオンとオフがしっかり分かれてて楽しいときは楽しいけど、やるときはバリバリ集中するし、それに加えて後ろに寺園先輩がいるから大丈夫っていう頼りがいがあるところがホントにすごいなって思ってめっちゃ尊敬してます!」


寺園「恥ずかしい(笑)」


渡曾「ホントですよ(笑)私、稽古のとき寺園先輩にいってるじゃないですか?」


寺園「うん、来てるね。」


渡曾「毎回自由稽古になったとき寺園先輩のところに行くんですけど、寺園先輩に行き過ぎてこの前お父さんに試合のビデオ見てもらったんですけど「寺園さんの剣道を真似してるんじゃないか」って言われるぐらい稽古で行ってるんですよ自分(笑)それぐらい尊敬してるんですよ!」


寺園「やっぱ恥ずかしい(笑)」


渡曾「ホント頼りがいのある先輩です、、、ホントですからね?(笑)」


寺園「(対談が)終わってから変わったらどうしよう(笑)」


渡曾「ないないないない!(笑)」


これからの目標は――。


寺園「もちろん関西優勝。」


渡曾「ですね、今までずっと目標にしてましたからね。」


寺園「去年も優勝できる力はあったと思うので今年こそね。私も今年で最後の1年なので絶対に関西は優勝したいなと思ってるし、その他の大会でも常に勝ちを求め続けたいので最低でも決勝進出まで行きたい。いつもベスト8とかベスト4とかやもんな。」


渡曾「そうですね。」


寺園「全日本も最高はベスト8かな?そんぐらいなので最低でもそこまでは行きたいですね。」


渡曾「ホント行きたいですね!」


寺園「常にどんなことでも勝ちにこだわっていきたいです。」


渡曾「結果として残したいですよね。」


寺園「今年は結果がほしい。」


渡曾「ですね!」


寺園「そうしたら良い記事を書いてもらえるんじゃないかと(笑)」


渡曾「ホントそうですよ(笑)」


寺園「頑張らないと(笑)」


渡曾「頑張りましょう(笑)」


寺園「かっこいい写真もいっぱい撮ってもらわなあかんし(笑)まっ、とりあえず第一は関西優勝!」


渡曾「そうですね。」


寺園「関西優勝してから全日本でどこまで目標を定めるか決まるから。最低全日本はベスト8以上、関西は、、、」


寺園渡曾「優勝しかない。」


寺園「優勝しか目指さない。」



今回は剣道部女子の仲良し先輩後輩コンビにチームの今後や展望を聞かせてもらった。

対談中、その仲の良さを表すように絶えず二人の笑顔がはじけ、笑い声があがるなど盛り上がりを見せた。

仲の良さがモットーだが練習時には厳しくぶつかり合う。そのようなオンとオフの切り替えが剣道部の更なる成長を促すだろう。

関西優勝という絶対的な目標に向けて、今日も彼女たちはお互いに切磋琢磨しあう。

(聞き手:野村友哉)




○プロフィール

寺園ひろ子(スポーツ健康科学部3年/170㌢/日吉ヶ丘高校)

高校時代、全国団体選抜3位、インターハイベスト8など輝かしい成績を持つ。

3年生の頃から大将として試合に出場し、今年から主将にも就任して名実ともにチームを引っ張る



渡曾結有(政策学部1年/154㌢/仙台育英高校)

高校時代、インターハイ個人出場、国体東北ブロック準優勝など輝かしい成績を持つ。

1年生の頃から団体メンバー入りし、先鋒としてチームの勢いをつける重要な役割を担う。

【主将セレクションバックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について