同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
5月のWEB企画 : 水泳部
マネージャー紹介「水泳部」

第11

マネージャー紹介「水泳部、市岡由梨佳(文4)、藤永朋子(スポ3)」

 

<企画概要は第0回のページをご覧ください>

 

現在、水泳部には4人のマネージャーがいるが、その中から市岡由梨佳さんと藤永朋子さんにお話を伺いました。いつも忙しそうに働いているお二人。部員一人一人をバックアップしています。

 

 

――水泳部のマネージャーを始めたきっかけは何ですか?

 

市岡さん「高校の時には選手として水泳をしていました。その高校の先輩が同志社の水泳部で選手をされていたのでマネージャーとして水泳部に関わるようになりました」。

 

藤永さん「私も高校までは選手で水泳をやっていました。大学に入って、水泳部の方に声をかけてもらったのがきっかけですね」。

 

 

――仕事内容はどのようなものですか?

 

練習の時は、メニューの作成やサークル管理、選手のタイムを見たり飲み物の準備などですね。試合の時は、ラップタイムやストローク数などレースのデータとったり、選手のマッサージなどをしています。

 

 

――マネージャーをやっていて、どのようなことが大変ですか?

 

市岡さん「全部大変。だからこそ全部面白い!」。

 

藤永さん「昨年に比べるとマネージャーの数が少なくなってしまったので、今まで出来ていたことが出来なくなってしまった。それをどう補うか考えることが大変だし、楽しいですね」。

 

 

――どんな時にやりがいを感じますか?

 

市岡さん「いろいろ考えず、純粋に目の前のことにトライしている時です」。

 

藤永さん「部員さんから感謝の言葉をもらった時ですね」。

 

 

――マネージャーという立場から見て、同志社水泳部の良いところはどんなところだと思いますか?

 

市岡さん「いっつも本気で、バカで、熱いところです!」。

 

藤永さん「部員みんなが水泳に対して真剣で、一人一人が他の部員に良い影響を与えられるところだと思います」。

 

 

 

ありがとうございました!

一流選手の裏にはそれをサポートする人間がいます。マネージャーという仕事はその最たるものでしょう。これからも頑張ってください!(田中将大)

【5月のWEB企画バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について