同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
関西学生体操選手権大会新体操の部
関学制し女子初優勝!
王座奪還!悲願のインカレ優勝!
主将セレクション「スキー部」
主将セレクション「日本拳法部」
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年3月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
主将セレクション : バレーボール部
主将セレクション「バレーボール部男子」

バレーボール部男子主将セレクション 2017年を語る

涼介×梅原麿

「自分たちのやるべきこと」

左から梅原拓麿(心理1)、主将・東森涼介(文情3)


対談相手を選んだ理由はーー。


東森「まぁ、つつけば色々出てくるんがこいつやったんで。直属の高校の後輩ってのもあって、話しやすいやつをあげて。一応、一回生からレギュラー張ってるチームの中心人物なんで、色々話聞いといたほうがいいかなーと思って。」



梅原さんから見た主将さんはどうですかーー


梅原「イケメンですし、真面目さが一番の長所やと思うんで、連いて行きたいと思えるようなキャプテンです。」



他己紹介お願いしますーー。


東森「梅原は、真面目っちゃ真面目なんですけど気分屋ですね笑。気分屋を演じてんのかどうなんか分からないんですけど、責任能力はあると思います。こいつは全国大会上位いったりした代なんで、やっぱそういうところでチーム引っ張る力とか持ってるんで、それなりに自分がキーマンやなっていうのは自覚してると思うんですよ。あと、なんかねちょっと僕に似てるとこあるんですよ。ちょっとがめつかったり笑。」


梅原「僕は見習おうとしてます。だから多分そう感じるのかもしれないです。東森さんの真摯的な部分というか、すごくなんに対しても真摯な方なんで。」


東森「これ他己紹介になってんの笑。」


梅原「真摯な方なんで、だから僕はそれを見習おうとして。」


東森「あとなんやろ、んー。」


梅原「あんま無いんすよね。長すぎるんで付き合いが。いざこう言われると。でも真摯的な部分はすごい大好きです。ちょっとバレーし出すと情けないですけど笑。」


東森「笑。でもズケズケ言ってくれるんで。やっぱキャプテンとかに言いづらい人とかもいるんで言ってくれる面に関しては感謝してます。」


梅原「っていう真摯なところがまた好きです。」


全員「笑笑」


対談中の梅原と東森



どうやって主将は決まったのですかーー


東森「上の方から、お前がやれっていうのがあったんですけど、いまひとつ自信が無かったんで最上級生の中で話し合って、周りがどう思ってるのかっていうのを出し合った上で、最終的には僕がやるっていうので皆ちゃんと一丸となってやってくれて、ついてきてもらう形になりました。」


梅原「まぁ僕は東森さんしかいないと思ってましたけどね。」


東森「色々下級生も思ってることあったみたいなんですけど、ちょっと聞きつつ僕がやったほうがいいかなっていうので、僕が立候補しました。」



新体制になって何か変化はありましたかーー


東森「主将になったことで責任感っていうのは持ちましたね。1個上のキャプテンの人が存在感のある人やったんで、その人がチームを引っ張ってたように自分が引っ張っていくか、その人と同じやり方でやってもまた結果は変わってくると思うから、自分は自分のやり方でやった方がいいんかっていうので、チームをよく見ようっていう責任感は持つようになったと思います。」



チームの雰囲気は変わりましたかーー。


東森「僕が先頭に立って引っ張っていける力が前の人ほど今無いから、多分、和やかっちゃ和やかやね。下の方がガヤガヤしてるよな。」


梅原「僕はチーム面のことはお任せしてるんで、プレー面のことを中心に自分がチームを引っ張っていけたらいいなと思ったんで。そういう面に関しては絶対的がいなくなったことによって、自分自身が考えて行動してプレーしていかないといけないというスタイルになったんで。1人1人のプレーの自覚っていうのは持つようになったと思います。」


東森「みんな個性が強いメンバーが多いんで。だから前の人はカリスマというか力が絶大やったんで、その力が弱くなったから、それをまとめなきゃいけないっていう責任が強いですね。」



チームの目標はーー。


東森「目標は、春リーグは1部上位入賞で、秋リーグで1部のベスト4に入ろうと思ってます。」


梅原「僕はてっぺんを取りたいですね。」



個人の目標はーー。


東森「僕はメンタル面の方が。」


梅原「キャプテンがメンタルっておかしないっすか笑。」


東森「僕キャプテン歴がないんすよ。高校の時は違ったし、中学校でバレー始めて経験者がキャプテンして、それについていくみたいな感じで。言うたらそういうチームのトップに立つのは初めてなんで。もともとメンタルはそんなに強い方じゃないんで、勝負所の1本であったりとか常に同じ平常心でできるプレーとか、メンタルを養いたいと思います。」

梅原「僕は全員のレベルを上げるというか。全体にトゲを吐くんじゃなくて頑張って持ち上げて、自分がしてきた経験をされてこなかった人たちにうまく伝えていけたらなって。プレーとしては、もっとパワーつけてボールコントロールをしっかりできたらな、と思うんで。」



チームにとって自分のポジションの役割をどう捉えていますかーー。


梅原「僕はセッターなんで司令塔っていうか、チームの頭脳にならないといけないので、試合も結構自分たちで考えていかないといけないんで、そういう時に自分が冷静に相手を分析してチームを生かしていくっていうのが役目かなって思います。」


東森「主将はチームの大黒柱であるべきやと思うんですけど、先代のキャプテンがそれをできてはってその人の良し悪しでチームのムードも変わったりしてたんで。そういう面で主将としてみんなをプラスに持っていけるように雰囲気をずっと出していけたらいいなと思います。」


今年は1部上位を狙うバレー部男子


バレーボールの魅力はーー。


東森「拓麿なんやと思う。」


梅原「あれでしょ。絶対1人ではできない。」


東森「そうですね。自分が触ったボールは絶対に次の誰かが繋がないといけないんで、その繋ぐ人のことを考えて思いやる。思いやりのスポーツだと思うんですよ。」


梅原「全部持っていくじゃないですか笑」


東森「あとはなんやろ。全部難しいんですけど、競技は。バレーは縦と横、高さで高さの概念が大きいんで、3Dの動きが多い分、幅が広がるんですよ色々。」


梅原「初めて聞いたわ笑」


東森「思わん?」


梅原「いや、思わないっす。」


東森「らしいです笑。高さの概念がある分、長身者は有利なんですけど」


梅原「それを倒した時の快感でしょ。」


東森「そうそう。試行錯誤してちっちゃいチームでも勝てる。」


梅原「同志社大学も高さないんで、全体的に。だからこそ、どうやったらでかいやつに勝てるかっていうのを求めていかないといけないんで。それに勝った時にやっぱり楽しさが出てきます。」


4回生もいれた全体写真の様子


昨年は悲願の1部昇格が叶い、今年はさらなる飛躍を期待したいバレーボール部男子。新体制になった今、チームの課題を改めて見つめ直す。団体競技だからこそ、勝った時は共に喜び、負けた時は共に涙を流すことができる。1部上位を目指す今年、チームの結束力が試される。(聞き手 於保いちこ 副島和奏)



○プロフィール

東森涼平(文化情報学部3年/17565/洛南高校)

今年からチームを引っ張る主将となった。人当たりが良く優しいがやるときはストイックに物事を考える人になりたいと語った。


梅原拓麿(心理学部1年/17062/洛南高校)

1年生からセッターとして試合にレギュラー出場する、チームの中心選手。バレーボールへの愛が強く、自分はバレーボール中心だと話す。

やると決めたらとことんやる、熱い選手だ。

【主将セレクションバックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について