同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
関西学生ソフトボール秋季リーグ戦
関西六大学軟式野球秋季リーグ戦
インカレ個人戦 両級4位入賞
確実な成長を見せ、全国ベスト4
'17ルーキー特...
´17ルーキー特集「スキー部」
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年8月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
主将セレクション : アメリカンフットボール部
主将セレクション「アメリカンフットボール部」

アメリカンフットボール部主将セレクション 2017年を語る

小塚英×小泉実×青木

「日本一への基盤」

左から小泉誠実(スポ2)、主将小塚雅英(商3)、青木久倫(法2)



対談相手を選んだ理由――。


小塚「僕らの代で今年は各学年でリーダーを設けようと思って、僕らで考えたときにこいつらの代で誰が一番頑張ってるかを考えて、フットボールのフィールド上でも練習以外のところでも頑張ってるやつをリーダーにしようと思って二人を選んで、対談もこの二人にしました。」


他己紹介をしてください――。


小泉「青木はやる時は真面目。普段の生活とかはそんなに真面目ってわけではないんですけど(笑)グラウンドとかミーティングとか、やると決めたときは真面目な男です。」


小塚「小泉は未経験で、どちらも未経験なんですけど。下級生の中でRBでは突出してて去年もほぼエースなんですけど今年もエースになるくらいの実力持ってるやつで。練習も結構真面目で。まああとはもっとみんなの前で先頭立って発言とかしていってくれたらもっといいと思うんですけど。練習も体も食事も気遣ってるやつで、すごいやつです。」


小泉「ありがとうございます。」


青木「小塚さんは僕が一回で入部した時の二回の春からずっと試合でてはって、グラウンドでずっと一人で、一番グラウンドで一番声を出してる先輩というイメージが強くてまあグラウンド外でも僕らは入った時でも声出してくださってた先輩で、その時くらいから小塚さんの代は小塚さんがキャプテンになるだろうなという感じでみんな思ってたと思う。今年、小塚さんがキャプテンになったときには全員が納得して、小塚さんについていこうって思ってます。」


小塚「ありがとう(笑)恥ずかしいな、まじまじ言われると。(笑)」


アメフトを始めようと思ったきっかけは――。


小塚「僕は中一までずっと野球をしてて、同志社国際中学校に入ったときに野球続けようと思ってたんですけど中学部に野球部が無くて、たまたま入学前の塾の先輩がアメフト部におって、声をかけられて、そのままアメフト部に入りました。最初はアメフトを知らなかったんですけど、入りました。」


小泉「僕は高校から本当はアメフトをやりたかったんですけど、高校になかったんで、大学からアメフトしたいなと思い入りました。」


青木「小中高とサッカーをやってて、高校でサッカーを引退して、大学は遊んで終わるやろうなと思ってけど、父がアメフトやってて、一回同志社大学進学が決まってからアメフトの試合を見に行って、かっこいいなと思って、あと4年間頑張ってみようと思いました。」


新体制になって何か変化とかありましたか――。


小塚「それは一番お前らが感じるんちゃうん」


小泉「今まで僕らが過ごした二年間は自分からやっていこうという気持ちで練習を行っていたというよりかは、割と先輩が引っ張っていってくれてそれについていくという感じだったんですけど、今年は、小塚さんがみんなで盛り上げようとしてくれて。それに、何だろう。それにみんなが自分から乗っていこうという感じで、積極的に、ポジティブに練習とかに取り組めているかなあって、ここ2か月新体制でやってきて思います。」


青木「去年の4回生は結構3回生のときから主力で出てた人がめっちゃ多かったっていう僕のイメージで、プレーとかすごい選手とかがいっぱいいて、そういった先輩たちが抜けて、正直僕たちがもっと頑張らないとあかんなって思うし、チーム全体としてもあんまり今まで出てきてなかった新2回生とかがどんどん出てきそうな感じがしてて、チームとしては楽しみな感じです。」


入れ替え戦の勝利の瞬間の気持ちを聞かせてください――。


小塚「入れ替え戦前まではまず今まで結構近畿大学が二部でずっと無双してて、圧勝してたんで、、最初は不安っていう感じで試合に入って、まあやってきたことをちゃんと出そうっていう感じで試合に入ってやったんですけど、最初で結構大量得点できて、絶対油断だけはしないでおこうと思ってたんですけど、勝った時はやっぱり去年の4回生が作り上げてきたものが形として出たんで達成感もありましたし、僕的には個人的には、春から秋でポジションも変わって、屈辱的な時もいっぱいあったんで、それを晴らせてよかったなって。ほんまにうれしかったですね。来年も一部でプレーできるってことにすごい期待も膨らみました。」


小泉「一年間一部で、おととし入れ替え戦に勝って、一部であがってやってきて、やっぱり2部の相手より一部の方が一年間やってて楽しくて。僕らがいるだけじゃなくて一部で戦えるっていうのが、一部で戦いたいなって去年思ってたんで、また、今年もそこに挑戦できるって思ったら、うきうきした、じゃないけど、今年も1年一部と戦えることに安心したし、また挑戦していこうって気持ちになりました。」


青木「僕は去年1年ずっと2本目という立場でずっとやってて、でも近大戦の前に僕の先輩が怪我で出れなくなって代わりに出ることになって、正直めっちゃ怖くて、試合中は結構点差がついてたんですけど、ずっとヤバい、怖いっていうのがずっとあって、プレーしてたんで勝った瞬間はほんとにすごく嬉しくて、怪我で出れてなかった先輩とかほかの4回生の人にありがとうとか言ってもらえて、ほんまに嬉しかったです。」



試合前に士気を高めるアメリカンフットボール部


今年のチームの目標は――。


小塚「今年のチームの目標は、日本一です。日本一の中でも僕らは、一戦必勝。目の前の試合に勝つためにしっかり準備して、しっかり取り組んで、勝つっていうことです。」


日本一になるためにどんな練習をしていますか――。


小塚「僕らの代で今年なにを強化するかっていうのを出し合って、強化方針を出して、それはフィジカルであったり、練習のテンポであったりアメフトの理解力を上げるであったり、結構あるんですけど、合計6つの強化方針をあげて、それをもとにそれの課題案を考えて練習に反映させて強くしていくっていう。僕らのチームの生涯的なずっとある目標は日本一なんで、そのために、今年日本一になる事を目指すんですけど、この先強いチームになるためにも、基盤をしっかり作ってどんどん強くなっていきたいですね。」


今年のチームを一言で表すと――。


小塚「結構、俺は、‘明るい‘やと思う。」


小泉「僕も、明るい系だと思う。なんだろう。」


青木「下級生の頃から出てた4回生が抜けて新しいチームになって大幅に変わると、メンバーもチームも変わると思う。だから新しくて、、明るい?」


小塚「新しくて、元気な? 一言では表せてないけど(笑) 幹部4人いて結構みんな元気というか新4回生みんな明るいやつが多いんで、、みんな全体的に元気なやつが多いな(笑)」


小泉青木「明るい」


小塚「元気、、かな!」



主将と二年生の学年リーダーとの対談であったからなのか、終始少し緊張した様子であったが、青木の「小塚さんについていこう」という言葉に小泉が大きく頷く場面や、積極的に練習に取り組める環境ができているなど、小塚主将率いる「元気な」チームへの期待は膨らんだ。昨年度の入れ替え戦で近畿大を37-7で制しDiv.1残留を決めたワイルドローバー。4回生から受け継いだ「日本一」という目標へ向かい確かな基盤を築く。(聞き手:白石美緒 片岡愛玖心)




プロフィール

小塚雅英(商学部3年/176㌢・123㌔/同志社国際高校)

中学からアメフトを始め、大学では下級生の頃から試合で活躍。今年度、アメリカンフットボール部主将を務める。

小泉誠実(スポーツ健康科学部2年/168㌢77㌔/桐光学園高校)

アメフトを始めるきっかけはアイシールド21。一部で戦えることに期待。今年度学年リーダーを務める。

青木久倫(法学部2年/181㌢・78㌔/同志社高校)

新しいメンバーで構成されたチームに期待。小泉曰くやるときはやる男。今年度学年リーダーを務める。

【主将セレクションバックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について