同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
日本学生トライアスロン選手...
近畿学生トライアスロン選手権大会
全国、全国、全国や!!
早大に競り勝つ
待ちに待った完全復活!:平...
’17春の展望「柔道部」
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年5月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
主将セレクション : 馬術部
主将セレクション「馬術部」

馬術部リーダーズ対談 2017年を語る

田中希×縄田

「思いやりと当事者意識」


左から主将田中一希(経3)、縄田雄飛(スポ2)



なぜ対談相手に縄田さんを選んだのかーー


田中「彼の伸び代が今後の同志社を左右すると言っても過言ではない。これまでの2年も踏まえて残り2年どう羽ばたくのか。その伸び代を一番期待している選手なんで。」


それを聞いてどう感じるかーー


縄田「プレッシャーですね。そうですね・・・。プレッシャーが・・・。」


田中「プレッシャーある?」


縄田「それは・・・まあ(笑)。」


縄田さんから見て田中さんはどのような先輩、主将かーー


田中「いいよ、なんでも言っていいよ。」


縄田「いろんな先輩方見てきましたけど、田中さんが断トツで尊敬できる主将だと思ってます。関西学生の幹事長でもあるし、同志社の主将でもある。いろんな仕事で忙しいのに、同志社のチームのことをすごく考えてくれている。すごく尊敬できる主将ですね。」


田中「プレッシャーですね(笑)。でもそう思ってもらえているのであれば、まあいいかなと。皆のおかげで部活だけではなくて、いろんなことに手を出せている。皆のおかげでうまいこといっていると思う。」



総合競技で頂点を狙う主将・田中



創部100年目の昨年を振り返ってーー


田中「個人も団体もピリッとしないというか・・・。団体は準優勝でやっぱり優勝目指してやってて勝てなかったところがあって。僕は出てないですが、縄田は他の2年生2人が1年から出てる中初めてだった。難しかった?」


縄田「プレッシャーですよね。(一昨年)優勝した試合を見てすごいと思っていて、去年僕が出た年すごいプレッシャーで、優勝しかないと皆から思われていたから余計にプレッシャーあって・・・」


田中「何回プレッシャーって言うの(笑)。」


一同「(笑)。」


縄田「ほんまにプレッシャーですからね(笑)。どうすればいいのかと思って、いろんな先輩たちにアドバイス聞いたりして、なんとかやりきったというか。悔しさが残る試合でした。」


田中「いろんなトラブルがあった中で、調整も難しかったからね。個人で言えば、僕は関西では2位になったけど全日本では完走できなかった。それもやっぱり馬のトラブルがあってそれは防がなければいけない部分だと思うし。雄飛はね、今年は総合もね?」


縄田「今年の総合はまず関西学生の予選でゴールを切るというのが。去年は自分のミスで経路違反をしてしまい、本戦の切符を取れなかった。今年は総合で団体も組めるので同志社勢で団体と個人ワンツースリーとって、障害競技も総合も1位になれるように毎日毎日頑張っていきたい。」


田中「夏ぐらいまで団体は全部優勝が続いてて、結果としては全然悪くなかった。でも全学の秋らへんで一気にいろんな出来事に対応できなかった感じのするシーズンだった。」


縄田「連覇っていうのもあったから、皆すごい緊張もあっただろうし。ああいう状況ってあんまりないですもんね。」


今季特に強化している点、力を入れていきたい点ーー


田中「思いやりと当事者意識ですね。今まではなんとなく全日本に出る人が決まって、なんとなくこれぐらいの結果だろうなっていう空気があったりもして、他人任せではないんですけど。自分から積極的に関わっていって、自分もチームの一員だっていう当事者意識をそれぞれが持つこと。出場する選手もその思いを理解して一生懸命挑んでいく。皆が選手としてちゃんと試合に出る場が準備されている競技なんで、そうやって皆選手になり得るし、皆サポートする側にも回るので、皆に思いやりも持って日々一つ一つやっていかないと。自分も一人の選手として、もしくは一人の支えている人として当事者意識を持って行動を選択することが今僕らには必要なのかな。技術とかそういう面では関西や全国の中でも全然負けていないと思うので、人間性というかチーム力というところを強化していけば、絶対報われると思う。」


縄田「田中さんの言ったように、チームワーク、団結力が一番大切かな。一人一人試合には絶対出るんで、その分、サポートだったり、やっぱり他のスポーツと違って生き物を相手にする競技なので、自分だけではなくて馬の管理もきちんとしなければいけない。部員の皆の団結力があるからこそ優勝につながっていくのではないかと。」


田中「去年出ててどうだった?」


縄田「去年は自分のことばかり意識しすぎて周りが見れてなかったかなっていうのはあると思う。」


田中「向こうに行ってから特別何かやってめちゃくちゃ良くなるわけではないからね。本当に積み重ねだと思うし。」



さらなる飛躍が期待される縄田



新体制になって現時点でのチームの雰囲気や環境ーー


縄田「100周年のシーズンが終わった中、新厩舎が建つので楽しみですね。」


田中「いいきっかけになるよね。切り替わっていく中ですごくいいきっかけになる。やっぱり工事ってなると馬もいる中で気を使わなければいけない部分も多いし。工事に合わせての段取りがある中で、部員全員が調整しないと工事もうまくいかないし、馬にも影響が出てくるので、コミュニケーションをとれるいいきっかけになっている。これをどんどん浸透させて根強くしていくことが必要。今はある意味特殊な状態なので、これがいつも通りになっても、今やっているチームのコミュニケーションが当たり前になるようにしていかなければいけない。」


今年の目標、意気込みーー


田中「チームとしては全日本学生優勝。それと去年は関西の団体戦優勝できる試合は全部優勝してきたので、そこは絶対落としたくないです。全日本学生優勝っていうのはチームとして大きな目標として強く意識して練習していくのはもちろんだけど、それだけのために他を全て犠牲にするわけではない。関西学生の去年獲った試合も必ず獲って、全日本学生も勝つ。それが部員全員が一つの結果として達成できる目標じゃないかな。僕がそれを達成できるように引っ張っていく。あと個人では予選も本戦も優勝目指して頑張りたいと思います。」


縄田「今年は全日本学生がホームの関西で行われるんで、関東に負けないように、同志社が優勝して、関西の大学全体で力を合わせて頑張っていきたい。」



創部100周年の昨年、全日学連覇を果たすことはできなかった。今年は新厩舎も建設され、新たな環境の中、毎日を過ごしている。生き物である馬を扱う馬術競技。人馬の連携はもちろん、部員同士の協力も必要になってくる。もう一度表彰台の頂へ。全員が当事者意識を持ち、優勝への歩を進める。(聞き手 前淵文蕗)




◯プロフィール

田中一希(経済学部3年/171㌢57㌔/鹿児島県立鹿児島南高校)

競馬のジョッキーを志し、中学2年で競技を始める。1年時スポーツユニオン特別新人賞を受賞。昨年、総合馬術競技で関西2位。部員からの信頼も厚く、歴史ある101代目主将としてチームをまとめ上げる。



縄田雄飛(スポーツ健康科学部2年/170㌢80㌔/京都翔英高校)

小学2年生の頃競技を始め、競技歴は13年。昨年、関西学生MB4位。全日学にも初めて出場した。気さくな性格で、他の部員からお父さんのような存在として慕われている。


<style type="text/css">margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; text-align: center; font: 12.0px 'Hiragino Sans'} p.p2 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; text-align: center; font: 12.0px 'Hiragino Sans'; min-height: 18.0px} p.p3 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px 'Hiragino Sans'; color: #454545} p.p4 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px Helvetica; color: #454545; min-height: 14.0px} p.p5 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px 'Hiragino Sans'; color: #454545; min-height: 18.0px} p.p6 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px 'Hiragino Sans'; min-height: 18.0px} p.p7 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px 'Hiragino Sans'} span.s1 {font: 12.0px Helvetica} <style type="text/css">margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px 'Hiragino Sans'; color: #444444} p.p2 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px 'Hiragino Sans'; min-height: 18.0px} p.p3 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px 'Hiragino Sans'; color: #444444; min-height: 18.0px} <style type="text/css">margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px 'Hiragino Sans'; color: #444444} span.s1 {color: #000000} <style type="text/css">margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px 'Hiragino Sans'; color: #454545} span.s1 {font: 12.0px Helvetica} <style type="text/css">margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px 'Hiragino Sans'; color: #444444} span.s1 {font: 12.0px Helvetica} <style type="text/css">margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px 'Hiragino Sans'; color: #444444} <style type="text/css">margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px 'Hiragino Sans'; color: #444444} span.s1 {font: 12.0px Helvetica} <style type="text/css">margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; text-align: center; font: 12.0px 'Hiragino Sans'; min-height: 18.0px} p.p2 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px 'Hiragino Mincho ProN'; color: #454545} p.p3 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px 'Hiragino Mincho ProN'; color: #454545; min-height: 18.0px} <style type="text/css">margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px 'Hiragino Mincho ProN'; color: #454545} p.p2 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px 'Hiragino Mincho ProN'; color: #454545; min-height: 18.0px}

【主将セレクションバックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について