同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
関西学生体操選手権大会新体操の部
関学制し女子初優勝!
王座奪還!悲願のインカレ優勝!
主将セレクション「スキー部」
主将セレクション「日本拳法部」
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年3月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
主将セレクション : 日本拳法部
主将セレクション「日本拳法部」

日本拳法部主将セレクション2017年を語る

村田之×三輪祐×梅垣

「チームを後ろから支える」

左から主将・梅垣健太(文情3)、三輪巧祐(商1)、副将・村田真之(スポ3)



梅垣主将が2人を選んだ理由はーー。


梅垣「村田君を選んだのは、自分の意見を持ってるから。やっぱり他の人に比べて、自分の意見を言ってくれる人なんで。あと変なんで(笑)。」


村田「(笑)。記事にはポジティブに書いといてください(笑)。」


梅垣「三輪君は、この対談をモチベーションにしてほしいなと思って。あんまりアトムの取材を受けることがなかったと思うので、これを機にちょっとモチベーションをあげてほしいな、と思ってます。」


三輪「わかりました(笑)。」


梅垣「あと、真面目。」



他己紹介してくださいーー。


村田「三輪は、外見がすごいイケメン。羨ましい。あとはのみ込みがめちゃめちゃ早い。たぶん1年生の中で一番早いんじゃないかな、僕の意見ですが。突然試合中ハイキックやったりね。」


全員「(笑)」


梅垣「してた、してた(笑)。」


村田「すごいセンスがある。梅垣も言ってたけど、これから同志社を引っ張っていく人間になる選手かなと思います。運動神経がいいんで。」


三輪「梅垣さんは、まずめっちゃ強い。それが前提で、キャプテンにならはって、先頭にたってぐいぐい引っ張っていくタイプではなくて、皆の後ろにたって、皆の背中を押していくというか、

前に引っ張っていくタイプやったら、ついていけない人も出で来るじゃないですか、けど、梅垣さんがキャプテンやったら、たぶん、そういう人はいなくて、皆前向いて頑張れるタイプのキャプテンやなと思います。あと、すごい優しいです。」


梅垣「ありがとうございます。(笑)」


梅垣「村田は変。それしかない(笑)。」


全員「(笑)。」


梅垣「変やし、がさつやし、おおざっぱやし(笑)。」


村田「これ全世界の人が見るかもしれんのに。俺の評価すごいで(笑)。」


梅垣「でも、試合になったら、どんだけ強い選手でも物怖じせずに向かっていく、っていう姿勢はすごく好き。なんやったら、その強敵と戦ってる状態を楽しんでしまっているぐらい、試合見てていつもそう感じている。まあすごい評価してる。」



面蹴りを決める梅垣



昨年を振り返ってーー。


梅垣「まずチームは、一昨年の体勢はトップダウン型というかピラミッドが完全にできてしまっていた。キャプテンを頂点とした三角形が完全にできてて、それが去年はちょっと崩れて、まだまだ

完全にフラットまでいかなかったんですけど、ちょっとそれが緩和してみんな仲良くなれた時期やったかなと思います。今は仲良いんで、その土台を作ってくれたのも去年やと思うんで。個人的には、去年自分自身はなかなか悔しい一年でした。出だしから、西日本でも大事なところで勝ちきれんかったり、全日本の個人でも勝ちきれなかったり、全日本の団体でも大事なところに入れてもらったのに、結局あんまり成績残せてなかったり。まあその分、課題もみえてきたんで、その課題を今年は活かせていけたらいいなと思っています。」


村田「去年のチームは、相変わらず、キャプテンが無理をしていた。怪我をしてまで試合にでて、それがすごい痛々しかった。今も梅垣も同じような状況で。」


梅垣「いうな、いうな(笑)。」


村田「どうにかそれを未然に止めれるような役目を果たしたいな、という意識をする。みんな無理しすぎな気がしてるので、怪我してても。それを言わないし、言おうともしないので。個人的なことは、出だしはすごい良くて、でも試合中に腕をおってしまって。そっからまた落ちて…色々形も崩れてしまって。でも、最後の全日本の大会では、そこそこいい結果を残せて、監督さんもみんな強い中で僕を選んでくれて。まだ初段なんですけど、その分、弐段参段の人とあたるときは、"食ってやろう″という気持ちでいつも挑んでます。」


梅垣「それがいい。」


村田「今年もそれを前面に出していって、レギュラーを勝ち取りたいと思っています。」


三輪「僕は入ったのが少し遅かったんですけど、5月ぐらい。入ってまず最初に思ったのが、僕は体育会やからすごい厳しいのをイメージしてて、上下関係とかもすごい厳しいんやろうな、と思って入ってきたら、すごい優しくじゃないですけど、丁寧に教えてくれはったり、気さくにしゃべってくれはったりして、でも威厳はあって、みたいな、すごいいい雰囲気で練習とかできてるなとは思いました。優しいのは"なあなあ"っていうのじゃなくて、メリハリがあっていいなと思いました。さっき怪我をしてはったっていう話もあったんですけど、最後の大会んの時に、団体戦っていうのをはじめてみて、キャプテンが怪我しながら、女子のキャプテンも男子のキャプテンも怪我してはって、」


梅垣村田「せやせやせや。」


三輪「怪我しながらやけど、すごい勝ちにいってる姿に凄い感動して、鳥肌が立ちました。そういうキャプテンがいて、年下とかも活躍しやすいような雰囲気づくりをしてはったんやなっていうのを、すごい感じました。個人的には初心者なんで、吸収することしかないから、特によかったとか悪かったとかはないんですけど、今年1年も吸収して、団体メンバーに入れるくらい頑張りたいです。」



相手の隙を狙う村田



今年はどういうチームにしていきたいかーー。


梅垣「目標にしてるのは、全日本団体で優勝すること。でもそれは当たり前というか、僕の考えではこの目標は当たり前で、新4回生は全員それを目指して頑張ってくれているんで、目指してて当たり前やと思っています。そのために練習もしてるし。だから僕はこの1年は、2年生とか1年生が幹部になった時に、"あの時の主将はこうしてたから自分の代はこうしよう"とか、"試合ではこういう感じやったから僕らはもうちょっとこうしよう"とか、課題とか問題を乗り越えていくヒントというか、手助けになるような1年にしたいなと思ってます。」


村田「とにかくみんなをサポートというか、副キャプテンという立場になってから、あんまり副キャプテンっていう役割がまだ理解できていないのが1番なんですけど、それをまあこつこつ自分の中で探していきたい。彼(梅垣)もいった通り、団体戦で優勝することは当たり前の目標だし、今年がチャンスだと思うし、絶対できると思うので、そうなったら今は個人のこと、どれだけ個人戦で結果が残せるか、尚且つ団体戦でもどれだけ監督さんに使ってもらえるか、僕だけじゃなくてみんなそういう意識をもってやってもらいたいなと思います。」


梅垣「せっかく前の代の主将が土台作ってくれたからな。」


村田「そうそうそう。」


三輪「1年としては、下の代から強さというよりも気持ちの面で勢いとかをチームに生み出していけたらいいなと思います。初心者とか多いし、経験者の方もいるんですけど、そういうのも関係ないくらい気持ちの部分で、"同志社強いな、1年強いな"っていう感じにしていきたいです。」


村田「メンタル重要だからな結構。気持ちで負けると、どうしても後ろに下がっちゃうしな。」


三輪「平(文情1)の試合とかみてるとめっちゃ熱くなる。」


梅垣「わかる!」


三輪「ああいうのいいなと思って佐竹(経済1)とか。」



真面目に練習に取り組む三輪



注目してほしい選手を教えてくださいーー。


梅垣「みんな思ってるんは平と佐竹やと思うんですけど、この2人は入ってきた時から強くて、実力がすごいあって、かなり強い相手でも勝てる実力はもってるんで、この先2年3年でどれだけあと自分自身の付加価値というか、弱点を修復するような付加価値みたいなんをつけていく時期やと思う。だから僕はこの2人はあんまり注目してないというか、もう強いのは強いんで(笑)なので、注目してほしいのは、三輪くんと信原(法1)です。両方今1回生で、この2人は気持ちが強いので。たぶん高校から部活をやっていて、緊張に強いというか、ここぞという時の勝負強さがあると思う。特に三輪とかは試合になったら。1回生は怖くて下がってしまう選手が多いんですけど、三輪と信原は相手をつぶしていく勢いで向かっていく選手なんで(笑)大学から始めた2人なんですけど、2.3年で爆発的に伸びていく2人。たぶん2年か3年で化けると思うんで、強敵に勝てる選手になると思うんで、僕はこの2人を注目したいです。」


三輪「ありがとうございます。」


村田「今の1回生がセンスのある人が多い中で、2回生っていうのがどうしても人数的には薄いなって感じはあるし、頑張ってはいるんですけど結果がついてこないっていうのがあって。僕は今の2回生に、来年から引っ張っていく代なんで期待したいなっていう思いで、僕は巴山(法2)。彼自身、レスリングやってて強いんですけど、なんかやっぱりもうちょっとなっていうところがあって、今の1年生に気持ちの部分でも負けているので、もっと前面的に気持ちを出して、」


梅垣「大人しいんかな?」


村田「うん。力は十分持っている選手やと思うんで、今年期待したいですね。」


梅垣「力はあるけど、大人しい分、ちょっと控え目な感じですね。練習見てても試合でも控え目な感じですね。それは悪くはないんですけど、やっぱり自分のなかで燃えるものをもってくれてたらいいので。俺もあんまりガンガンいくタイプじゃないから人のこと言われへんけど。」


三輪「え、僕ですか?(笑)」


梅垣「自分って言っとけ(笑)こういうとこを注目してほしいって言ったら?(笑)」


三輪「気持ちの面で成長していきたいと思います。」


全員「(笑)」


梅垣「控え目やな~(笑)」


三輪「西川さん(3)は僕と体格が同じくらいで、めっちゃ強くて、」


村田「あいつも初心者だったからな。」


三輪「大学はじめで。」


梅垣「帰宅部やったしな(笑)」


村田「趣味が筋トレなんですよ。気持ち悪くないですか?(笑)」


全員「(笑)」


三輪「日拳って無差別級やからおっきい人が有利で、僕とか西川さんとか身長が低い人は不利やけど、西川さんは強いんで、西川さんの動画とかみて吸収していきたいです。」


梅垣「吸収していってくれ。」



笑顔を見せる選手たち



昨年の全日本で、男子ベスト8、女子3位という結果を残した日本拳法部。今年は、前主将が築いた環境をさらに盛り上げていく年である。目標はもちろん日本一。みんなを後ろから支える梅垣主将のもとで、悲願の全国優勝を成し遂げてほしい。(聞き手:松原美月)



○プロフィール


梅垣健太(文化情報学部3年/183㌢72㌔/寝屋川高校)

下級生の頃から活躍している梅垣。今年は主将としてチームを支える。参段。



村田真之(スポーツ健康科学部3年/176㌢70㌔/CISB)

昨年の全日本大会で団体メンバーに起用される。今年は副将として、チームをサポートする。初段。



三輪巧祐(商学部1年/171㌢70㌔/京都スバル高校)

大学から日本拳法を始めた。まじめな性格の持ち主。今年は団体戦に出場することが目標。1級。


【主将セレクションバックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について