同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
日本学生トライアスロン選手...
近畿学生トライアスロン選手権大会
’17春の展望 「居合道部」
'17春の展望「...
男女全勝優勝! [フェンシ...
[準硬式野球部]関西選手権...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年4月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
’17春の展望 : 剣道部
'17春の展望「剣道部」

更なる記録を目指して



昨年、個人の部では、関西学生剣道選手権大会にて男子の部は川上(スポ4)がベスト8、横田(商卒)がベスト32。女子の部は山本(スポ卒)がベスト16に入り、全日本大会出場を果たした。団体の部、西日本学生剣道選手権大会では男女共に3位入賞を果たし、創部初の快挙を成し遂げた。



昨年ベスト8の川上。



5月7日には今年度最初の大会である関西学生剣道選手権大会を迎える。全日本大会の出場も兼ねたこの大会は厳しい戦いが予想される。男子の部は、男子主将である大熊(商4)の戦いに注目したい。「主将として全国大会出場はもちろんのこと、関西制覇を成し遂げみんなを引っ張っていきたい」(大熊)。今年、新しく就任した大熊主将のリーダーシップがチームを押し上げる。女子の部は、出場選手全員が全日本大会出場への切符掴むことを第一の目標とした。女子新主将である寺園(スポ4)は「その中でも一人はベスト4入りしたい」とこの大会に懸ける思いは強い。



面を狙う大熊。



5月27、28日には西日本学生剣道大会が行われる。男子の部は2年連続3位という成績だ。今年こそは悲願の優勝を掴み取りたい。「勝てるという雰囲気と”西日本を制覇するぞ”という気持ちを持つこと」(大熊)。部員全員の意識を共有して挑めば優勝も見えてくるはずだ。女子の部も昨年は3位という成績。まだ手にしたことのない西日本大会のタイトルを目指す。「昨年の大会は1試合1試合ピンチの場面でも楽しんで戦えたからこそ3位という結果を出せた。」(寺園)。しかし、今年のチームは緊張しがちな選手が多い。緊張やプレッシャーさえも楽しむ意識をチーム全員が持てるかどうかが上位進出のポイントとなるだろう。



相手と競り合う寺園。



西日本大会で創部初の快挙を果たし、輝かしい記録に塗り替えた昨年の剣道部。だが、彼らには過去を振り返っている暇はない。もうすでに次の戦いが始まろうとしている。塗り替えた記録をさらに塗り替えるため、今日も剣道場に勝利への咆哮がこだまする。(野村友哉)

【’17春の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について