同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
日本学生トライアスロン選手...
近畿学生トライアスロン選手権大会
’17春の展望 「居合道部」
'17春の展望「...
男女全勝優勝! [フェンシ...
[準硬式野球部]関西選手権...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年4月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
’17春の展望 : ソフトボール部
'17春の展望「ソフトボール部女子」

狙うはインカレ出場のみ!!



寒風の中、懸命に汗を流した彼女たちに待望の春が訪れた。
昨年の春リーグで1部に返り咲き、秋リーグも1部残留・5位と着実に進化し続けているソフトボール部。インカレ出場の目標を掲げ、冬場の練習でさらにレベルアップを図ってきた。戦う準備は出来ている。4月8日、挑戦の春リーグが開幕する。



試合前に円陣を組む選手たち。



今年のチーム最大の売りは攻撃力だ。高い出塁率を誇るリードオフマンの金谷(商3)に、小技でも長打でも繋げられる稲岡(スポ4)が初回で塁に出るのがパターン。クリーンアップには1年時から4番を任されていた吉岡(スポ2)、長打力のある重富(スポ3)、期待のルーキー野表(社1)と勝負強い強力打者が顔を揃えている。また、下位打線も侮れない。「上位の調子が悪くても、それ以外でカバーできるところが自分たちの強み」(松下・商4)と、1番から9番までどこからでも点を奪える強力打線が完成されている。またヒッティングだけでなく、バントなどの小技も絡め多彩な攻撃で相手を惑わしていく。



投手陣は、新1年生の立迫(商1)が加わり計4人と層が厚くなった。下小薗(スポ3)は威力のある直球とチェンジアップなどの変化球を効果的に使い、打たせて取る。また最上級生として投手陣を引っ張っていく存在だ。さらに試合経験も豊富でマウンド度胸のいい森本(社2)、オープン戦でも好投を見せた前田(文2)、新戦力の立迫もいつでも準備は出来ている。「調子が上がってきている子もいるし、多分不安要素を持っている子もいる」(稲岡・スポ4)と全員が本調子ではないが、それでも「リーグに合わせて何とかしようって、本人達が上げてくると思う」(稲岡)と、主将も投手陣に全幅の信頼を寄せている。
リードする捕手の松下は調子が上がってきており、送球も良くなってきている。「頑張って投げて引っ張ろうとしてくれてる」(稲岡)。試合全体を見渡せる捕手の急成長が、チームの雰囲気をさらに良くしている。攻撃だけでなく、バッテリーからも目が離せない。



一方の守備も鍛えられており、チーム力は高い。しかし主将・副主将の3人は「まだ完成しきっていない」と厳しい姿勢を見せる。それは当然、目指すところが高いからだ。上の舞台に進めば進むほど、イージーミスの生む無駄な失点が命取りとなってくる。「カバーできるところは助け合って、最少失点でいけるように」(重富)。不安な部分も実戦を通して確認しあい、調整していきたい。



試合中は笑顔を絶やさない。



同志社ソフト部の持ち味は、「相手に楽しく見せることが出来るところ」(稲岡)。試合中は波に乗っているときはもちろん、どんなときでも持ち前の明るさと笑顔を忘れない。見ている側まで楽しく、応援したくなるのが同志社ソフトボール部の魅力だ。どんな相手に対してもその溢れる笑顔と一体感で自陣に流れを引き寄せてくれるだろう。
今度こそ悲願のインカレ出場へ―。彼女たちの熱い戦いがいよいよ始まる。(高松さやか)



【コメント】
○主将・稲岡桃香


チームの持ち味はーー
打撃ですね。まだ守備にちょっと不安要素はあるのでそこを固めた上で本当は言いたいんですけど。
あとは個性かな、同志社は1番個性を出せるチームだと思うので。相手に楽しく見せることができるところが持ち味かな。
春リーグへ向けてーー
もちろんインカレ決めて上位狙っていきます。
このリーグでは誰が主役になってもおかしくないなって思ってるし、いかに主役になる人を増やせるかっていうのが自分の課題だと思ってます。



○副主将・松下奈央

自分の役割はーー
キャッチャーとして1年生の頃から試合に出させてもらってるから、今までの1番長い経験を生かしてチームをまとめていきたい。経験してきたからこそできる周りへの声掛けとかもあると思うから、守備では自分が引っ張っていきたいです。
春リーグへ向けてーー
初戦絶対勝って、インカレつかむこと。3位には絶対入賞したい。



○副主将・重富めぐみ


自分の役割はーー
自分がチャンスで1本打つっていうことと、先頭バッターで始まったら自分からチャンスメイクして点に関わっていけるようにしたい。
守備では、センターで結構周りが冷静に見えるし、サイドを1年生が守ることもあるからしっかり声掛けしてあげることと、内野が慌ててる時とかに的確な判断で声掛けをしていきたい。
春リーグへ向けてーー
やっぱりインカレ行きたい。ほんまに勝つだけやと思う。個人ではチームが勝てるようにしっかり貢献して、そういうプレーもしていって1部で表彰されたい。思い切って楽しんでやりたいです。


【’17春の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について