同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
大学アイスホッケー交流戦
'18夏の展望「...
インカレ出場権は秋リーグに...
13人でつかんだ勝利
'18夏の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
’17春の展望 : サッカー部
’17春の展望 「サッカー部」

サッカー部 春の展望


オフシーズンを終えいよいよ同志社サッカー部のシーズンが幕を開ける。昨季、2部降格という屈辱を味わったサッカー部。今季は絶対昇格を目標に掲げ、新戦術を取り入れるなど試行錯誤の冬を過ごした。

今季から主将を務める福川

昨季の同志社はスタンダードな4-4-2のフォーメーションを敷き、ボールを支配する展開が多かった。しかしボールを支配しながらも決め手に欠け、カウンターを受け失点するというのが定石となっていた。これを改善するために望月監督は冬から欧州サッカーのトレンドである3バックを起用することを決めた。3バックの利点は前線に人数をかけられるので攻撃に厚みが増すこと。昨季の決定力不足を補うために最適なフォーメーションなのである。

新戦術のキーマンであるWB吉村

新戦力も加わった。清水エスパルスユース出身でチームを全日本ユース選手権で準優勝に導いたFW中野優太(商1)や去年の全国高校総体の準優勝校である流通経済大柏出身で同大会の優秀選手にも選ばれたGK西村紘一など有望株が入部した。すでに Aチームの試合出場している新入生もいる。彼らと現有戦力の連携がさらに良くなれば他大学にとっては脅威となるだろう。

清水エスパルスユース出身の中野

「目標の先に目的を持つ。」(福川主将)。今季の目標として2部優勝と総理大臣杯出場を掲げるチーム。例年2部から1部に昇格したチームはリーグ戦で苦戦し再降格を余儀なくされることが多い。しかし福川率いるチームは昇格だけに目をやらずその先までの戦いにまで矛先を向けている。
道のりは決して平坦ではない。2部のチームも力をつけてきている。楽な試合は1試合としてないだろう。しかしその厳しい戦いを乗り越えた先に1部という栄光が待っている。サッカー部はその栄光の舞台に向け船を漕ぎ出す。(藤田友樹)

【’17春の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について