同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
日本学生トライアスロン選手...
近畿学生トライアスロン選手権大会
’17春の展望 「居合道部」
'17春の展望「...
男女全勝優勝! [フェンシ...
[準硬式野球部]関西選手権...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年4月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
’17春の展望 : ラクロス部
’17春の展望 「ラクロス部女子」

今年こそ悲願の関西制覇へ


昨年1112日。鶴見緑地球技場で行われた関西学生ラクロスリーグ決勝戦。今年も関学大との大一番だったが、1点差で敗北。三年連続準優勝と幕を閉じた。



涙をのむ選手たち。



あれから約5ヶ月。チームを引っ張っていた前4回生も卒業し、新体制となったラクロス部女子。

今年の守備の強みは、必要なことを考え、不必要なことは切り捨てたことだ。今季が始まり、一見地味に見えるトレーニングに取り組んできた守備勢。粘り強く相手に食らいつくために、とにかく基本から見直した。それが今期の守備の強みへと繋がっていったのだろう。「上達してきたという自信があります。」主将福見(文3)が自信満々に答える。

攻撃の強みは、豊富な選手層だ。学年関係なく切磋琢磨し、各々の様々な強みを持った選手が技に磨きをかける。また練習以外ではスポーツ大会を催し、息抜きも含め、学年関係なく結束力のあるチームへと大きく成長することができた。


今年のスローガンは「関西制覇~Defeat~」。“Defeat”とは相手を打ち負かすという意味であり、この一言で今年の女子ラクロスの関西制覇へかける想いや、過去3年間の雪辱を晴らすという強い信念を読み取ることができる。



今期主将を務める福見綾花選手。



今年の女子ラクロス部が関西制覇へ向け取り組んでいくことは、技術向上はもちろん、関西制覇するチームに相応しいチームになるということだ。「それぞれが同志社女子ラクロス部の一員だ、という高い意識と、チームメイトに対する大きな思いやりを持てるような、しっかりとしたチームになりたい。」そう語った。


「打ち負かすための準備は怠りません。」主将の力強い言葉に熱い想いを感じた。今年こそ関西の頂点へ。万全の対策と熱い想いで相手を打ち負かせ。(辰己琴)

【’17春の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について