同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
日本学生トライアスロン選手...
近畿学生トライアスロン選手権大会
’17春の展望 「居合道部」
'17春の展望「...
男女全勝優勝! [フェンシ...
[準硬式野球部]関西選手権...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年4月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
’17春の展望 : 陸上ホッケー部
’17春の展望 「陸上ホッケー部女子」

結果が残るシーズンに



昨年、春、秋リーグ共に7位で終えて悔しさが残った陸上ホッケー部女子。「昨年、1年間頑張ってきたことを実らせるシーズンにしたい」(高木・商4)。主将高木を筆頭に捲土重来を期す。



チームを牽引する高木



昨年、秋リーグ戦5試合連続無得点で5連敗を喫し、得点力不足が露呈した。特に、ペナルティサークル(以下PS)エリア内での攻防の甘さが顕著に表れていた。それは普段の練習に原因があった。練習時の守備が甘いことにより、練習では決めることができたプレーもスタイルの違う相手となると点が決まらなかった。「何よりも試合への準備が甘くて、自分たちのベストを尽くせなかった」(高木)と振り返る。そのためオフシーズンには課題の改善を行った。PSエリア内に侵入したとき、ペナルティを狙いに、もしくはシュートに行くのかの判断を早くすることに徹底。さらに、PSエリア付近までボールを運んだときの他の選手のサポートやポジションなどの約束事を取り決めた。そうすることでPSエリア内での攻撃に厚みが増し、得点のチャンスがより増えるだろう。



今シーズンも活躍が期待される白木



また、攻撃の組み立て時に右サイドに偏重することが多く、右サイドが混み攻撃が単調になっていた。左サイドにもボールを回してフィールドを広く使い、スペースを作る多彩な攻撃を構築することが求められる。そのため、センターのポジションにいる白木(経済3)と高木がうまくボールを散らすことができるかが重要となってくる。



試合前に必ず組む円陣



4月15日、同志社陸上ホッケー部女子の春リーグの開幕を告げる一戦が始まる。相手は天理大学と初戦から申し分のない相手だ。昨年の反省を生かして、初戦をものにできるかどうかが上位進出のカギとなる。今年のスローガンは「Doshisha Smile」。チームに必要な規律や周りへの感謝を忘れずに全員が練習に取り組み、そこから生まれる笑顔で同志社らしいホッケーをみせる、という意味が込められている。「Doshisha Smile」を基にした練習を乗り越えた彼女たちが春リーグが終えたころ、彼女たちの”スマイル”がはじけているに違いない!(野村友哉)

【’17春の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について