同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
日本学生トライアスロン選手...
近畿学生トライアスロン選手権大会
’17春の展望 「居合道部」
'17春の展望「...
男女全勝優勝! [フェンシ...
[準硬式野球部]関西選手権...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年4月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
’17春の展望 : ゴルフ部
’17春の展望 「ゴルフ部女子」

必ず全国へ――。


昨年の春リーグをまさかの関西4位という結果で終え、全国大会への出場切符を逃してしまった女子ゴルフ部。「本当に悔しい思いをした。」と今年度より新しく主将に就任した渕野(社3)は振り返った。



昨年の団体戦メンバー。



全国出場に出場するためにはまず、関西大会で3位以内に入賞することが必要条件だ。例年では難なくその門を通り抜ける同志社だが、去年はそう簡単にはいかなかった。その原因は、メンバーの経験不足だったのではないかと考えられる。団体戦では5人で1つのチームを構成するが、そのうちの3人が入学して間もない1回生だった。初めてのリーグ戦に緊張してしまい、練習通りの成果が出づらい状況にあった。



今年も一人、セレクションによって新たな部員が仲間入りした。しかし「1回生に期待しすぎてはいけない」。緊張しがちな1回生がリラックスしてプレーできるよう、経験豊富な上級生が中心となってチームを引っ張っていきたい。



3回生の渕野と4回生の松田。チームの中心となる。



またオフシーズンの合宿では意識からの改革を試みた。自分たちはどうして同志社大学に入学したのか。何のためにゴルフをしているのか。答えはそれぞれだが、全員がはっきりとした目的・目標を持って活動できるようになった。この春リーグでは、そんな彼女たちの強い意志が体現されたプレーに期待だ。



絶対に全国へ行きたい――。この春リーグにかける思いはどの部にも負けない。5人の個性はばらばらだが、「みんなが一つになれば大丈夫」。心ひとつに、「強い同志社」の復活を誓う。(髙田志穂)

【’17春の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について