同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
日本学生トライアスロン選手...
近畿学生トライアスロン選手権大会
’17春の展望 「居合道部」
'17春の展望「...
男女全勝優勝! [フェンシ...
[準硬式野球部]関西選手権...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年4月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
’17春の展望 : 空手道部
'17春の展望「空手道部」

思いを胸に、狙うは頂点



昨年の全日本では女子団体形が準優勝、女子団体組手が3位、男子団体形が3位と大舞台で結果を残した空手道部。新主将となった藤井晟(商4)、女子主将の縄谷(経4)の2人が中心となって日々稽古に励んでいる。今年はシーズンインの段階から集中的に体力トレーニングを行い、基盤を固めてきている。己の力を試す時が来た。4月29日、今年度初の大会である関西学生空手道個人選手権大会が行われる。


主将の藤井晟は67㎏アンダーに出場する。この大会に1年時から出場している藤井。しかし結果は毎回ベスト16止まり。勝ち上がってくる強豪相手に勝ちきることが出来なかった。しかし、今年でラストシーズンを迎え、懸ける思いは一層強い。「強い相手にも臆することなく、攻めの姿勢で戦いたい」(藤井)。 確立された藤井らしい攻めのスタイルで、今年こそは上位入賞を狙いに行く。また、組手で応援している人として、藤井基(商4)の名前を挙げた。名字だけでなく地元も一緒で、高校の時から決勝の舞台でも戦っていたこの2人。大学に入学してからは良きライバルとして、そして大切な仲間として互いを高めあってきた。「最後一緒に良い結果を残したい」(藤井晟)。男子個人は2人の藤井に注目だ。




主将として先頭に立つ藤井晟。



昨年は個人組手ベスト8の藤井基。



女子主将の縄谷(経4)は-50㎏に出場する。昨年、-50㎏で3位と上位入賞を果たしている彼女。しかし「結果で証明しないといけない。優勝取りに行きます」と、さらなる高みを目指す。強い気持ちを持って今年こそは頂点を取りに行く。また、男子組手のメンバーは選考会で選ばれた者だけが出場できるのに対し、女子組手は今回全員の出場が決まっている。「みんなで勝ちに行きたい。」(縄谷)と後輩たちへの期待も口にした。




女子主将としてチームを引っ張る縄谷。


一方の形も、昨年の全日本に出場した西山(スポ4)を中心に、実戦練習に励んできた。目指すは「優勝」(西山)。最後の年である西山もまた、頂点を見据えている。全日本では男女ともに好成績を残した形。彼らの演武からも目が離せない。

次の大会は個人大会ではあるが、選手達は仲間への思いも口にした。空手道部全員が束になって、今年度初の舞台に挑みに行く。(高松さやか)

【’17春の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について