同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
日本学生トライアスロン選手...
近畿学生トライアスロン選手権大会
’17春の展望 「居合道部」
'17春の展望「...
男女全勝優勝! [フェンシ...
[準硬式野球部]関西選手権...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年4月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
’17春の展望 : 弓道部
’17春の展望「弓道部」

今年こそは


近年成長に伸び悩んでいる同志社弓道部。

昨年は京都インカレでも予選通過者はおらず、非常に厳しい1年間であった。リーグ戦では屈辱の3部降格を余儀なくされた男子。また、女子は一人一人の的中は確実なものではあったが2部と現状を維持する形で幕を閉じた。


全国大会でチームの主軸となり戦う高島(商4)


新たなステージでの戦いとなった男子。

当然、このまま3部に残留するわけにはいかない。

「練習の成果が出せれば勝てる」そう語るのは今年副将を務める山本(スポ4)。

彼は男子の中で唯一のセレクションの選手であり、団体戦でもチームの主力の選手である。

今年は試合での勝ちにこだわるのではなくあくまでもその過程を重視している。

特にリーグ戦となると一つの試合時間は長く、また約2ヶ月間に渡り行われるため体力と精神力が問われる厳しい戦いとなる。

そのため、途中で選手のエネルギーが切れてしまわないよう練習に重きを置いた。

後輩を熱心に指導する山本(スポ4)


年を重ねるごとに着々と力をつけている女子の今年の目標は、全員で王座に出場することだ。

「今年はメンバーも揃っている」と、對間(スポ3)。

王座に出場するためには、地区のリーグ戦で優勝または全日本学生弓道選手権大会で優勝を納めなければならない。

そのためにも一つ一つの試合で確実に勝つことが求められる。

セレクションで入学した新入生はどのようにチームに刺激を与えるのか。ここも今年の女子の注目ポイントである。

団体戦には必ず選ばれる對間(スポ3)


ついに57日に京都学生弓道選手権大会が幕開ける。

関西大会、全国大会へと勢いをつけるためにもまずは、この京都大会で予選通過を目指したい。(高安美里)

<style type="text/css">margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px '.Hiragino Kaku Gothic Interface'; color: #454545} p.p2 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px 'Helvetica Neue'; color: #454545; min-height: 14.0px} span.s1 {font: 12.0px 'Helvetica Neue'}


【’17春の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について