同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
日本学生トライアスロン選手...
近畿学生トライアスロン選手権大会
全国、全国、全国や!!
早大に競り勝つ
待ちに待った完全復活!:平...
’17春の展望「柔道部」
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年5月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
’17春の展望 : テニス部
’17春の展望「テニス部」

目指すは全国への挑戦権


寒風吹きすさぶ中行われた、3月の関西新進テニストーナメントから約2カ月。新学年となり、新たな戦いがもうすぐ始まろうとしている。5月21日から関西学生春季テニストーナメント本選が靭テニスセンター(大阪府)にて行われる。インカレ出場権をかけた大切な試合となる。予選は4月29日から各大学テニスコートにて行われる。



新進では自信初のシングルスベスト8入りを果たした飯島主将



男子は、より多数名のインカレ出場が望まれるところだ。新進でのダブルス準優勝が記憶に新しい。プレーで部員を引っ張る飯島主将(スポ4)はもちろん、切磋琢磨し成長著しい3年生に期待だ。東海地方出身者も多いため、岐阜メモリアルには思い入れのある選手も多いはずだ。3年生以下は3月に関東遠征に臨んだ。中山(スポ3)、岩田(商3)や石島(商3)などを中心に、3月の関東遠征で得たことを春関の舞台でぶつけてほしい。ルーキーでは関東遠征で好成績を残した大窪(法1)が、予選からの出場だが期待大だ。



関東遠征をシングルス1番手として引っ張った岩田



去年あと1歩でインカレ出場を逃した石島



新進で初の準V,シングルスでも結果を残した中山



対する女子は部員不足に悩まされていたが、強豪・京都外大西高校出身の大塚(商1)を初め多くのの新入部員を迎え、大変楽しみな1年の幕開けとなった。1年生が予選をどれだけ突破できるかまずは注目したい。上回生ではエース池内(社2)に期待がかかる。3月の新進では悔いの残る結果であった彼女。そびえたつベスト8の壁を悔しさをバネに乗り越えてほしい。



ベスト8入りを果たしたい池内(七)



結果として試合には負けたとしてもプレーを見ていて成長しているのが分かった。みんな結果は負けたとしても自信につながったのでは」(飯島主将)と収穫のあった新進。個々に見つかった課題をどれだけ克服できるか。どれだけ自分に自信が持てるか。インカレは大学テニス界最高峰の大会だ。個人戦で打倒関東出来る数少ない機会となる。目指すは、岐阜メモリアルの地。全国の舞台に立つたつために――相手に打ち勝ち、己に打ち勝て。(山口佳菜子)


【’17春の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について