同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
日本学生トライアスロン選手...
近畿学生トライアスロン選手権大会
全国、全国、全国や!!
早大に競り勝つ
待ちに待った完全復活!:平...
’17春の展望「柔道部」
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年5月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
’17春の展望 : 少林寺拳法部
'17春の展望「少林寺拳法部」

昨年の秋、他の部活より一足早く幹部交代が行われた少林寺拳法部。新主将・片町(経済4)率いる新チームは日々練習に励む。昨年の12月に行われた新チームでの最初の大会、関西学生新人大会では総合優勝6連覇を目標に掲げ、見事達成。この大会までにやってきた、努力の練習が実を結んだ。


昨年、優秀な成績を残した田尻(法3)


新チームが始動してから、半年が経った。先日の「主将セレクション」では、「明確な目標・チームとしての目標をちゃんと後輩に伝えることを大事にしていきたい」と語った片町。片町ら4年生の人数は他学年と比べて圧倒的に少ない。しかし、3年生たちと協力し合ってチームの雰囲気作りに努め、明確な目標を後輩たちに伝えることの意識付けを幹部がすることで、チームとしての雰囲気が全体的に良くなった。また3年生も、人数が少ない中で一生懸命頑張っている先輩たちを見て「後輩達は結構刺激されているように思う」(田尻)と語った。


最優秀賞を勝ち取った運用法の部。


約半年の練習期間があり、次の試合は5月の末に行われる京都府大会。昨年の大会では運用法の部では男女ともに見事最優秀賞を勝ち取り、さらに個人でも12人が入賞するなどの成績を残した。チームとしてのこれからの目標は「春と秋にある関西大会で二冠をとる」(片町)こと。これらの大会も含め、今年の大会では昨年を超えることができるのか。何度も大きな成績を残してきた彼らならきっとさらに上の演武を魅せてくれるに違いない。(畠中美空)

【’17春の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について