同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
日本学生トライアスロン選手...
近畿学生トライアスロン選手権大会
全国、全国、全国や!!
早大に競り勝つ
待ちに待った完全復活!:平...
’17春の展望「柔道部」
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年5月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
’17春の展望 : ボードセイリング部
'17春の展望 「ボードセーリング部」

新たな挑戦


春涛の季節が今年もやってきた。4年ぶりにインカレ団体戦優勝という快挙を成し遂げた昨シーズンとは別れを告げ、新たなシーズンへと歩みだした同志社ボードセーリング部。今シーズンの目標は関西選手権3連覇、インカレ予選の全員突破、新人戦5人以上の入賞、そしてインカレ団体優勝。まずは6月に幕をあける関西選手権第1戦に向け、チーム一丸となって日々練習に励んでいる。


主将として、エースとしてチームを支える宮崎


目標達成の鍵はチーム力の底上げにある。昨シーズンのインカレ団体戦の直後に行われたインカレ新人戦では全国優勝から一転、表彰台に同志社のボードセイラーの姿はなかった。主将である宮崎(経3)の「勝つためには切磋琢磨し合って母体を強くしていかないといけない」という言葉通り、全国の舞台で戦える選手の層を厚くすることがチームのさらなる躍進に繋がるだろう。


同志社のレディースを牽引する山内


だが、すでに全国レベルの選手もいることも確かだ。その1人が宮崎貴大だ。関西選手権での活躍はもちろん、インカレ団体戦では当時2回生で唯一メンバー入りを果たし、優勝に貢献した。また、今年は主将としてチームの舵取りを担う頼もしい存在だ。そして、西上(同女5)の後継者とも呼び声が高い山内美佳(GR3)は昨年のインカレ個人戦ではレディースの部で3位に輝いた実力を持つ注目選手であり、今後の成績にも期待がかかる。


合同練習を行う立命館と共に全国制覇を狙う


誰もが望んだ頂点に登りつめた。そこからの眺めは彼らにとって忘れられないものになっただろう。だが、それは既に過去のものであり、新たな挑戦が同志社ボードセイラーを待っている。王者になった者だけが歩むことが許される、連覇への道。彼らが未だ見ぬ頂きに繋がるその道を切り開く。(岡本真子)

【’17春の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について