同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
関西大学ラグビーAリーグ
立命大相手に手応え[陸上ホ...
関西ベスト4に輝く
春秋連覇ならず、来年度リベ...
'18秋の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年10月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
'17ルーキー特集 : 硬式野球部
'17ルーキー特集「硬式野球部」

渾身のストレートが辰己(立命大)の内角をえぐった。「要求通りの最高のボール」(山岸・法4)。同立戦2回戦6回裏2死二、三塁、一打出れば同点に追いつかれる場面。日本代表で4番の辰己だけにしびれる場面だった。手を出すことすらできない最高のボールを投げた仲野(法1)は小さくガッツポーズを見せた。



対関学大2回戦で好リリーフを見せた。



初登板から試練だった。対関大2戦目、負ければ優勝の可能性が消える大事な試合の終盤に登板した。同点で迎えた9回裏、仲野が投じたボールはライトスタンドに消えていった。サヨナラ負けだった。「自分のせいで優勝が消え、先輩たちに申し訳ない」。マウンド上でうなだれた。しかしここから京大戦、関学大戦と登板を重ねるごとに成長していく。春の同立戦ではエース福島(法3)以来の同立戦登板を1回戦で果たした。失点はしたものの村居(スポ2)の後を託されるまでに信頼を獲得。迎えた同立戦2回戦、ピンチで登板した仲野はしっかりと火消しの役割を果たした。跨いだ次の回も立命の上位打線にピンチは作るも堂々としたピッチングで辰己を抑え切り抜けた。3回戦でも見事なリリーフをみせ同立戦全試合登板を果たした。



秋も期待したい。



「たくさん登板させてもらっていい経験ができた」。辰己を三振に打ち取りベンチに戻ってきた姿に現エース福島と同じ雰囲気を感じた。コントロールにばらつきがあるなどまだまだ伸びしろだらけである。それでもあのストレートを見ると期待したくなる、未来のエースとしての姿を。(藤田大輝)



〇プロフィール

仲野芳文(なかの・よしふみ)。法学部1年。179㌢79㌔天理高出身。右投右打。ポジションは投手。好きな漫画はワンピース。


【'17ルーキー特集バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について