同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
大学アイスホッケー交流戦
'18夏の展望「...
インカレ出場権は秋リーグに...
13人でつかんだ勝利
'18夏の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
'17ルーキー特集 : バスケットボール部
'17ルーキー特集「バスケットボール部」

昨年の夏のリーグ戦、悔しくも2部降格となったバスケットボール部。新チームが始動してから約2か月、昨年の無念を晴らし「勝ってインカレまで行くチーム」になるため、日々練習を重ねている。そして今年も新たなルーキーが同志社の門を叩いた。


今年のルーキー・万久里(政策1)。


彼の名前は万久里光司ジョエル。入部して2か月、すでに公式試合に出場し、徐々に活躍も見せている。最初に出場した四私大定期戦の関大戦では、彼の出身校・大阪桐蔭時代の先輩も出場し「結構緊張した。結果ボコボコにされましたけどね()」と初出場の試合を振り返った。彼がバスケットボールに出会ったのは小学生6年生の時。当時サッカーをしていたが、友人に誘われバスケットボールを始めた。その後、サッカーをやめバスケットボール一筋でここまで来た。高校時代の先輩、野見(3)を目標に同志社に入学。大学と高校では、「圧倒的に高校の時の方が練習量が多い」と違いを語った。


「みんな、基本的に明るいです」(万久里)。


「みんな、全体的に仲が良い。先輩後輩関係も全然いいです」とバスケットボール部の魅力を語る彼に、最も尊敬する先輩を聞くと、「野見悠人です!」と満面の笑みを見せた。同じ大阪桐蔭出身で、一緒にバスケットボールをやってきた。万久里は野見の「いつもひたむき」で、「努力をする」面に憧れを抱いているそうだ。彼の大学生活はまだ始まったばかり。これからこつこつと努力を重ねれば、必ずそれは大きくなる。彼にはいつの日か、目標の先輩をも超えるような存在になれるよう、頑張ってほしい。(畠中美空)



◯プロフィール

万久里光司ジョエル(まくり・こうじじょえる)。政策学部1年。18376㌔。大阪桐蔭出身。

【'17ルーキー特集バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について