同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
5月のWEB企画 : テニス部
マネージャー特集「テニス部」

第25回

マネージャー紹介「テニス部、中島梨菜(社4)、和田祐佳(文3)、郡晴香(心理2)、金森有美(文情1)、山口祐美子(文1)」

 

<企画概要は第0回ページをご覧ください>

 

 

マネージャー特集の最後を飾るのは、テニス部。新たに一年生が加わり、さらにパワーアップした5人のマネージャーたちを紹介しよう。

 

 

郡さんと金森さんはテニス経験者。山口さんもソフトテニスの経験者である。「プレーはできなくなったけど、テニスに関わりたい」(郡さん)。テニスに魅せられ、支える側として携わっていくことを決めた。中島さん(社4)は選手やマネージャーの人柄に惹かれて入部を決意。そしてスポーツパフォーマンスの授業で一緒だったプレーヤーの安永さん(法3)に誘われて始めたという和田さん。始めたきっかけはそれぞれだが、気づけばテニス部のために共に汗を流す毎日だ。

 

 

大会では、同時に複数のコートで同志社の選手の試合が行われることもしばしば。結果速報を送るため、またホームページに掲載する写真の撮影のため、そしてもちろん選手の応援のために、彼女たちはいろんなコートを行ったり来たりする。しかし、一つのボールに集中する必要があるテニス。選手の気をそらさないよう、プレー中、基本的に観客は動いてはいけないのがマナーである。そのためうまくタイミングを見ながら移動。けなげに働く彼女たちにはほかにもたくさんの仕事がある。コートの申請から、トレーニングの手伝い、OBさんたちとの連絡……。同志社体育会の中でも特に礼儀や仕事に厳しいテニス部。多岐にわたる仕事を時間通りに、かつ正確にこなす姿には敬服してしまう。

 

 

それだけ献身的に働くのは、テニス部、そしてテニスが好きだから。「個人競技だけど、相手がいないと試合も練習もできない」。「気持ち一つで流れが変わり、最後までどうなるか分からない」。試合を見つめる彼女たちの目は真剣そのもの。祈るようにその展開を見守っている。

 

 

そんな5人のマネージャーの目標は、「選手の目標達成を支えること」。男子は王座進出、女子は一部昇格を狙っている。「試合が終わって選手が戻ってきたときに、疲れた顔は見せられない」(中島)と、少しでも良い雰囲気を作ろうと心掛けている。

 

 

「勝っても負けても、選手たちが笑顔で感謝してくれた時が一番うれしい」(中島さん)。「やりがいを感じるのはやっぱり勝った時」(和田さん・郡さん)。現在、関西学生春季テニストーナメントの真っ最中。一週間以上に渡る大会には、体力も精神力も必要だろう。そんな中で彼女たちの努力と笑顔は、選手たちにも笑顔をもたらしてくれるに違いない。(吉田優香)

 

 

部全体を明るくする5人の笑顔。左上から中島、和田、郡、金森、山口

【5月のWEB企画バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について