同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
日本学生氷上競技選手権大会...
第90回日本学生氷上競技選...
課題の冬迎える
後期全勝優勝で幕を閉じる
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年12月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
'17秋の展望 : アイスホッケー部
'17秋の展望:「アイスホッケー部」

チーム力で勝利を掴め!

 

「みんなから応援されるチーム」をスローガンとして日々練習に励んでいる今チーム。春リーグでは関西CUPで関大をあと一歩まで追い詰める善戦を見せるなどチーム一丸で戦う姿が多く見ることができた。そんな余韻もつかの間、先日開幕した秋リーグ。12月に行われるインカレに向けて、勢いをつけるリーグ戦となる。


 

主将を務める松永(商4)

 

 

チームはこれまで、5戦を戦い、2勝3敗としている。優勝の可能性は消えてしまった。しかし、夏に行った合宿やサマーカップではたくさん得たものがあった。合宿中は同志社アイスホッケー部の伝統の方法を実践した。コーチ・監督は参加せず、その期間は学生だけで練習を行う。あまり例をみない方法だが、これにより、チームワーク力はかなり成長したと松永は語る。選手それぞれに自主性、意見が求められよりチームの一員であることを自覚できる方法に違いない。さらに現在、怪我人が多くチームがベストな状態ではないが、夏でさらに磨きがかかったチーム力で支え合っている。キャプテンは全員で欠けた選手たちの穴埋めをするべく行動する姿勢が感じられると嬉しそうに語ってくれた。


 

パックを見つめる成瀬(スポ4)

 

 

その中でも注目の選手は15澤出(商2)だという。彼は小柄な体を武器にとことんリンクを駆け回る。セットのセンターを務めるが、今年に入って彼のいるセットは1失点しかしていないという。今秋、注目の二年生に期待したい。


 

今季注目の澤出

 

 

ゴールを守る選手たち

 

 

これから先、まだまだ試合は続くが「一戦一戦に集中する」と、これまでの試合からも挑戦者である同志社の意気込みは十分に感じた。万全の状態では決してない今季、残りの試合で少しでも上昇気流に乗せインカレに臨めるように決意新たに一丸となって欲しい。氷上での熱い戦いを見逃すな。(岩本紘奈)

【'17秋の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について