同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
関西大学ラグビージュニアリーグ
関西大学ラグビーAリーグ
新人戦スプリント準優勝
劇的逆転も...9回裏に悪夢。
'17秋の展望「...
これぞエース:福島孝輔
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年10月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
'17秋の展望 : ソフトボール部
'17秋の展望「ソフトボール部女子」

全員で目の前の一勝を。

9月23日から開幕した秋季リーグ戦。夏の成果を試すべく、「一戦必勝」を掲げ挑んだ彼女たち。しかし初戦はサヨナラ負けを喫しまさかの黒星スタート。波乱の幕開けとなったが、先週のダブルヘッダーでは2連勝を収めるなど試合を重ねるごとにチームの勢いは加速してきている。



ルーティンを行う選手たち。



持ち前の強力打線は健在だ。打線を引っ張るクリーンナップは入学時から上位に座る吉岡(スポ2)、長打力と勝負強さを兼ね備えている重富(スポ3)、思い切りのいいバッティングを見せチャンスに強い渋谷(スポ3)だ。中でも4番の重富は「緊張した」という初戦から4打数3安打4打点を記録するなど大車輪の活躍を見せている。
チャンスメイクし、チームを勢いづけるのは金谷(商3)、稲岡(スポ4)の1、2番コンビだ。リードオフマンの金谷が塁に出て、稲岡がチャンスを広げ中軸が返し得点に繋げるのがパターン。さらに下位打線からも1本が飛び出すなど、打線は切れ目がない。



今秋から4番に座る重富。



計4人の投手陣も力投を見せている。奈良文短大戦では下小薗(スポ3)、立迫(商1)、森本(社2)の投手リレーを見せた。さらに関大戦では前田(文2)が1人で投げ切り完封。投手層は厚く、1人1人いつでも準備は出来ている。リードする松下(商4)は4年間チームで正捕手を務めてきた。頼れる4年生が投手陣を支えている。
「野手がバッテリーを助け、バッテリーが野手を助ける」(重富)。この言葉通りバックにも心強い野手陣がいる。特に三遊間の稲岡、金谷は守備の柱。これまで味方のピンチを救うプレーを何度も見せている。




下小薗に声をかける内野陣。



奈良文短大戦後、笑顔の選手たち。



同志社ソフトボール部に火が付けば、その勢いは誰にも止められない。チーム力で1戦1戦戦ってきた。
現時点での秋リーグ通算成績は2勝3敗。「一戦必勝で全員で勝ちに行きたい」(重富)。目の前の試合を全力で戦い抜いた先に上位進出が見えてくる。この秋リーグで4回生の稲岡と松下は引退となる。残すは明日、明後日の3試合のみ。勝利を飾り、笑顔で終われるように、チーム一丸となって駆け抜ける。(高松さやか)













【'17秋の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について