同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
関西大学ラグビージュニアリーグ
関西大学ラグビーAリーグ
新人戦スプリント準優勝
劇的逆転も...9回裏に悪夢。
'17秋の展望「...
これぞエース:福島孝輔
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年10月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
'17秋の展望 : ハンドボール部
'17秋の展望:「ハンドボール部女子」

借りを返すインカレ



8月26日から10月15日まで行われている関西学生ハンドボール秋季リーグ戦。その全ての試合を終えた同志社大学ハンドボール部女子。春季リーグですでにインカレ出場を決めていたためか秋季リーグでは「気持ちのゆるみがチームにあった」と主将大森(スポ3)は語った。リーグはまだ終わっていないが目標であったベスト4には届きそうにない。秋季リーグの結果について大森は「悲惨」と答えた。



ゴール前で構える大森香澄



印象的な試合について「勝てる相手だった関学に負けてしまったこと」と語った。関学戦の前半、試合の節目での小さなミスが原因となり、相手に流れを渡してしまう試合展開が続いた。7-12と5点の差をつけられ後半を迎えた。なんとか巻き返しを図るも前半でつけられた差に追いつくことはできず16-19で敗北してしまった。春では勝てていた相手だからこそ悔しさは深かった。敗北を招いた小さなミスの要因がインカレ出場が決まっていたことによるチーム全体に気のゆるみだった。秋季リーグ全体の結果をみても悲惨な結果に終わってしまったと言わざるを得ない。このままではインカレでも悲惨な結果に終わってしまうことを予想し、今まで以上に士気を高めることの必要性を感じた。



シュートを放つ飯山夏海(スポ3)



インカレ初戦の相手は日体大。同志社はフィジカル面やディフェンス面などでまだまだ相手より劣っている部分がある。課題は山積みだ。しかし、日体大に勝たなければ先はない。まずは初戦突破を目標に置く。攻撃の要である速攻を鍛えなおすことに力を注ぎインカレに備える。



エース丹羽遥(商2)



春季リーグでの躍進以降、西日本学生リーグから秋季リーグにかけて納得のいく結果が出ていない同志社。特に秋季リーグでは勝てる相手に負けてしまう屈辱感を噛み締めた。インカレではその無念さを味わうときにはすべてが終わってしまう。もう後はない。ここでもう一度初心に返り、秋リーグでの雪辱を果たしてほしい。インカレという大一番で再び飛躍することを熱望する。(松本麻利那)


【'17秋の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について