同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
日本一 準硬式野球部4年生の一言 : 準硬式野球部
最高の仲間たち

今年夏、準硬式野球部が全国制覇を果たした。全日本選手権で引退となった4年生に4年間の思い出や日本一の感想、後輩への思いを語っていただいたので紹介します。


優勝後の記念撮影


河野優貴(文4)

このチームは自分がキャプテンをやらしてもらって、自分が初めて命を懸けて作り上げたチーム。

この全国大会も日本一になれなければすべて自分の責任だと思っていた。

命を懸けたチームで、みんなも100%の愛情で返してくれた。

日本一になるべきチームメートだったと思います。

やってきたことすべてに意味があったとおもう。

人生の中で1番幸せな瞬間だったと言い切れます。



坂枝賢(経4)

河野がチームを1つにするという部分でよくやってくれたと思う。僕は後輩たちによく声をかけたりして貢献できたかなと思う。後輩たちには自分たちらしいチームワークを作って、日本一を目指してほしい。


辻孝章(社4)

高校よりしんどいことが多かった。高校のときのような仲間が大学でもできて良かった。日本一になるためだけに動けたので、日本一になれたことが本当に嬉しい。



籠谷顕(商4)

ほんとにトーナメント勝ち上がっていくなかでみんなどんどん強くなっていくのを感じた。

決勝も追い上げられる展開だったが優勝は確信していた。思い通りに試合を運べた。本当に満足しています。


自分は野球がうまくない。全員のことを理解して、みんなが喜べるようなチーム作りができればいいと思った。盛り上げることはできたので、声でチームを引っ張った。


工藤涼介(スポ4)

最高の仲間に出会えた。その場だけの関係じゃなくて、おじいちゃんになっても集まる仲間だと思う。


(3年生は)プレッシャーのかかる学年になると思うが、それを力に変えて頑張ってくれたらと思う。


小野洋士郎(心理4)

最高の仲間に出会えたこと。これだけじゃないかな。

結果もついてきたけど、いい後輩ができて、仲間ができた。

それだけ。


後輩が頑張ってくれたから、全日に行けたし、優勝できた。

このまま頑張ってくれたら、3連覇できるんじゃないかなと思う。


青木大地(商4)

立教戦でマウンドに立って、スタンド、ベンチからすごい声援があった。その瞬間にいい仲間を持ったと実感した。今まででこんなに声をもらうことはなかったので、立教戦のマウンドは最高でした。


自分のことだけを考えることもいいんですけど、チームのことを考えてプレーすることでパフォーマンスは上がる。

チームの勝利を追及することが、結果につながることを4回生になって気付いた。

そういう気持ちで取り組めば、自ずと結果もついてくると思う。


亀野曜星(法4)

最初はマネージャーをするか、選手をするかですごく悩んだ。

ピッチャーとしてやっていたが周りがすごくうまくて、何球もなげて、いろんな話を聞いたりしてもなかなか追い付けなくて、ほんとに選手でよかったのかと考えてくじけそうになったが、最終的にいいメンバーと日本一になれて、自分が選んだ道が間違いでなかったと感じた。


学べること、チームにできることはたくさんある。

それがどこかでつながってくることを忘れないでほしい。



竹内恵太(社4)

自分自身は試合に出てる時期、出ていない時期があったが、仲間が頑張ってるのを見て、悔しい気持ちもあった。献身的に支えることを意識して、日本一なってそれが実ったと感じた。ベンチワークや声で支えれたことにやりがいを感じた。やりきってよかった。


自分は怪我に悩まされて出れないことがあった。諦めたら終わりだと感じたので、そこから努力してまたベンチに戻れることができた。今試合に出てない後輩たちは特に、努力して可能性を広げてほしい。


中村雅貴(商4)

どんなときでも、グランド見たら絶対みんながいてて、みんなが目標に向かって一致団結して取り組んでるところがよかったと思います。最高の仲間に出会えました。


小熊という男を信じて、強い絆を築いて、日本一をもう1回とってほしい。


松本貴博(スポ4)

自分の育ててきたピッチャー陣が活躍して喜んでるところが嬉しかった。

苦しいのは自分は動けなかったので、周りを動かす、ピッチャー陣をいかに活躍させるかが苦しく、難しかった。


小熊、倫太郎、内藤が秀でていて、なかなか付いていくのは難しいと思うが、そこをなんとかついていけば、日本一になれると思うので、しっかり付いていってほしいです。


山本圭悟(経4)

学生コーチの立場でも全力でやる環境があったのがとてもよかったです。


部員も多いし、苦しいときもあると思うが、同じ方向を向いて勝つために何ができるのかを考えながら行動してほしいです。


中村直暉(スポ4)

みんないい奴、個性あって楽しい集団だった。すごくいい仲間を持てたことがよかった。


学年が1つずつあがってプレッシャーとか責任とかが生まれると思うけど、自分らしく楽しんでやれば結果につながると思うので、楽しんでやってください。


下岡和彦(商4)

レベルの最後に高いレベルのところで野球ができてよかった。


俺みたいになるな(笑)


荒井隼(法4)

日本一だけでなく、リーグ戦、関西選手権でいっぱい勝ててよかった。


まずはチームのことより自分のことを大事にして、少しずつ成長してほしい。


森本大生(スポ4)

これからもずっと付き合っていきたいと思う仲間ができてよかった。


適度に頑張って下さい!!(笑)


岡田輝也(商4)

最高の同期に出会えたのはもちろんで、すごい先輩、頼もしい後輩に出会えた。

河野を筆頭に日本一を目指してて、最初はみんな色々な方向を向いていたけど、河野に付いていこうって気持ちがあったからこそ日本一になれた。


プレッシャーはたくさんあると思うが、それをいい意味で捉えて、連覇を目標にしてほしい。

まずは同期で話し合って、いい学年を作ってほしい。


高須直哉(商4)

1番は後輩に感謝したい。

後輩たちが泥臭く練習しているのをみて自分もやらないといけないと思っていたので、本当に感謝したいです。


後輩の中には悔しい思いをした人もいると思うので、仲間たちと切磋琢磨して連覇を目指してほしい。

期待してるぞ!!


清原宏貴(経4)

勝負強い選手はどのような選手か。自分は、打席に入ったとき自信をもって立てるように努力を重ねることと、みんなから応援される人だと思っているので、みんなから頼られるように、チャンスで絶対負けない自信をつけるために練習をしてきました。


日本一は後輩にとっても良い経験になったと思う。次につなげて、キャプテン小熊についていって連覇を目指してほしい。


長門洋暢(経4)

日本一をとれたこと。いい先輩、後輩、同期。いいチームメートに巡りあえてよかったこと。


日本一をとれたのは後輩がいたから。後輩が頑張ったから取れた。本当に頑張ってほしい。お前らやったら絶対できると思ってる。


太田薫(スポ4)

2年でベンチに入って、そこから入ったり入らなかったり、最後は25人のベンチメンバーに選ばれず、応援の形となった。それでも、チームのことを考えれたのは河野がキャプテンだったことが大きい。今の4年生にであえてよかった。


メンバーに選ばれなかったとき、チームに対して本気で貢献したいっていう気持ちが薄れると思うが、これから生きていく上で、逆境の中で生きていくとき役に立つから、そう思いながら、逆境を乗り越えてください。

メンバーに入れたら、入れなかった人もいるということを心のなかに置いて、責任感を持ちつつのびのび頑張って下さい。


今井健道(スポ4)

日本一の仲間と出会えたことです。高校のときより成長できた自分もあるし、この部活に入って自分の限界を知れた。日本一を心の底から喜びあえる仲間に出会えたことです。


これまでにないくらい努力して成長してほしいです。

成長する意識をもってもう一回日本一をとってほしい。




鑓健佑(スポ4)

自分より上手い選手がいるなかで、野球ができて、自分の成長であるとか、そういう環境があったのがよかったです。


自分自身がメンバーに入っていないし、後輩に何か残せたかというと、無いかもしれない。チームとして全国優勝できたので、それを見習ってもらって全日を連覇してほしいです。


杉村直人(経4)

僕は4年間で半分学生コーチにまわってて、早くやめたいなって思うこともあったんですけど、最後はメダルをかけてくれる同期や、泣いて抱きついてくれる後輩がいたので、勝てて最高に幸せでした。


最初は日本一になれると思っていなくて、なんだかんだ一生懸命練習をしてきた。

本気で信じ続けたら叶うものだと思ったので、後輩も目標に向かってまっすぐに進んでほしいです。


山口昂一郎(スポ4)

最初はしんどいことが多かったけど、目標もできて、みんなで日本一になりたいっていうので、自分でできることを考えて、一生懸命できた。


目標、勝つために自分になにができるかを考えて、それに向けて頑張ればどんな結果でも正解だと思うので頑張ってほしいです。


白川静乃(生命4)

まずは間近で野球に4年間携われた。同期、後輩という仲間、良い仲間に出会えてよかった。


自分にしかできないことがあると思うので、それをしっかりして楽しんでください。


絹川裕香(法4)

日本一になれたのはめっちゃ嬉しかった。

他の大会もいっぱい優勝して、そのときに皆が笑顔で喜んでいるのは、最高に嬉しかったです。


泣いても笑っても時間は過ぎていくので、悔いの残らないように。来年も再来年もその次も、優勝してください。


【日本一 準硬式野球部4年生の一言バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について