同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
近大に快勝。大学選手権へ望...
田辺での最終戦を完勝で終える
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
6月のWEB企画 : 自転車競技部
ルール紹介「自転車競技」

第2回

ルール紹介「自転車競技部」

<企画概要は第0回のページをご覧ください>

 

今回は自転車競技部のルール紹介というよりは種目紹介をさせていただきます。


自転車競技と一言で言っても色々な種目があります。世界では「ツール・ド・フランス」などで有名なロードレース。五輪などで日本選手も活躍しているトラック競技(※)、日本でも比較的知名度のある競輪(KERIN)などはこの中に入ります。


その中で今回、紹介するのは同志社大学も得意とする“団体追い抜き(チームパーシュート)”、通称団抜きと呼ばれる種目です。この競技は4人一組となった2チームが、バンクのホーム側とバック側に分かれ、同時にスタート。4名の力を合わせて4kmを走りきり、その内ゴールした3人目の選手のタイムを競うという競技です。しかし、単に4人が一緒にスタートしお互いに競い合うという訳ではなく、各チームが縦列を組んでバンクを回り続ける中で“先頭交代”という技術を使ういます。これは、最高速度が60kmほど出る自転車ではスピードが速くなればなるほど先頭選手への空気抵抗が大きくなり、体力を消耗するからで。そこで空気抵抗の一番大きい先頭選手の交代を繰り返しながら、次々と位置をスピード低下を防ぎ好タイムを目指します。

 

 

昨年の同志社団体追い抜きチーム。前から熊坂(文情4)、岩崎(商卒)、海老瀬(商4)、森井(文情4)

 


 

そして、チームにより先頭を走る距離を決めるなどの工夫をし、4名の力が出し切れればチームとして良いタイムが出せるのです。つまり、この競技重要なことは目標タイムに向けて4人がどれだけ自分の力を出し切れるかということであり、もし、一人が遅くなれば他のメンバーがそれを補いながら走り、自転車競技では数少ないチームワークに結果が大きく左右される種目です。



以上、団体追い抜きの種目説明です。少しでも興味を持った方一度試合会場までお越しください。(山本翔吾)

【6月のWEB企画バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について