同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
全日本学生RCS第4戦白馬...
新顔たちが健闘!西日本大会...
'18ルーキー特...
去年の成績を超え、5位で幕閉じ
'18ルーキー特...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年6月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
主将セレクション2018 : 硬式野球部
主将セレクション 「硬式野球部」

硬式野球部主将セレクション 2018年を語る

福島輔×西林

「日本一へ、『俺』がやる」

左から副将・西林幹貴(政策3)、主将・福島孝輔(法3)


福島主将が西林選手を選んだ理由――。

福島「(西林は)今年副キャプテンで、バッテリーも組んで、(福島と西林は)チームを一番引っ張っていかないといけない2人という意味で選びました。」

西林「選んでいただいたことはとてもうれしく思いますし、自分がやらないといけないということは新チームになった時からわかっていたので、今福島と一緒にチームの先頭に立って頑張ってやっていこうと思っています」


主将・副将に各々が就いた経緯――。

福島「僕の場合は話し合いです。副キャプテンは自分が決めさせていただいたんですけど、自分がピッチャーで西林はキャッチャーですし、キャプテンをやる上で、自分が支えてもらいやすい信頼できる4人を選びました。」


今チームの雰囲気、特徴――。

福島「僕は、低迷しているチームを変えようとやってきて、練習の取り組み方とかは変わってきたというか、変わっているんですけど、オープン戦やっていてまだそんなに結果も出てないですし、まだ足りない部分もあるかなと試合をやってみると思います。」

西林「その通りだと思います。」

「(笑)」

西林「チームの雰囲気は本当に変わっていて、あとは結果。勝つためにやってるんで。いい取り組みをしたからと言って勝てるわけではないので、もっと勝ちにこだわりたいです。」


期待している選手――。

西林「僕は福島です。1年(生)から投げていて実績もある中で、キャプテンのピッチャーってしんどいと思うんですけど、それを担ってくれている。しんどい時も、投げ終わった後も声かけられて、練習中厳しいことも言えて。やってくれているので、何とか福島とともに勝ちたいです。」

福島「新四回生全員ですね。同志社はここ何年間かそうなんですけど、下級生のころに活躍しても、就活とかで抜けて経験したものが最後生かせないというサイクルがある。今年の四回生はキャンプも例年より参加してくれて、僕らの代が力を出したら間違いなく優勝はねらえると思っています。」


新主将の福島


同志社入学前のお互いの面識――。

福島「ないです。」

西林「僕は一方的にあります(笑)。テレビのカメラで。大阪大会も観に行きましたし。自分(清教学園)はすぐ負けたので。甲子園も観に行って『こいつが福島かー』とは思っていました。同志社に行くのは知っていたんで、自分も同志社行きたくて『こいつが同じチームにななるんかー』と思っていました(笑)。」

福島「俺は全く!」

「(笑)」

福島「(西林は)同じ大阪の高校なんですけど、知らない高校で。入ってきたときも、公立高校で、同じキャッチャーが2人…」

西林「私立や!私立や、おい!!」

福島「はい(笑)、最初は他に推薦で入って来たキャッチャーが2人いて、目立たない存在だったんですけど、みるみるうちに実力をつけて今や貫禄のあるキャッチャーになりました。」


第一印象――。

西林「最初は推薦組と一般指定校組で距離感があって。練習が始まったらそんなの関係なくて自分たちの代は私生活でも仲良くしています。」


プライベートでのお互いの印象――。

福島「飲みに行くじゃないですか。全然(西林は)飲めないんですよ。飲めへんのに一番飲んでるくらいのテンション(笑)。」

西林「福島は結構お調子者ですね(笑)ずっとちょけてるキャラです。お酒もめちゃくちゃ飲みます。一人で釣り行ったりします。」


グラウンド上とプライベートの違い――。

西林「違いますね。やっぱりユニフォーム着たらスイッチ入るんで。福島はマウンドに上がると人が変わります。」

福島「二重人格みたいに言うな。」

西林「マウンドに上がるとアツいものを出す。アツいピッチャーですね。それがグラウンドの外ではめっちゃふざけます。ずっと(笑)。」

福島「めっちゃ変な奴や思われる(笑)」

福島「(西林は)いつでも同じ感じですね、逆に。うるさいくらいで。」

西林「褒めて(笑)」

福島「時々落ちるんですけど、いつもうるさいくらい声を出して明るいですね。」

西林「とにかく明るい安村(笑)。」

福島「安村よりも明るいと思います(笑)。」


グラウンドでも明るい西林


お互いの特徴を、これまでバッテリーを組んできた捕手(投手)との違いに絡めて――。

西林「福島は悪い時に自分で修正ができる。実績もあって経験もあるので。マウンド上で僕からブルペンの時に色々気付いたことを言うこともありますけど、自分で気づいて修正して試合を作れる。」

福島「大学入ってからずっとキャッチャーが先輩だったんで、多少は気を遣うこともあったんですけど、(西林は)同級生なので言いたいことを言えますね。あと、ピッチャーを気持ちよく投げさせてくれる。自分のことは二の次で。よくバッテリーを夫婦って言いますけど。」

西林「女房役ね。」

福島「本当にそうで。女房役でピッチャーとしては一番投げやすいです。」

西林「ピッチャーというのはめちゃくちゃしんどいポジションだと思うので、球を受けているからこそ、気持ちよく投げさせて、(ピッチャーの心理を)ワッと盛り上げたいです。ピッチャーをどうやったら気持ちよく投げさせられるか、これは僕の性格なんですけど。」


最終年の想い、そして目標――。

西林「これ僕が先言いますね。(福島が)締めるんで(笑)。」

西林「ずっと1年からやってきて、最終学年になって、スローガンにあるように『維新~俺がやる~』で『俺がやる』という気持ちは人一倍強く持っていかないといけないと思いますし、チームの目標は“日本一”と最初に決めたので、そこに向かって。『俺がやる』という気持ちをもって頑張っていきたいと思います。」

福島「3回生の秋までは、自分の結果が出ればチームが勝てるという。自分(の結果)が先行した考えで試合に入っていたんですけど、今年はチームが勝てればと思っています。たとえ大げさな話僕がベンチを外れようが、チームが勝てるんだったらという考えで。とにかく自分よりもチームが勝つために何をすべきかを考えて、本当にチームが勝てればいいかなと今年は思います。」


昨年は2季連続5位と低迷を続けた。しかし、危機感が生み出した意識改革で同志社は確実に変わってきている。昨年の主力が多く健在している今年、積み上げた経験をチームに還元し躍進の基盤を作ってくれることだろう。多くの「俺」とともに同志社は勝てるチームへ進化を続ける。(聞き手 本林大将)


○プロフィール

福島孝輔(法学部3年/180㌢80㌔/大阪桐蔭高校)

3年間マウンドに立ち続けてきた絶対的エース。高校時代に手にした栄冠をもう一度。勝つための投球でチームを引っ張る。


西林幹貴(政策学部3年/173㌢77㌔/清教学園)

遅咲きの苦労人は扇の要として全試合出場を誓う。味方投手を奮い立たせ相手打線に嫌がられる守備・リードで流れを呼び込む。


【主将セレクション2018バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について