同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第91回日本学生氷上競技選...
第91回日本学生氷上競技選...
課題修正しインカレに挑む
強さ見せつけた京都選手権
チームのために出来ること
'18秋の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年12月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
マネージャー特集 : 準硬式野球部
Q. 準硬式野球部の強さの秘訣とは?

春リーグ負けなしと絶好調の準硬式野球部。絶対王者たちを支えるマネージャー4年生にチームに対する思いを聞いた。


左から藤本(心理4)、前川(理工4)


入部のきっかけ――。

藤本「高校からマネージャーをしていて、準硬を元から知っていたのでその延長で入部した。」

前川「一回生の頃は特に何もしていなくて、下宿生ということもあり何かしらしたいと思い、一回生の時から見学に行っていた準硬に二回生から入部した。」


日頃の業務内容(大変なこと)――。

水、アイシングの用意。試合でのスコアの記録など選手の日頃の手助けを基本的にしている。

藤本「野球がずっと好きで、人と話すことも好きなので日頃の業務で大変な事は今はない。入部初期は、先を見て要領よく進める事が大変だった。」


マネージャーからみた準硬の魅力――。

藤本「(去年全国優勝したからこそ)今年の四回生の全国優勝をしたい気持ちがすごく強く感じる。みんなで一つになって勝ちに行こうという姿勢は、今まで沢山の野球チームを見てきたけど同志社の準硬が一番強いと思う。」

前川「(体育会系全般に言える事でもあるが)学業、部活、バイトをきちんと両立している。」


準硬のチームワークの秘訣?――。

藤本「いい意味で上下関係があまり厳しくなく、『先輩に積極的に話しかける後輩』と『後輩の面倒をきちんとみる先輩』の良い関係性がチームワークの秘訣だと思う。」


これから勝ち上がっていくにつれてマネージャーとして何かしますか――。

前川「特に変わった事はせず、いつも通りに業務をこなす。」

藤本「直接勝ちに貢献することはできないけど、だからといって業務が適当にならないようにマネージャーからしっかりする事を気をつけていく。」


選手に向けて一言――。

前川「悔いの残らないように一戦一戦、戦ってほしいと思う。」

藤本「入部してからずっと一緒にいて四回生はどの代と比べてもみても一番仲が良く、良い学年だなと思うし実際自分も同期は本当に良い同期だなと感じている。だからこそ、去年みた優勝をもう一度このみんなで見れたらいいなと思う。」


マネージャーたちは自分たちの仕事に対する責任感とチーム愛に溢れていた。人前に立って活躍することはないが、準硬式野球部になくてはならない存在である。日本一へ向かって彼女たちの戦いも続いていく。(川中真那・久保友紀恵)


マネージャー紹介


藤本果穂(心理4/広島大付属)


前川紗葉(理工4/鈴鹿)


大上百花(理工3/同志社香里)


中島明日美(スポ3/同志社国際)


清水智子(文情2/近畿大学付属)


松永乃映(スポ2/帝塚山)

【マネージャー特集バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について