同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
関西大学ラグビーAリーグ
惜敗するも手応えあり[サッ...
'18秋の展望「...
’18秋の展望「柔道部」
立命大相手に手応え[陸上ホ...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年10月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
'18春の展望 : 硬式野球部
'18春の展望「硬式野球部」

2季連続5位からの頂へ。4月7日、わかさスタジアム京都で関西学生野球春季リーグが開幕する。昨季の主力が多く残り新チームの基盤となってきた同志社、成長著しい新戦力も台頭し、戦力の上積みが期待できる。


昨季駒不足に悩んだ投手陣から現状を整理していこう。エースの福島(法4)が今季も開幕のマウンドへ上がる。主将としての重責も担い、チームの勝利への執念はより一層強いものになっている。そして、昨季大きな課題となり低迷の要因にもなったのが先発2番手。好調が続く仲野(法2)と故障明けも、実績十分の溝田(スポ3)に期待がかかる。こうした先発陣を支えるのが個性豊かな中継ぎ陣だ。左サイドハンドの村居(スポ3)と長身右腕難波(社3)が今季も健在。円熟味を増したリリーバーに新戦力の栗田が加わり、ブルペンを支えていく。「福島と他の投手との差はなくなってきた」と渋谷監督も手応えを口にしている。


貴重な左の中継ぎ村居


先発候補の仲野


野手では二遊間に期待がかかる。二塁手の足立(商3)は膝の故障に悩まされたが、手術し回復。実戦でアピールを続け、3年目での公式戦デビューが濃厚だ。遊撃手の杉内(法3)は昨季に三塁手として出場を果たし、安定した守備を見せた。同学年ゆえに話すことの多い二人は連係プレーに定評あり。特に併殺は最大の魅せ場だ。


打の中心は昨季から変わらない。不動のリードオフマン辻(商4)が出塁し足でかき回す。中軸は主砲前田(商4)と巧打者福原(政策4)に加え、四川(社2)が務める。昨季は多くの残塁を喫しただけに、彼らの勝負強い打撃に期待したい。


4番を打つことが予想される前田


外野守備の中心・福原


2年目を迎える四川


今年のスローガンは「維新~俺がやる~」。目標はリーグ優勝ではなく、日本一だ。チームが勝てる集団に変わったことを証明するには、勝利するしかない。4月7日10時30分、その大きな一歩が踏み出される。(本林大将)


【'18春の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について