同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
全日本学生RCS第4戦白馬...
新顔たちが健闘!西日本大会...
'18ルーキー特...
去年の成績を超え、5位で幕閉じ
'18ルーキー特...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年6月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
主将セレクション2018 : 空手道部
主将セレクション 「空手道部」

        

空手道部主将セレクション 2018年を語る


住友里×仲谷×南本

「全員で頂点を取りに行く」


左から女子主将・住友(スポ4)、主将・仲谷(スポ4)、女子副将・南本(商4)


(他己紹介をして下さいー)


住友「主将(仲谷)は超絶なストイック選手で、優しい。でも時々己が出すぎてしまうかな(笑)」


南本「一言で彼を表すと強い男だなって思う。強いっていうのは何が強いかというと自分の思いを強く持てる強さがあったりとか、自分の思いを人に伝えるっていう強さであったりとか。結構みんなが言いにくいこととかでも彼は自分の思いをみんなに対してちゃんと伝えられる。その強さにみんなついていってて、まとまってるんだなと見ていて感じます。」


仲谷「あざっす。」


仲谷「住友は形も組手も両方やっていて。自分が主将になる前から、行動面に関しても技術面に関してもずっと自分の支えとなってくれている存在。もちろん下からの信頼も厚くていつも頼られている。ちょっといじられるっていうところもあるんですけど、なめられてるわけではなく、それも信頼の証という感じ。自分としても頼れる存在です。良い人ですね。」


南本「彼女は同期としても、選手としても、友達としても尊敬できる存在。空手でいうと彼女は形も組手もどちらもやっていて。一流の選手として活躍していて、すごい選手なのに、言い方は変だけど気取ってないというか。日本代表でもあるにもかかわらず、みんなに良いように話しかけたりだとか、まとめたりだとか、みんなのお姉さんのような存在ですね」


仲谷「姉貴!(笑)」


南本「自分にはないようなものを彼女は持っている。選手としても同期としても尊敬しています。」


仲谷「南本は勝ちにこだわる選手。勝ちに対する思いがすごく強い。プライベートとか、練習以外だったら本当にポワポワしてるような感じで(笑)。練習以外が嘘みたいってくらい切り替えが上手い。ストイックなんですけど、ストイックというよりは思いが強い。1個目標があったら、その目標に向かって「今どうしたらいいのか」とか、はっきり考えている。自分が主将っていう立場なんですけど、今日の練習はどうしようかとか一緒にすごい言い合ってくれて、練習をより良くしようとしてくれます。良い人です。」


南本「恥ずかしいな(笑)」


仲谷「俺が一番恥ずかしかった。1番最初(笑)」


住友「(南本は)思いが強い。同じになるかもしれないですけど、仲谷が言ってたみたいにオンオフの切り替えが上手いし、自分がこう思っているっていうことを主張できる人ってあんまりいないと思うんですけど、はっきり主張できる。自分にないところかなって思います。競技に対する熱意っていうものは人よりも伝わってくるものがあるし、そういうことを表現できるのは一言で言ったらすごいって思う。他の人にないものを持っているなあと思います。」



堂々の演武を披露する仲谷。



(新体制になってからの雰囲気・変化したことー)


仲谷「去年1年は結構自由にというか、やりたいことをそれぞれやってもいいっていう形で、個性を出し合えるっていう環境だったのでそれはそれで良かったのかなとは思うんですけど、ちょっと自由にしすぎたのかなとは思っていて。どうやって上に上がろうかという意思が感じられなかったところもあって、その意識だと勝てないなと考えて、色々決まり事みたいなのも作って。ただ、そんな厳しくはせずに、意識は自分たちが持って。まだ始まって1ヶ月くらいしか経ってないんですけどちょっと意識が変わってきた者もいるかなと思う。今の状態で見たらいい傾向にあるかなとは思いますね。」


住友「まだ始まったばかりなので、自分たちがなりたい雰囲気とかにはなりきれてないっていうのが現状なんですけど、それを下の部員も理解してくれてる人が多いし、そういう考えを共有できる環境にあるので、これからもっともっと良くなって、行けたらと思います。」


南本「雰囲気は良くなってると思います。人数が多くて、4月から40人くらいの体制になるので今までの同志社の空手道部の中で見ても、結構多いから。自分らの同期でまとめていかないといけないんですけど、新入生が入ってきたらまた色が変わってくると思うので、今土台をしっかり作っておきたいです。」


(どんなチームにしていきたいかー)


仲谷「些細なことであっても切磋琢磨していくチームにしたい。試合の選考会とかになったら、やっぱり負けたくないから間違いなくできると思うんですけど。そこだけじゃなくて普段の練習から雰囲気を乱す行動とかがあったら、自分たちだけじゃなくて下からも言い合えるようにしたい。常にみんなが練習に意識を持って、集中して、もちろん自分たちがその先にいて。みんなで競い合って練習が出来たら、互いに高めていけたら自分たちが抜けた後も、同志社空手部っていう強いチームが残ると思う。それが出来た上で、今年自分たちが目標にしてる「日本で1番を取る」っていう結果に持っていけたらと思います。」


住友「自分たちが決めたテーマはさっき言ってた「切磋琢磨出来る環境」っていうことで。下からも意見を言ってもらえるような風通しのいいチームにしたいっていうのが1番です。」


南本「大体2人が言ったんですけど、切磋琢磨する中で、誰かが逸れてしまったら切磋琢磨するっていうことは出来なくなっちゃうので、逸れていっても上から自分たちがちゃんと見ていて、自分たちの切磋琢磨の波に入れていって、みんなで同じ方向を向いて進んでいけるチームにしたいなと思います。」



形・組手の両方で活躍する住友。



(後輩に期待するところ・こうしてほしいということー)


仲谷「自分たちの下は今までに例がないくらいの多人数で入ってきてる代で。どの代を見ても、やっぱり意識がある者とない者の差が少しある。やる気がある上で方向性がずれてるのは全然大丈夫なんですけど、やっぱり人数が多いからそれで意識が低くなって方向性がずれてしまうっていうことがある。切磋琢磨っていう目標の下、同期内で競い合って意識を上げていってほしい。」


住友「まだ遠慮というか、下からの意見はあんまりないなと思うので、言ってしまえば雰囲気づくりなんですけど、自分たちからももっと積極的に声をかけたりしたい。人数が多い分それは難しくなるとは思うんですけど。特に3回生にはもう少し動いてもらいたいなというのが正直なところです。」


南本「競技別に言うと、男子の組手は、自分たちの代に男子組手がいないので今の1個下が軸になって試合に出たりだとか、練習したりだとかなると思うんですけど、やっぱり上回生じゃないからっていって引くんじゃなくて、もっと組手は組手で勢いを出すように、3回生でも引っ張っていけるような人材でいてほしいなって思う。男子の形は、去年から団体のメンバーもも全部変わるので、去年経験した子や、去年経験してない子も一緒に切磋琢磨して。これから選考に入ると思うんですけど、去年以上の成績を目指して頑張ってほしいなと思う。女子に関しては、女子の組手は上回生に引っ張ってくれる子がいるので、最後に1番取って終われるように後輩も後押しして練習してもらいたいなと思う。最後に女子の形になるんですけど、自分が2回生から出ていて団体2年目で次が学生最後のラストの団体の試合になると思うんですけど、個人戦はもちろん勝ちたいと思ってるんですけど、団体戦最後、同志社として勝ちたい。去年のメンバーも全員残っていて、残っている中でもまた選考し直すんですけれども。やっぱり1番取りたいので、ついて来てほしいなと思います。」



キレのある演武を披露する南本。



(今年のチームの目標と、個人の目標はー)


仲谷「空手部としての目標は、ずっと言っている切磋琢磨っていうのもあるんですけど、やっぱり全員で頂点を取りに行くこと。誰かが日本一を取りに行くとかじゃなくて、誰一人欠けることなく、個人としても部としても全員で、みんなで日本一を目指す。個人としての目標は3年間ずっと選考で負けてきて一度も試合に出れてなくて悔しい思いをしてきたから、それを今年1年でぶつけたい。選考会も試合も、練習でもそれ以外でも、全部に勝ちたいです。」


住友「同志社の良さっていうのは学生主体で自由にやれたり、自分たちで考えて練習できるっていうところだと思っている。強豪校とかだったら、コーチとか指導者の人とかが厳しく指導すると思うんですけど、同志社はそういうのはあまりなくって。そういう同志社の良さを強みに変えて、全員で勝ちに行けるような、勝ちに行きたいと思えるような環境にして、勝ちに行きたいです。個人の目標としては、空手の競技は学生で終わろうっていうのを決めているので、その中で日本一を取りに行くっていうのは前提として置いておいて、後悔しないように、最後やり切ったって終われる競技生活にしたいです。」


南本「勝ちたいと思って、勝ちに行けるチームがいいなと思うのと、個人的に思うのは大学でこうやって色んな都道府県から集まって40人、多いといってもされど40人、巡りあわせで集まった40人。空手を極めてきて、同志社に憧れて入ってきた素晴らしい40人近くの新しいチームで、最高の結果を出したいし、最高のチームで終わりたい。個人としては、個人でも結果を残したいのはもちろんなんですけど、やっぱり団体戦で勝ちたいっていう思いが強くて、全関西はずっと優勝しているので、優勝の仕方というか…最後の全関西は派手に優勝したいなって思うのと、全日本は2位、3位と一度も優勝していないので、最後は絶対に優勝して終わりたいなっていうのが目標。やってても、みんなから応援してもらえるような選手であり、チームでありたいです。」



昨年は大舞台で数多くの結果を残し、多くの選手が活躍している空手道部。しかし決して満足することはない。彼らはさらに上を目指して、日々尽力している。今回3人が口にしたのは「全員で」勝利をつかみに行くということだった。過去例に見ないほどの大所帯となった新チーム。多人数であることを強みに変えて、1人1人が意識を持ってチームをさらに高めていく。「切磋琢磨」をテーマに、空手道部全員で日本の頂点まで上り詰める。(高松さやか)






○プロフィール

仲谷海(スポーツ健康科学部4年/176㌢77㌔/福岡県立福岡中央高校)

形の選手。藤井晟也前主将の後を継ぎ、新主将として同志社空手道部の先頭に立つ。空手道に対する熱い気持ちを胸に、ラストイヤーに勝負を懸ける。座右の銘は「人として尊敬される」。



住友優里(スポーツ健康科学部4年/158㌢/北海道恵庭南高校)

形と組手の両方で活躍する選手。昨年は関西個人形で3位、全日本個人形でベスト8と大舞台で結果を残してきた。女子主将として空手道部を引っ張り、大学最後の年に全力で挑む。座右の銘は「後悔しない」。



南本愛良(商学部4年/149㌢/広島県立安芸南高校)

形の選手。2年時に出場した全日本団体形では準優勝、昨年は3位と、女子団体形の柱としてチームを引っ張ってきた。優勝杯をつかむべく、4年目も女子団体形をまとめあげる。座右の銘は「夢を現実に」。









【主将セレクション2018バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について