同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
関西大学ラグビーAリーグ
惜敗するも手応えあり[サッ...
'18秋の展望「...
’18秋の展望「柔道部」
立命大相手に手応え[陸上ホ...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年10月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
'18春の展望 : 卓球部
'18春の展望「卓球部男子」

自分たちが誇りに思っていることは?と尋ねると、「一度も1部リーグから落ちたことがないという伝統を守り続けている」と声高らかに主将の阿部は語った。卓球部男子は伝統を大切に築き上げていく。

団体戦の試合の様子

4月28日から始まる春季リーグのチームの目標はもちろん優勝だが、基本的にスポーツ推薦で卓球部に入部する選手は稀であるため他大学よりも4月の時点でチームの戦闘態勢が組めていない。厳しい闘いになるとチーム一同覚悟を覗かせた。本来、同志社には練習を真面目に取り組むという強みがある。練習日は全体での練習も行いつつ自主練習の時間をとても大切に行う。そのため、その強みは秋季リーグに結果を残すというのが例年の卓球部男子の必勝パターンであった。しかし、今年度のチームは一味違う。主将の阿部は1年の石脇優樹に大きな期待を寄せている。

主将の阿部

石脇は高校時代にベスト4の経験があり、団体戦でとても強い選手である。そこに阿部(社4)、西谷(文情4)をはじめとした4回生のベテランの実力が加わる。今年の同志社卓球部男子の春季リーグの風向きが変わることは間違いない。(川瀬蒼)

卓球部員

【'18春の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について