同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
関西学生野球春季リーグ
第50回京都拳法リーグ戦・...
主将セレクション「應援團」
6-0で大勝!春リーグ初白星
'18春の展望「...
普段の練習の成果を発揮でき...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
'18春の展望 : フェンシング部
’18春の展望「フェンシング部」

今年80周年の節目を迎える同志社大学フェンシング部。オリンピックに出場した田淵(商卒)、太田(商卒)をはじめ、数々の歴史を作ってきたフェンシング部が新たな1ページを刻む。


春リーグは団体のみで、各種目2日間で行われる。今週末のフルーレで幕を開け、5月にはサーブルリーグ、エペリーグが控える。総合優勝はもちろんのこと、2位以上に入賞し、6月の王座決定戦の出場権を獲得したい。



主将の角田



昨年、男女ともに全勝優勝を果たしたフルーレは主力選手が2人ずつ抜け、世代交代を余儀なくされた。篠原(商3)、寺田(商3)ら昨年の経験者がどこまで新戦力を引っ張れるかに期待がかかる。


サーブル男子では昨年から出場する高橋(法3)、川北(法2)がチームをけん引する。同じ三本松高校出身の2人が、息の合ったプレーで流れを呼び込みたい。

女子は戦力に変化がない。副将坪井(スポ4)を中心に昨年から同じメンバーで戦ってきた3人が集大成の1年を見せる。宿敵朝日大を倒し、悲願の優勝を掴めるか注目だ。



サーブルの坪井(左)と安倍(右:スポ3)



エペも戦力が充実している。男子では主将角田(商4)、篠原、二ノ宮(商2)に1年生も加わり層の厚さがうかがえる。昨年関西インカレ、インカレともに3位に入賞した二ノ宮や世界大会にも多く出場する篠原がチームをけん引し、昨年果たせなかった優勝を勝ち取りたい。

女子はエース吉村(スポ3)が世界大会で不在。彼女の抜けた穴を土田(GR4)らの経験でカバーできるかがカギとなる。


以上、ここまで戦力分析をしてきたが、男女ともに目指すは総合優勝。フルーレの勝利で勢いをつけ、他の2種目へつなげていきたい。(森戸尚毅)



主将も期待を寄せる二ノ宮(商2)


【'18春の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について