同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第91回日本学生氷上競技選...
第91回日本学生氷上競技選...
最初で最後の大舞台
3大会ぶりの関西準V!
チームのために出来ること
'18秋の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年12月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
主将セレクション2018 : スキー部
主将セレクション「スキー部」
スキー部主将セレクション 2018年を語る
山本暉×小島香世×岡本
「チームとして」

左から、山本(理4)、小島(商4)、岡本(経3)

聞き手① はい、ありがとうございます。なんかまあ、別にこの対談を通してスキー部さんを知っていただくというものですので、限度はあるとは思うんですが、まあ堅いものではないので、普通にリラックスして臨んでいただけたらと思います。お願いします。

小島山本はい笑宜しくお願いします。

聞き手① この企画は、展望を話していただくことで、スキー部さんがどういう人たちか、その裏側を知ってもらおうというものなんですね。

山本はい。

聞き手① 小島さんが、山本さんと岡本君を選んだ理由は何ですか。岡本君は今いないですが。

小島あー理由ですか?笑えーと、まあ一応主務ではないけどマネージャーみたいな感じで、唯一の同期だから。岡本はアルペンチーフだから、かなー。笑

聞き手① アルペン全体のチーフ?

小島はい。

聞き手① なるほど、じゃあバランスを取ろうかなと?

小島バランスというか、幹部だからですね。

聞き手① なるほど、分かりました、ありがとうございます。山本さん、どうですか。一応と言われていますけど。

山本んー俺主務じゃないから、一応。主務じゃないけど、マネージャーだから、一応ってこと。

聞き手② えっ、主務さんって書かれてなかったですか。

小島あの、体育会本部の役員だから、主務にはなれなくて、そう、だからマネージャー。

聞き手 それは(体育会の)規約?

山本そう、規約で、体育会本部に所属していたら、クラブの三役につかれへんっていう。主将、主務、会計の三役にはつかれへんっていう規約があるから、だから俺は(主務ではなく)マネージャー。

聞き手①、② へえー、そうなんだ。なんだか大変ですね。嘉藤(聞き手②)がお世話になっております。

聞き手② えっ、本部じゃないよ。三年と一年しかいないから。

聞き手① あー、そう…(笑)

聞き手② うん、そう笑笑

一同 笑笑笑笑

山本まあ本部の話はいいよ笑

一同 笑笑笑笑

聞き手① なるほど笑ありがとうございます、じゃあぼちぼち選び選ばれ、という感じなんですね。どうですか、今年はどういうチームを目指しているんですか。

小島来年ってことですか?

聞き手① あー、はいまあ、そうです。

小島来年は、んー今年の悔しさもあるので、アルペン含め全員でバチバチしながら、上を目指す集団になれたらいいと思います。

聞き手① 今年よりも競争を激しく?

小島そう、ですねー…。

山本競争っていうとちょっとちゃう、ねんけど…

小島そうそうそう、まあ今年はね、アルペン、ランナーって分かれていたから、んーなんだろう…

聞き手① あー、みんなで一緒にってことですか。

小島そう、ですね。アルペンも四回生いなくなるし、若いチームになるので、今が変わるときかなと。アルペンも温度差があるので…なんていうんだろう…笑

山本んー、分かっていないと思うけど、うん、今もレース中やから、だから2018年の展望ってことに関しては、俺達幹部もなんも打ち合わせもしていなくて、今のは小島自身の個人的な考え、ではあんねんけど、そこに関しては俺も概ね同意していて、で、今みんな一緒にって言ったけど、そもそも種目が違うから、トレーニングも違うし試合も違う。そこでみんな一緒にっていうのは、んー具体的にどうって言われたら難しいところではあるけど、今の、2017年の現状としてそれぞれのパートを比較すると、ランナー女子が凄くモチベーションが高くて、目標も高いのに対して、アルペンパートが目標設定が低いっていうのはあって、まあまあ個人個人の競技力の差があるから仕方ないねんけど、そこに対する…なんていうかな…執着心というか、意欲が劣っているのように、マネージャーの俺の立場から見ていても見えるから、だから、そこを、そういう状況があって、たぶんアルペンパートもランナーパートを見て、ランナーは、凄い人たちが集まっているからそういうもんや、みたいなところがあって、別の畑という感じで見ているところがあるから、そうじゃなくて、ランナーが頑張っている姿を見て、という訳じゃないけど、お互いが刺激し合って、ランナー頑張ってんねやし、アルペンももっと頑張らなあかんのちゃうって感じで(頑張ってほしくて)、逆にランナーも逆にすべてが百点かといわれると、そういうわけではないから、だからランナーもアルペンを見て、もっとこうした方がいいよねっていう関係になればいいかなって。

小島そう!!そういうこと!もう、百点!!笑笑

聞き手① もう完全になんか今までは別のものととらえてきてしまっている、それを一緒の部というとらえ方に変えて、お互いに意識を高くしていこうとしているんですね。

小島やっぱり総合での順位を意識していきたい。そうすることでチームだという雰囲気になるし、ランナーだけでポイントを取って、総合何位でしたって言われても、そんなに嬉しくない。みんなで頑張って取って、上に行けたってなったら、みんな嬉しいだろうし、そうなるとやる気も出てくるから、そうなるのが理想です。みんなそういう力は持っているのに、発揮できていないのが勿体ないなって思います。

聞き手① 確かに女子のクロスカントリーって毎年強いじゃないですか。

一同 ……………。

聞き手① まあ同意するのは難しいと思うんですけど笑

一同 笑笑笑笑

聞き手① まあ相対的に見て強いなと僕らは思っているんですが、そこだけではかえって温度差が出てしまうと?

小島………そうですね…やっぱり大学全体で勝った方が嬉しいですよね………。ランナーもこの成績で満足している訳じゃなくて。やっぱり、関西で勝つのはもちろんで、インカレで勝つということをみんな目標にしているんで。アルペンも戦える選手がいるわけだし、早稲田、日大にずっと負けっぱなしではなくて、バチバチに争っていけるようにしていきたいです。

山本(笑)(笑)

聞き手① 山元さんも何か言いたいことがあれば…

山本いや、こいつがしゃべってんのが面白いねん。笑

小島笑笑笑笑ムカつく笑笑

一同 笑笑

聞き手①どうですか。基本的には喋らせておきたい?

山本いや、主将セレクションやから…笑

一同 笑笑

聞き手① いや、いいんですよ全然。この企画を通して、どう喋っていただくか、というものなので。僕らとの対談というより…。

山本いや、企画に乗っかっているという訳ではないねんけど笑主将がこうやるっていうのであれば周りのことフォローするだけ、ぐらいにしか思っていないし…。

聞き手① マネージャーっぽいですねー。笑

小島百点だよ(^^)みんなに羨ましがられるもん、最高の同期だよねって(^^)

聞き手① スキー部内でですか。

小島そうだね。

山本そらそう(スキー部内だけ)やろ笑

小島みんないいなーって。

聞き手① でも、本部の役員さんになれるってことは、かなり仕事はできるんじゃないですか。

小島珍しく褒めているよ私が笑

山本んーまあ、バランス的なことを言えば、こいつが現場型で、俺が裏でこそこそフォローするという感じで。

小島確かに。私が見ていないところも全部助けてくれるから。私は自由にやっている感じ。笑

聞き手① 二人しかいないけれど、それだからこそ、バランスがいい感じ?

山本たまたまやと思うけどな笑

小島間違いない笑笑

山本そうなろうとしてそうなったわけではない。

小島そうだね、これは性格的な問題だね、これは(笑)

聞き手① バランスがよさそうですねー。裏で働く側と表で働く側と。

山本まあそういわれたら気分悪いけどな笑笑
一同 笑笑笑笑

山本まあ俺も内やねんけど…笑

聞き手①まあそれでも山本さんが占めるウエイトはでかいんじゃないですか。

小島そうだねー。

山本まあ…照

小島何照れてんの?w

山本いや、マネージャーの仕事っていうのは選手が分担してやろうと思えばできんねんけど、それをマネージャーが引き受けることで、いいパフォーマンスを引き出せるように、ってだけで、俺がいるおかげとか思ったことはないです。

聞き手① いいですねー、よくできたマネージャーさんなんでしょうねー。

小島えっ、なんかすごい上から目線笑笑笑

聞き手① そうじゃないですが、凄いニコニコで聞いているので笑

小島いやー、凄いいいひとなんだなあって思いながら聞いていたよ(笑)

聞き手② スキー部さんすごく仲が良いイメージがあります。

小島本当?そんなこともないよねー笑

山本まあ、個人種目やし、なんていうかなぁ、個人個人で競い合っていた李、そもそも馬が合わないとかもあるのに、合同生活しなければいけないっていうのもあるし…まあ色々あるといえばあるけど…。

小島ねえー。北海道で合宿の時とかは2か月くらい一緒にいるからねー。だから今回のン週間ていうのは、そんなに。ただ、大会期間なので、ピリピリしたところはありますねー。まあみんなお互い分かっていてうまくやる感じ。

聞き手① ごめんなさい。ずけずけと色々聞いてしまって。

山本、小島 いえいえ。

岡本お疲れ様です。これ、どうすればいいですか。

小島なんか適当にお話しすればいい。

岡本ああ、なんかお話し会的な?

小島、う、うんまあ…笑

聞き手② どうですか。アルペンのチーフに任命されて。

岡本任命って感じですね。不安だらけで。後輩にどう思われているのか。特に女の子ですねー。今までは愚痴を聞いても、傍観者で、第三者だったんですが、今は自分がどう言われているのかっていう。怖いなって(笑)

小島そんなの気にするなよー笑

山本まあそれはしゃあないな。気になるところではあるけど…。

聞き手② チーフとしてスキー部にどうなっていってほしいですか。

岡本男子が少ないので、増やして。いま女子におされている感じなので。今年男子が三人抜けるし…。

山本今年4回生が卒業したら、男子の選手が3人だけになって、女子が12人?かな。

小島そんないるんだ。

山本こういう比率になる中で、岡本がチーフになって。

聞き手② 明日もサブとして出られるんですよね。

山本スーパーサブやからなあ笑。

聞き手② どうですか。体力的には。

山本んんー、まあ別に…。

聞き手② 周りのひとにも言われているので、記事にしますねー。(笑)

山本それは森戸(編集長)がどういうかやな。

聞き手① 普段練習は?

山本いやしていないよ。マネージャーやもん。ただ人数足りなくて駆り出されました。今まではまだ人数いたんですけど…。結果が出なくて、そうなると人が来ないという悪循環になるんです。

聞き手② どうにかいい形で入ってくるといいですよねー。

山本やっぱ今は内部からいかに連れてこれるか。内部生は縦の繋がりがあるから。この連携を大切にして。まあ俺は最初知っている先輩がいるってだけで入ったからなー。

聞き手① 入った時から、マネージャーをしていて?

山本そう、なんていうか、大学で続けようと思う目標や気持ちがなくて、それでマネージャーに。

小島でも大学は絶対続けた方がいいと思う。

山本岡本聞き手①、②おっ?

小島だって絶対楽しいもん。高校とかは縛りがかなりあるけど、こんな自由でいいんだって笑

山本楽しそうやもんな。

小島やりたい人がやればいいと思うそうじゃない人はやらなくていい。でも同志社にそういう人はいてほしくない。かな。

山本まあそらそうやな。難しいな中々。



山本展望っぽい話をするんやったら…最上級生が俺と千香世だから、下の意見がちゃんとあがってくるのかなっていうのがちょっと不安。だからそこは何とかケアしたいなっていう。俺と千香世がこうって言ったらそうなりそうな気がする。

小島そうかな?あたしめっちゃ言われるよ?

山本お前のとこはそうやん(笑)マネージャーチームとかさ、俺がやれって言ったらやるし、こき使ってるし。

小島アルペンはめっちゃ聞くよあたし。1年生からね。「岡本さん、ありえないんですけど」って(笑)

聞き手① じゃあ、ちゃんと意見をいってくれるようなアプローチをしていきたいなって感じですかね。

小島はい、みんなで意見をちゃんと言い合って、いいチームだなって思えたら最高だよね!

山本岡本も俺らになんかあったら言ってほしいし。

小島でもこの前感動したよほんとに!なんかさ、チーフになった時にさ、「みんな団結して…」みたいなこと言ったじゃん?え、岡本ってこんなこと考えてるんだあって。岡本がしっかりしたこと言うから「え~!」って思って(笑)

岡本それはありがたいです(笑)

山本もとが低すぎんねん。

聞き手② アルペンチーフはなりたかったんですか?なってしまったという感じですか?

岡本姜利奈(グロ地3)っているじゃないですか。キャプテンが千香世さんだったんで、(小島は)キャプテン兼チーフじゃないですか。女性チーフだったから、(アルペンも)姜利奈かなあって思ってたんですけど、なってもうたかみたいな。

山本いやー、俺は岡本だと思ったけどなあ。

小島あたしも思ってたよ!

聞き手① どうですか?いままでは、上に立って引っ張っていくタイプでしたか?

岡本正直、着いていくタイプですね。まあ、やっていくしかないなという。

聞き手① スキーって個人競技ですけど、まとまりも求められるじゃないですか。練習でそういう雰囲気をつくっていくってのもありますけど、練習以外で、合宿の時とかそんな風にしていくとか決めていますか?

山本幹部決まってすぐだから、練習以外の部分の話とかあんまりしてないよな?

小島いや、でもうちらは、ランナーだけでは喋ってたよ!なんか、アルペン巻き込んじゃおうよ!って。ランナーがみんなRBTに住んでるから、パーティーしようぜみたいな話になってたんだけど。でも、仲良くないわけじゃないんだけどね。

聞き手② 仲良くないわけじゃなくて、近くないという感じですかね…練習はみんなバラバラなんですか?

山本冬は完全に、試合の時以外は。

小島ほんとに、インカレのときに3カ月ぶりに会ったって感じで。

聞き手② 春から秋は一緒にですか?

岡本一週間に一回くらい…ですかね。

小島で、全体合宿1週間に1回やるだけで、あとは夏合宿かな。

山本夏合宿も一緒の宿には泊まるけど練習は別だし。

聞き手① 去年湊屋さんが鍋でもしようかって言ってたんですけど、結局鍋はやったんですか?

小島あーちょっと被るからやめよう(笑)

一同 笑笑笑笑

小島なんか言っていたねー笑結局やったの?北海道で

岡本いやー、やりたい人だけですねー。

山本みんなそれぞれ忙しいからね。

小島でもうちら(ランナー)は毎日のように会ってるけどね。みんな同じところに住んでたらねえ。

聞き手① 距離が近くて言えなくなることとかありますか?

小島うーん、逆じゃない?距離が近いからこそ言えると思う。

山本でも微妙やなー。俺も言わんもんは言わんしな。

小島えーそうなんだ。でもまあ上に立つ人は嫌われちゃうことが多いから、あたしは思ったことは言うかな。

山本上から下には言えるよな。逆は仲良くてもなかなか…。

小島あたしはめっちゃ言われるけどなあ。ビビってるのは岡本くらいだもんな(笑)

山本でもアルペンは別に、ちゃんと先輩と思ってるやろ。

岡本はい。

小島あははっ(笑)

聞き手① どういうところにビビってるんですか?

岡本いや、優しいですね(笑)

山本ビビってるやん。

小島まあ、そんなにうちら喋んないもんね。だから分かんないよね。仲良くなろうな、じゃあ。

聞き手① 女子ランナーはチームのメンバーが変わらないと思うんですが、その分やりやすいですか?

小島それが今みんなで一番悩んでいるところで、ほんとにこの1年、チームワークは絶対に日本1レベルでいいチームにはなれたと思うんですけど。この下に入る子が決まっていて、その…4人が仲良すぎて、その子と一緒にまた5人のチームにしていかなきゃいけないけど、みんながその気持ちでいかないと。今年のノリで行ってちゃだめだし、みんなも1個ずつ年もあがるわけで、役割もみんな1個ずつ変わっていくからそこらへんをしっかり切り替えられるかがランナーの課題だと思ってる。

山本うん。

小島ずっと同じことしてても絶対に強くなれないから、切り替えと、自分の役割をしっかり考えれるかがカギですね。今年も「仲良すぎてダメなんじゃない?」って言われたけど、やっぱりこれが同志社の良さだから、この良さを生かしながら頑張っていきたいです。でも、こんなにチームワークがいいのに今年これだけの成績しか残せなかったんだから、やっぱり大会に出たチームよりは欠けてた部分がたくさんあったってことだから、そこらへんも見つめなおして、来年、ここ野沢に帰ってきた時に、インカレで終わった時にどうなるのか1人1人が考えてもう一回やり直すところはやり直していきたいと思うのが今です。

山本お互いが何を目指してどうしていきたいかが不透明になってた部分があったから、そこをもう一度確認して、お互い何をやっていくのか考えたい。具体的にどうしたらいいかはまだ分からんけど。とにかく熱いやつとぬるいやつが一緒にいる感じが1番嫌だったから、まあそうじゃなければ…。

小島1番の課題だと思うね。


インカレ優勝の期待がかかるクロスカントリー女子(左から小島、山石、渡邊)


岡本アルペンのことなんですけど、結構個人プレイが多くて、みんなバラバラなんですよ。合宿とかも決まっているのに、自分が高校の時に行ってたチームで練習してたりとかあったので、みんなが団結していくのが今目標としているので、応援するときは応援して、合宿の時はしっかり合宿へ行ってという感じで。

小島その辺はフォローし合って、アルペンはみんなでやっていかなきゃ改善しないかなって思っています。

小島あれ、締めのつもりだったんだけど、何話したらいいんだっけ。

山本来年どうしたいか。

小島あ、来年どうしたいかだね!でもさっきから何回も言ってるけど、やっぱりランナーとアルペン、マネージャーも全員巻き込んで、チーム同志社で夏から本当に全力で頑張って、インカレで心から応援し合えて、みんなで喜び合えて、悔しかったら一緒に悔しがったり、なんどろ…本当にチームワークというか、岡本が言ったように団結っていうところをテーマにみんなで協力しながらやっていきたいです。

聞き手①、② 分かりました、ありがとうございました。長くなってしまって…。

小島いえいえ、ねー、なんかほんと、ビジョンってか違うことも言っちゃったけど笑

山本岡本、千香世になんか悪口行ってみて笑

岡本んー、顔でかくなりました?

小島サイテー笑笑

聞き手① 笑この一幕使ってもいいですか?(笑)

小島えっ、顔でかいの下り?

聞き手① いや、、そんなつもりじゃ…やり取りをまあ、、

小島まあ使ってもいいけど…

山本まあ使うのはいいよ…

(聞き手 山縣悠、嘉藤奈緒子)


山本大暉(理工学部エネルギー機械工学科4年/同志社香里高校出身/大学ではマネージャー業務に徹する)

小島千香世(商学部4年/新潟県立新井高校出身/今年からスキー部の主将となる)

岡本晧平(経済学部3年/同志社香里高校出身/3年生ながらアルペンチーフとなる)


【主将セレクション2018バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について