同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
6月のWEB企画 : 自動車部
ルール紹介「自動車競技」

第8回

ルール紹介「自動車競技」


<企画概要は第0回のページをご覧ください>

 

今回は自動車競技について記させていただきます。


自動車競技にはジムカーナ、ダートトライアル、フィギュアの3つの競技があります。


まずはジムカーナについて。ジムカーナは舗装された路面にパイロンを配置し、決められたコースをどれだけ速くクリアすることができるかを競う競技です。通常のサーキット走行に比べるとスピードはあまり出ませんが、ハンドリング・アクセルワーク・ブレーキングのすべてを高い次元でこなす必要があるため腕の差が出やすく、非常に奥が深い競技です。また、ミニサーキットを使用する場合もあります。この場合は、スピードの領域も高くなるため基本的なパイロンを使ったジムカーナの技術に加えて、さらに一歩先へ進んだ技術や感覚が必要となります。競技の中ではもっともメジャーで人気のある種類といえるかも知れません。

 

ジムカーナ


次にダートトライアル。基本的なところはジムカーナと同じですが、こちらはコースの規模が違います。ダートトライアルの場合、コース全長が非常に長く、高低差もあるため、テクニックだけでなく度胸も重要な要素となってきます。運転に必要な基本的な技術はジムカーナと同じですが、路面が土なのですべての操作に対するレスポンスはワンテンポ遅れて返ってきます。また、先述したようにコースの規模が大きいため、最高時速が高いこともこの競技の特徴と言えるでしょう。
 

ダートトライアル

 

最後に紹介するのは、もっとも歴史の長い競技フィギュア。ジムカーナとダートトライアルがスピード競技であるなら、この競技は自動車の基本操作そのものを極める競技と言えます。競技内容は、路面にテープなどで引かれたコースをクリアするタイムと丁寧さを競う、と言ってしまえば簡単ですが、実際はそんなに生やさしいものではありません。まず、コースはボックスと呼ばれる自動車の最小回転半径以下の辺を持つ四角く囲まれた領域と、車幅に毛が生えた程度の幅の直線、そしてコースの脇から「枝」と呼ばれる規制線が道路中央に向かって何本も生えているスラロームから構成されます。競技に使う車は小型四輪と小型貨物の2種類があり、それぞれに応じてコースが設定されます。先ほども述べたように、この競技の要素にはタイム以外に「丁寧さ」という項目があります。つまり、単純に速ければいいというものでなく、クリアするまでに規制線を踏んだり、またははみ出したりすれば大幅に減点されてしまうため、常に4輪すべてのタイヤに気を配っておかなければなりません。小型貨物だと大型のミラーのおかげで運転席から向かって左前のタイヤが見えるのですが、普通自動車を運転されたことのある方ならご存じの通り、小型四輪では左前のタイヤがボディの死角となるため完全に感覚任せとなります。極めれば4輪すべてのタイヤの位置を目視せずとも,"感じる"ことができるらしいのですが・・・・・・。


以上が自動車競技の説明です。もし興味を持たれた方は一度サーキットまで足を運んでみてはいかがでしょうか。(渥美祐輔)

【6月のWEB企画バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について