同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
関西大学ラグビーAリーグ
惜敗するも手応えあり[サッ...
'18秋の展望「...
’18秋の展望「柔道部」
立命大相手に手応え[陸上ホ...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年10月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
主将セレクション2018 : ボウリング部
主将セレクション「ボウリング部」


ボウリング部主将セレクション 2018年を語る

福田太×佐藤太×横田

「関西制覇へ」


新主将の福田


なぜこの二人を選んだのか


福田 「近かったから(笑)っていうのは冗談で、副将と主務ってことでこれからチームを背負っていく二人だからですね。」


主務と副将の選考はどのように行われたのか


福田 「主務はしっかりしている人でって感じ」


横田 「しっかりしてるというか相対的しっかりしているように見えるという感じですね(笑)」


福田 「副将は来年以降ひっぱる人がいいかなーっていう感じですね」


去年の総括を聞かせてください


福田 「部としては微妙やったな。なんとも言えんかったっていうのが正直な感想かな。」


佐藤 「そうですねえ」


福田 「なんかふわふわしてたよね。まとまりきらんかったってのがあったな」


佐藤「雰囲気は楽しそうな感じですごく良かったですね。」


福田 「去年1年生やった身としてはどうやった?」


横田 「そうですね、ボーリングに関しては悪くはなかったんですけど、決めるところで決めきれないっていう印象がありましたね。」


福田 「それはそうよな。詰めが甘かったね。ただ個人としては最高のシーズンでしたね。積み重ねたものが咲いたって感じ(笑)」


今のチームの雰囲気


佐藤 「僕が正直思うのは、今出川組と京田辺組の意気込みが違うってことですね。今出川の方がやる気はあるって感じですね」


福田 「ボウリング場が少ないっていうのがあるからね。チームとしてはどう?むしろ俺が気になるんだけど(笑)」


佐藤 「練習の雰囲気としては去年より静かになった気はしますけど大きくは変わらないですね。僕の一個下の代が去年引退した先輩たちの雰囲気に似ててガヤガヤしてて楽しそうですね(笑)」


横田 「僕的には去年に比べてどしっと構えてる人が多い印象ですね。安定感がある人が多いって感じですね。」


福田 「今年は俺がしっかり引っ張るっていう意気込みでやってるんでそう感じるのかもね。怒るところは怒るしね。」


それぞれ注目選手はいますか


福田 「俺的には佐藤と澤田が来ると思うな」


佐藤 「僕は横田に期待していますね」


横田 「おお 選んでくれた(笑)」


佐藤 「一番面倒見ている後輩っていのもあるんですけど、彼ちょっと特殊で、みんなは片手で投げるんですけど彼は両手で投げるんですよ。しかもその両手投げっていうのも自分からやりたいって言い出したんですよ。」


福田 「そやったな(笑)」


佐藤 「教えてもらえる人もいないのにね(笑)」


なぜ両手投げにしたんですか


横田 「もともと、世界ナンバーワンプレイヤーのジェイソン・ベルモンテがいて、それを見てやって見たいなと思いました」


福田 「それ言いたかっただけやろ(笑)」


横田 「本当に最初からやりたかったんですよ(笑)」


佐藤 「こーやって言ってますけどこいつはそれでいい感じにできてますし、ボウリング好きなんで勝手に練習して勝手に上手くなっていくとおもいます」


福田 「そうだよね。勝手に練習して勝手に上手くなるのが一番いいよね。派遣のバイトで稼いだ金をそのままボウリング場で全部使うとかしてからが本番だよね(笑)」


今期の目標は?


福田 「チームとしての目標は決まっとるよね。30年ぶりくらいの関西リーグ優勝です。今年こそ優勝しますよ。ガチで目指してます。」


横田 「端的にいうとジェイソン・ベルモンテになることです」


佐藤 「言いやがった(笑)これ使ってください(笑)」


福田 「絶対みんな知らんって(笑)実際なれたら最高ですね。なってくれたらありがたいわ(笑)」


佐藤 「真面目な話に戻りますけど、僕の目標は関西個人リーグ優勝ですね。」


福田 「個人戦は優勝せなな」


佐藤 「あとはアベレージを210ぐらいまで持っていくことですね。」


福田 「いいな、打ってくれると嬉しいな」


佐藤 「ここ最近は203、4ぐらいなんでもう少しって感じですね」


福田 「僕は関西学生個人優勝ですね。去年は準優勝だったんで、今年こそは!って感じですね。やっぱ準優勝と優勝は違うんでね。俺トップやー!って言えるじゃないですか(笑)」


一同(笑)


横田 「ぼくも真面目な話をすると、僕はフォームを安定させたいですね。スコアは出なくてもいいからとにかく安定させたいですね。少なくとも秋までにはなんも考えずに投げれるようになりたいですね。」


福田 「それが一番やな」


横田 「スコアは195ぐらいが目標ですね」


今回の対談では、ボウリング部の向上心が見て取れた。下級生から上級生までが自分の目標を明確に持っている。現状に満足せずさらにレベルアップしようとする彼らが関西を制する日は近いだろう。(聞き手・藤田友樹)




左から

▶︎横田仁志(法2)世界ナンバーワンプレイヤーであるジェイソン・ベルモンテに憧れる新主務。

▶︎佐藤健太(商3/172㌢/60㌔/名城大学付属高校)今期から副将を務めるチームの主軸。

▶︎福田健太(商4/172㌢/56㌔/東邦高校)チームを精神面、技術面で引っ張る新主将。ベストスコア290を誇る。



【主将セレクション2018バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について