同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
大学アイスホッケー交流戦
13人でつかんだ勝利
‘18ルーキー特集「ラクロ...
3年生チームで勝利掴む
‘18ルーキー特集「ラクロ...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
'18春の展望 : アメリカンフットボール部
’18春の展望「アメリカンフットボール部」

一直線に並んだ11人の男たちが、蹴り出されて宙を舞う楕円球を懸命に追いかける。春と呼ぶには程遠いカンカン照りの太陽の下、アメリカンフットボール部の2018シーズンがスタートした。


昨冬、神大との入れ替え戦に敗れDiv.2へと降格したWILD ROVER。秋のリーグ戦で入れ替え戦へ出場し、Div.1へと復帰するためにも、数少ない春シーズンの試合で結果を残すことが求められる。



試合前のハドル



去る4月21日に行われた慶大との第70回定期戦。第1回甲子園ボウルでも対戦した慶大との伝統ある戦いであったが、21-24と惜しくも敗れた。2018年初の試合は課題の多く残る結果となった。しかし、決して実りがなかったわけではない。



ブロックしようと前へ出る森脇(写真中央右)



主将を務める森脇(文情4)を始めとしたOL(オフェンスライン)陣は、相手DL(ディフェンスライン)をプレー終了のホイッスルが鳴るまで押し続け、3つのTD(タッチダウン)を奪った。そのほかにも、選手全員が走る足を止めず、最後までプレーし続ける「ALL OUT」を体現して見せた。森脇率いる新生WILD ROVERは、確実に「勝てる」チームへの発展途上にある。



試合中はスナッパーとしてプレーする影山



選手兼主務として、多方面からチームを支える影山(GR4)は、「OB・OGの方々へ恩返しができるよう、選手とスタッフが一体となって勝利したい」と語る。練習や試合は、多くの人の支えがあって成り立っている。支えてくれるすべての人々への感謝を原動力に、「勝てる」チームから「勝つ」チームへ。彼らは今日も、楕円球を追いかける。(上野孝輔)

【'18春の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について