同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
大学アイスホッケー交流戦
13人でつかんだ勝利
‘18ルーキー特集「ラクロ...
3年生チームで勝利掴む
‘18ルーキー特集「ラクロ...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
'18春の展望 : ボクシング部
'18春の展望 「ボクシング部」

目標はただ一つだけ。リーグ制覇だ。毎年この栄光に向かって汗を流すも、結果は振るわれずにいた。最後にそれをつかみ取ったのは2009年のことだった。当時の同志社の強みの秘密は「総合力」。大きな壁にぶつかった時でもチームが一丸となり、全員で乗り越えたのだ。


チームを率いる福田主将(文情4)


そして2018年。福田率いる同志社ボクシング部はその栄光を取り戻そうとしている。なにより、昨季は下級生の活躍が目立った。去年の団体戦でのメンバーは9人のうちの6人が部に残っている。さらには特に会場を沸かせたのはこの元・ルーキーたちだ。高校時代には全国大会準優勝を成し遂げた森下(スポ2)、昨シーズンの開幕戦で先陣を任され、圧巻の戦いぶりをみせた松本(社3)。一年がたち、さらに力をつけたこと間違いないだろう。推薦が一人もいない4回生たちだって負けちゃいない。試合経験も豊富で、なにより皆が認める努力家ぞろいだ。さらに今年はラストイヤー。今季にかける思いは炎のように燃え上がっている。


相手の隙をうかがう松本(社3)


昨季、鮮烈デビューを果たした森下(スポ2)


「下級生からも気兼ねなくアドバイスしてくれる」主将はチームの雰囲気をこう語る。先輩後輩関係なく、指摘し合うことでお互いを高めあうことができる。かつての総合力はいまだ健在だ。それに加え、勝つための役者がそろっている。期待が高まる今年の同志社。負けるわけにはいかない。

初戦は昨年3位、そして敗戦している大阪商業大学。一打に思いを込めて、チームで勝利をつかみ取る。そして、悲願の関西リーグ制覇へ。始まりのゴングが鳴り響く。(三好暉)


【'18春の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について