同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
西日本学生新人戦
春関4日目 同志社全勝!
開幕戦でつかんだ2つのメダル
近畿男子の日常~オフシーズ...
近畿男子の日常~オフシーズ...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年5月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
'18春の展望 : バレーボール部
'18春の展望「女子バレーボール部」

彼女たちが見据えるのはただ一つ「1部昇格」だ。4月15日に春季リーグの幕が開けたが2連敗と厳しい結果が続いている。実力が拮抗している女子2部で1部に昇格するのは容易なことではない。チームは目標達成のため越えなければならない壁に立ち向っている。


試合前気合を入れる選手たち


新チームを率いるのは、ライト・赤塚知咲(スポ4)だ。165㌢と高身長ではないものの、相手のコートに落とす絶妙な攻撃が持ち味としている。チームについて誰よりも考え頼りがいのある主将だ。試合でもピンチの時に流れを変える攻撃でチームを支える。

アタックを放つ赤塚


現在選手は9人と試合に出場するために6人が必要なバレーボールにおいて余裕のない人数だ。しかし、経験を積んでいる選手が多くいる。エースとして活躍する中川真奈(スポ4)。178㌢から繰り出される強烈なスパイクはチームから絶大な信頼を得ている。次にセッター・永井優名(商4)。チームの司令塔として同志社のアタッカー陣を自在に操るだけでなく自身もツーアタックで攻撃を多彩なものにしている。2人は2年生から試合に出場しチームに貢献している。またミドル・大山莉央(商4)は持前のジャンプ力と機敏な動きで相手を翻弄する。ラストイヤーを迎える彼女たちの活躍が期待されている。


空中戦をする永井


点を決め喜ぶ中川


新しい代になりスパイク力の向上を課題として練習に励んできた。しかし、試合ではレシーブで粘りを見せても決定打を出せず歯がゆい状態が続いている。アタッカー陣がうまく機能しなければ得点することは難しい。悲願の1部昇格達成への道のりは平坦ではないが全員バレーで勝利を掴んでほしい。(平野紗有里)

【'18春の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について