同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第91回日本学生氷上競技選...
第91回日本学生氷上競技選...
立命大に快勝し、秋リーグ準優勝!
入賞者おらず、苦しい結果に
'18秋の展望「...
'18秋の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年11月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
'18春の展望 : テニス部
'18春の展望 「テニス部」

春風が吹き始め、暖かい季節が訪れた。同志社テニス部の新たな戦いの幕開けを意味する。5月20日から靭テニスセンターにて行われる関西学生春季テニストーナメント本戦。通称春関。インカレに繋がる重要な試合だ。この春関に向けて、選手達は日々練習を重ねている。



3月に行われた新進では、中山(スポ4)・大窪(法2)組がダブルス優勝という輝かしい成績を残した。中山は昨年の新進でもダブルス準優勝という好成績を修めている。しかし、昨年はその後の春関で納得のいく結果を残せていない。今年は新進での勢いをキープし、春関でも表彰台を狙う。大窪は「思い切って、もう1回チャレンジャーみたいな感じでいければいい」と新たな気持ちで今大会に挑む。



ハイタッチをする大窪(法2)・中山(スポ4)


表彰式での中山・大窪



新進で男子シングルスベスト16進出を果たした岩田(商4)は以前、春関に向けてサーブを磨くことや、ボレーに出る展開を作るなど、具体的な課題を口にした。一昨年はインカレ予選出場権を獲得したものの、昨年は出場権を獲得できなかった。課題を修正し、成長した姿で昨年のリベンジを目指す。



新進での岩田(商4)



女子エースの大塚(商2)は、「インカレにも繋がる1番大事な試合なので、しっかり1回戦から勝って、頑張りたい」と1試合1試合着実に勝利していくことを決意した。大塚は昨年、1年生ながらも春関本戦に出場し、インカレ本戦出場権を獲得している。新進は惜しくも準々決勝で幕を閉じたが、今大会では更なる活躍が期待される。


女子エースの大塚(商2)



歓喜のダブルス優勝から2ヶ月。1ヶ月後に迎える春関に向けて、選手たちは追い込みをかける。今年は昨年より1人でも多く全国へ。インカレの切符をかけた熱き戦場が今開幕する。(鈴木葉)


【'18春の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について