同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
大学アイスホッケー交流戦
13人でつかんだ勝利
‘18ルーキー特集「ラクロ...
3年生チームで勝利掴む
‘18ルーキー特集「ラクロ...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
'18春の展望 : 居合道部
'18春の展望「居合道部」

道場に差し込むうららかな春の日差しを、白銀の刀が切り裂いた。主将日笠(理工3)が納刀し、副将足立(経3)が声を張り上げ、副将塚本(生命3)が辺りを見渡す。新たに指導した第57代日笠組は、今日も道場で剣を構える。


西の長は、圧倒的な演武を武器に、幾度となく西日本の頂に君臨し続けてきた。全国でもその名を馳せ、正真正銘の強豪校として学生居合界をけん引する。けれども同部は、2年連続で全日本制覇を逃しており、西日本でも宿敵・京大に差を詰められつつある。

道場で足立が叫び続ける「日本一」の一言。圧倒的な強さに魅了されて入部した幹部達は、同部の復権に向けて”口動”で剣士達を鼓舞する。下級生の入部は様々でも、「強さ」という魅力が消えては意味がない。王者としての立ち居振る舞いを忘れることなく継承していく。

演武を披露する足立


この2年間は全日本王座を逃し、決勝に駒を進めることもなかった。王座陥落の瞬間を選抜メンバーとしてではなく、応援席から見続けた57代は「二重の悔しさ」を味わった。代表メンバーに誰1人として選ばれておらず、全日本制覇の瞬間に立ち会えていない。

団体戦経験者がゼロということは、例年以上に手探りの要素が強い。その中で他大学を相手にしていくのに不安感を抱くも、「王者」としてのプライドは譲らない。「確かに誰も選ばれなかったし、『王者』同志社として全日を取りきれなかったし、個人としても頂から遠のいている。やはり『王者』というからには、この成績を超えていきたい。今年は『王者』を取り戻したい」と塚本。物静かな剣士達は、今年の王座復権へ闘志をあらわにした。

演武を披露する塚本


掲げる目標は、今年も「西日本優勝」「全日本入賞」「全員入賞」の三本柱だ。それに加え57代は「オン・オフの切り替え」にも重点を置く。昨年掲げられた「日本一の道場作り」も再確認し、競技力だけでなく一人間として高みを目指す。

次なる大舞台は7月の西日本大会だ。団体戦経験者ゼロの57代は、頂を目指し模索が続く。全日本王座復権へーー。まずは鍛錬の日々を送る。

【'18春の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について