同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
西日本学生新人戦
春関4日目 同志社全勝!
開幕戦でつかんだ2つのメダル
近畿男子の日常~オフシーズ...
近畿男子の日常~オフシーズ...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年5月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
主将セレクション2018 : ボードセイリング部
主将セレクション 「ボードセーリング部」

   ボードセーリング部主将セレクション2018年を語る

  横田×森田

 「礎を築く」



主将が今回の対談相手に森田さんを選んだ理由ーー。

森田「あ、俺選ばれたん!!」


横田「やっぱり考えが一番似ていると言うか、俺が考える主将像やから裕弥(森田)しかいないなと思って。」


森田「いやー、裕弥って感じで副将が行くもんやと思ってたから、ちょっと嬉しいですね。頑張らないとなって思いました。」


幹部決めについてーー。

横田「話し合いやな」


森田「話し合い。(横田は)実力があるから、やっぱそこやね。揉めたりは全くなかった。」


横田「なんで逆に俺やねんってゆう揉め方なったな。」


一同「(笑)」


森田「駄々こねてたから、ずっと(笑)。なんでやねんなんでやねんおかしいやろって。」


横田「おかしいやろ、実際(笑)。」


森田「副キャプテンはまあって感じで。」


横田「こいつしかおらんやろって感じで決まった。俺がしっかりしていないぶん裕弥(森田)を副将におこうってなった。」


森田「いや、なんか一心(横田)って結構内面が可愛いから僕もサポートってゆうか、足を引っ張らないようにしたい。辛い時にバッとサポート入れるような副将になりたいです。」


新チームの雰囲気についてーー。

横田「まだ緩いと言うか、怒りきれていないところがあって、1個下の学年は結構実力もあるし、なんかキツく言えないと言うか、まだフワってしてる。」


森田「そやね。でも、いいところもある。4回生がすごい協力的で今までなら4回生はドーンとしてて4回生って感じやったけど、僕ら運営側に気を使ってくれて、協力的でそれも今年卒業した奥村さん(経済卒)が中心となってそうゆう雰囲気をチームに染み込ませてくれて、今の4回生も引き継いでくれてるから俺らもやりやすくやってけそうやなって感じやな。」


横田「俺らがあんまり結果残せてなくて、(2年生の中に)結構すごいやつらがいるから、中村幸太郎(政策2)とかがめっちゃ早くてウィンドに対してはあまりきつく言えない。どうしても俺より優れてると思っちゃう。」


森田「そんなことないんやで、本当は(笑)。一心は(横田)自分を謙虚に見せてがるから。」


ボードセーリング部はとても仲がいいイメージがありますがーー。

横田「仲は良い。俺らが1回生の頃は4回生は話してはいけない存在なんかなって思うくらいやったけど、今はみんな仲良いかな。」


森田「今は緩い。緩すぎるな。」


横田「楽しくしようとすると緩くなっちゃう。そこが難しいよな。ベストな位置って難しい。」


森田「関学とかどうやってやってんのかな。バケモンみたいに速いやつも生み出すし。」


チームの特徴についてーー。

一同。」


横田「なんかある?人数が大きくらいしか思いつかん。なんやろ。」


森田「内輪って感じせん?」


横田「確かに!!」


森田「その(同志社と立命の合同チーム)中で(レースが)速い人が速いってもんな思ってるって感じ。」


横田「同立内でしか情報共有共有しないし、他の大学は結構大学関係なく、共有してる。」


森田「その強さは1番くらいじゃない?」


横田「うん、あかんことやけど(笑)。」


今年の注目選手はーー。

横田「確実に裕弥(森田)。」


森田「違う違う違う(笑)。」


横田「ほんまに!ほんまに!(森田は)理系やから土曜日に練習来られへんくて、授業も忙しいし。正直2回生の頃は成績も微妙で、負ける気は全然しなかったんやけど、3回生になったというかこの春休みなった瞬間めっちゃ練習しだして、今はすごい。裕弥に負けてくないから練習してるところはある。最近他の人と練習してる時と裕弥と練習してる時は熱が違う。ほんまにこれだけは言わして欲しかった!」


森田「恥ずかしい(笑)。けど、やっぱり試合は学部が理系とか関係ないし、言い訳にはできないからね。俺は誰にしよう。言ったら頑張ってくれそうな人言おうかな(笑)」


横田「ナガトモ(永野・理工2)は?」


森田「ナガトモ言っとこうか。幸太郎(中村)も速いけど、今年は永野共喜がきます!結構破天荒な感じのやつやけど、すごい今真面目にやってて1番頑張ってる。本当に頑張ってる。あと、面白いし(笑)。」


チームの今年の目標についてーー。

一同「団体優勝」


横田「それとインカレ予選で2回生は半分、3回生以上は全員通過。あと、インカレ新人戦は3人以上入賞。俺個人の目標というか、俺が実際思ってるチームの目標は関西選手権2戦目、3戦目で団体優勝したい。」


森田「俺も関西選手権は一心と団体で優勝したい。」



新チーム発足から早1ヶ月が過ぎた。試行錯誤しながらも懸命にチームを支える主将と副将によって同志社ボードセーリング部は次のステージへと歩みを進めていた。今年度のスローガンは「礎」。数々の同志社セーラーが口にしてきた「強い同志社」を目指して、まずは目の前にある1戦1戦を戦い抜き、その「礎」を築く。(岡本真子)



横田一心(法学部3年/17967/国際基督教大学高等学校)

今年度の主将。昨シーズンは現3年生の中で唯一インカレ個人戦出場を果たした。得意風域は微風。高校時代はバスケットボール部に所属。


森田裕弥(生命医科学部3年/17765/福井県立武生高等学校)

今年度の副将。この春、急成長を遂げている選手の1人として期待される。得意風域は中風。高校時代は柔道部に所属。




【主将セレクション2018バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について