同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
関西大学ラグビーAリーグ
優勝・昇格決めた!
開幕4連勝で流れに乗る
'18秋の展望「...
'18秋の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年10月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
主将セレクション2018 : 航空部
主将セレクション「航空部」

航空部主将セレクション2018年を語る

谷壮×大倉

「春の空に百花繚乱」

左から、谷(法3)大倉(経済2)



幹部交代が二月にありました。山口さんから頂いたお言葉はありましたか。

 去年のスローガンが「百花繚乱」で、個性を大事にして航空部をやっていくというのが、一つの目標でした。これを是非とも引き継いで欲しいと言って頂きました。人数が少ないというのが今年のネックなのですが、これらを大事にやっていってほしいと言われました。



現在は二回生が2人ですか。

 新年度二回生が2人、三回生が1人です。



人数が少ないので、やはり新年度はたくさんの人に入ってもらいたいですか。

 それが第一目標ですね。それと同時に上級生は少ないままなので、その上級生がそれぞれの仕事を抱え込まない状況を作るのが大事だと思います。それぞれが共有してみんなで問題に当たれればと思います。



大倉くんはどう副将として頑張っていきたいですか。

 大倉来年は谷さんが主将だけでなくピストという忙しいポジションにもつかれるので、主将の仕事など重なる部分をフォローできたらと思います。

 大倉何点ですかね。

 3点。敬いが少ない。

 大倉残りの97点は全部それですね。



新入生に対してのアピールポイントや魅力はありますか。

 僕らはこれをスポーツとしてやっているのですが、男女の差がうまれない競技ですし、階級差なども無く、平等にプレーできるところが魅力だと思います。経験者も皆無で、大学から始められてスタートラインが同じであることもアピールポイントです。



他大学との交流が多いことも魅力ですね。

 そうですね。それは是非書いて欲しいです。他大学ともかなり仲良くなれます。自分の大学の同期と他大学の同期と、自分の中ではあまり違いはありませんね。一つの部活のようでありながら、試合になるとライバルになるという良い関係だと思います。



新歓の日程は決まっていますか。

 大倉4月3、4日に今出川のブースでピザを配ります。5日には「みんなで巨大パフェを食べにいこう」という企画もあります。京都の大学の航空部が合同で行うイベントです。4月の11日には、ANAのパイロットの方に来ていただいてお話しを伺うという機会も作りました。

 同志社ではないですが、航空部のOBの方に来て頂きます。

 大倉4月の毎週土日には体験搭乗も行います。

 僕らが送迎も行います。行なうのはここ(木曽川滑空場)です。同志社から僕らの車で送迎します。保険のお金で1000円は頂きますが、その中に送迎と食費と飛行代も含まれますのでお得になっていると思います。4月は桜も咲いて、ランウェイはタンポポで黄色に染まるのでとても綺麗ですよ。



谷君は同志社だけでなく、他大学も引っ張っていかないといけない立場ですよね。意気込みはありますか。

 こういう何かを学生がするにあたって気をつけないといけないことは、何かをすることでうまれる義務と責任を持たないといけないということです。これがなければ務められないと思います。気を強く持って活動にあたれればと思います。


空を飛ぶグライダー


もともと何がきかっけで入られたのですか。

 体験搭乗ですね。もともと体育会には入りたかったんですが、体を動かすのが得意な方ではなかったんです。その折衷案で考えたのが射撃部か航空部でした。航空部の体験搭乗で魅せられ、楽しいなと思い入りました。



その楽しいという気持ちは、責任と義務がうまれたなかでも感じるものですか。

 もちろんですね。何かをするにしても根底にあるのは「飛ぶのが楽しい」という気持ちです。「飛ぶのが楽しい」からこの仕事も頑張ろうとか、「飛ぶのが楽しい」から新歓も頑張ろうと思います。「飛ぶのが楽しい」からこの部は残していかないといけないとも思っています。僕らのどんな行動の原理にもこの気持ちがありますね。原点はこの気持ちですし、今も持ち続けている気持ちです。



体格的な問題というのはありますか。

 あまりに高身長だと、2メートルぐらいになってくると入りにくいかもしれないですね。あとは体重が100キロぐらいになると体重制限にひっかかるかもしれないです。そんなに多いことでは無いですね。あとは操縦桿が左利き用はないので、左利きの方は少し苦労はするかもしれないです。あまりそういった話も聞かないですけどね。

教官の体重が小屋の方に張り出されていましたが、どういった意味があるんですか。

 グライダーにのるにあたって、重心がどこになるのかを計算する必要があります。例えば後ろの人が150キロで前の人が30キロとかだと、重心がずれてきちんとした飛行ができなくなってしまいます。そのための早見表みたいなものですね。



高速道路での牽引は、きつめのカーブの時はどうされているんですか。

 前田(前前主将)きついカーブや細い道はそもそも行かないですね。ルートはよく考えてから行くようにしています。バックは面白いですよ。右に切ると牽引車は左に行くんですね。真ん中の接続部分は固定されているわけではなく、そこで曲がります。それを考えながら駐車やバックをするのは面白いです。あとは高速道路に乗っていると、高速バスの人たちがめっちゃ見てきますね。新歓の時はそれで校内をぐるぐるまわっています。



最後に一言お願いします。

 とても楽しい部活です。この一言に収縮されますね。色々な経験ができますし、軒並みな言葉になりますが、大学でしかできないことだと思います。是非とも新入生には来て頂きたいです。


 大倉新歓隊長として色々な企画も考えていますので、新入生にはイベントを楽しみながら航空部を知ってもらい、是非とも入って頂きたいなと思います。


(聞き手 宮ノ原幸佑)




プロフィール


谷壮大(法学部政治学科3年)

今年は同志社だけでなく、他大学も率いる立場となった。


大倉久考(経済学部経済学科3年)

谷からの信頼は厚く、航空部への愛は強い。


【主将セレクション2018バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について