同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
関西大学ラグビーAリーグ
武庫川女大に粘り勝ち!3-...
悔い残る5位
'18秋の展望「...
'18秋の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年10月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
'18ルーキー特集 : サッカー部
'18ルーキー特集「サッカー部男子」

今期から1部に戦いの場を移した同志社サッカー部。しかし今期9節終了時点で未だ白星を挙げられていない。この苦しいチーム状況の中で奮闘するルーキー達がいる。敷田唯(社1)と伊藤駿光(スポ1)、池平直樹(商1)の3人だ。

敷田は名門・星稜高校出身で、屈強なフィジカルと鋭い読みが持ち味のCBだ。望月監督からの信頼も厚く今期全試合出場を続けている。第2節は相手選手との接触で目の周りを激しく打つ怪我を負ったが、その後すぐに復帰しフル出場を果たすなど頑丈な体も武器の一つとなっている。星稜高校時代はキャプテンを勤めていたことから将来のキャプテン候補としても期待できる存在である。


体を張ったディフェンスが売りの敷田


伊藤は清水エスパルスユース出身のSBで、2014年にはU-16日本代表候補にも選ばれている逸材。監督が「クレバーな守備ができる」と評す安定感のある守備と、時折見せるオーバーラップからの攻撃参加が魅力の選手だ。ここまで9試合中8試合に出場しており、うち6試合はスタメンとコンスタントに試合に出場している。


クレバーな守備が持ち味の伊藤


池平は4節の桃山大戦でデビューを果たすとそこからスタメン出場を続ける成長著しいインサイドハーフだ。よく中盤でコンビを組む杉原(スポ4)は池平の印象を、「止める、蹴るといった基本的な技術がしっかりしていて、ボールを取られることが少ないから安心感がある」と語った。


ボランチとしてボール奪取にも優れる池平


ここまで9戦勝ちなしと苦しむサッカー部。しかしリーグ戦はまだ終わってはいない。主力として活躍するこのルーキー達と既存の戦力が融合し完成度が増せば、自ずと勝利は見えてくるだろう。目標である1部残留に向け、チームは一丸となり走り続ける。(藤田友樹)


○プロフィール

敷田唯(しきた・ゆい) 星稜高校出身。ポジションはセンターバック。178㌢、70㌔。社会学部1年。

伊藤駿光(いとう・たかみつ)清水エスパルスユース出身。ポジションはサイドバック。174㌢、61㌔。スポーツ健康科学部1年。

池平直樹(いけひら・なおき)岡山学芸館高校出身。ポジションはインサイドハーフ。167㌢、58㌔。商学部1年。




【'18ルーキー特集バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について