同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
2018年度 関西大学バレ...
関西学生バスケットボールリーグ戦
今までで一番の夏をーーー
'18夏の展望「...
月1座談会 第5弾「縁の下...
課題見えた全日本ダート
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年8月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
'18ルーキー特集 : ソフトボール部
'18ルーキー特集「ソフトボール部女子」

「color」今年のソフトボール部女子のスローガンだ。それぞれが自分の色を出しつつまとまったチームにする。そんなスローガンにふさわしい個性豊かなルーキー11名がソフトボール部女子の一員となった。今回はその中から3名を紹介したい。



ヒットを放つ橋本



1人目は橋本芽衣(スポ1)だ。元々は少年野球チームに入っていたが、クラブチームの監督の誘いで中学からソフトボールを始めた。高校2年時にはインターハイで準優勝を果たした。しかし3年時ではインターハイ出場もかなわず、大学でもソフトボールを続けることを決意した。

春季リーグでは主に1番、3番で出場した。持ち味はバッティングだ。二塁打を5本、三塁打を1本打ち、長打力を発揮した。足にも自信があり、足を活かした攻撃も期待できる。春季リーグは「まだ勝負弱さがあった」と振り返った。目標に掲げる「チームに絶対いないとだめだと思ってもらえる選手」になるべく、走攻守すべてにさらに磨きをかけていく。



塁上でベンチに笑顔を見せる冨山



2人目は冨山綾音(スポ1)だ。小学校では野球をしており、中学校からソフトボールの道に進んだ。中学時代は全国の舞台を経験した。しかし日本一は果たせず、高校に進学しても日本一を目指し続けた。

同志社でのソフトボールは今までとは異なる。選手主体で試合を進めるとうことは、「良い結果も悪い結果も自分たち次第」だ。だからこそ「自分たちで試合を盛り上げられる」と魅力を語る。

春季リーグは主にサードでの出場だった。足に自信を持つが、持ち味を発揮できなかったと反省した。「とにかく塁に出てかき回したい」。来月の近畿予選では自分の役割を果たし、チームに貢献すると誓う。冨山の足が同志社に勝利をもたらすだろう。



守備につく藤井



最後は、藤井志織(文情1)だ。藤井も橋本、冨山と同様に野球経験者だが、ソフトボールを始めたのは高校からだ。転機は高2の春だ。調子を落とし、Bチームに降格した。「悔しさがバネになって頑張ろうと思えた」。そこから這い上がり、インターハイ出場に貢献した。

しかし、高校時代のソフトボールに楽しさはなかった。プレッシャーから自分のプレーが出来ないと悩んだこともあった。同志社は上下関係が良い意味で厳しくなく、チームの仲も良い。「楽しくできる。入ってよかった」と笑顔を輝かせた。

バッティングの技術向上が目標だ。苦手なコースをなくし、間を抜くバッティングをすることを目指す。チームでは「よくいじられる」と語る。持ち前の明るいキャラクターはチームの雰囲気をさらに良くするだろう。



笑顔でガッツポーズを決める藤井、冨山、橋本(左から)



今回紹介した3人はもちろん、ルーキー11名全員がこれからの同志社の大きな戦力となることは間違いない。目指すは1部復帰、インカレ出場だ。それぞれが持つ鮮やかな「color」は、明るい未来を描いていく。(水納愛美)



〇プロフィール

橋本芽衣(はしもと・めい)

スポーツ健康科学部、161㌢

香ヶ丘リベルテ高校出身

趣味は食べること



冨山綾音(とみやま・あやね)

スポーツ健康科学部、153㌢

神村学園高校出身

趣味は食べること



藤井志織(ふじい・しおり)

文化情報学部、152㌢

鳥取城北高校出身

趣味は音楽、ライブ映像観賞


【'18ルーキー特集バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について