同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
全日本学生RCS第4戦白馬...
'18ルーキー特...
'18ルーキー特...
目標に向けた各々の戦い
新顔健闘!西日本でもV連発
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年6月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
'18ルーキー特集 : 弓道部
'18ルーキー特集「弓道部」

今シーズン、輝かしい成績をおさめている同志社弓道部。この立役者となっているのが、今年新たに入部した期待の弓士たちだ。

 

 

京都選手権で優勝を果たした森下(商1)

 

 

森下湖晴(商1)。控えめな笑顔が印象的だ。彼女が弓を持つと的を見つめる真剣な眼差しに変わる。弓道を始めたきっかけは単純にかっこいいという理由だったが、高校時代、国体で2位を獲得するなど、森下の才能はすぐに開花された。憧れの飯田(神3)のいる同志社に入部してからも、彼女の勢いはとどまることを知らない。先日行われた、京都選手権では、女子個人で優勝を果たした。しかし、彼女を優勝に導いたのは、生まれ持った弓道の才能だけではない。ひたむきに弓道に向き合い、誰よりも多く道場に足を運んでいたからだ。この優勝に満足していなく、今後の目標は日本一と語る森下。この持ち合わせた才能と努力を惜しまない彼女は、この目標を達成する日は遠くない。

 

 

的を狙う関(スポ1)

 

関裕太(スポ1)。爽やかなイケメンボーイだ。小学校の頃はサッカー少年だった。県選抜に選ばれるほどの運動神経を持っている。関は、母の勧めで弓道を始めるが、持ち前の運動神経でめきめきと上達していった。高校時代は、団体でインターハイ優勝、選抜大会優勝と実績を残している。大学では、まだ大きな結果は残せていないが、これからに期待ができる選手だ。彼は、個人戦よりも団体戦のほうが好きらしい。メンバーの失敗をカバーしあい、全員で勝ちを目指す。彼には、サッカーの協力プレーの精神が宿っているようだ。彼が、今後同志社弓道部を頂点に導く先導者となる。(西村百乃)

 

 

左・森下湖晴(商1) 右・関優太(スポ1)

 

【プロフェール】
〇森下湖晴(もりしたこはる)
商学部1年
広島文教高校出身

 

〇関優太(せきゆうた)
スポーツ健康科学部1年
清真学園高等学校出身


 

【'18ルーキー特集バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について