同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
近大に快勝。大学選手権へ望...
田辺での最終戦を完勝で終える
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
6月のWEB企画 : フェンシング部
ルール紹介「フェンシング」

第15回

ルール紹介「フェンシング」

 

今回は、フェンシングのルールをご紹介します。

マイナースポーツである故、太田雄貴選手(商卒)がオリンピックで活躍するまで、競技そのものを知らなかったという人も多いのではないでしょうか。フェンシングは、フルーレ・エペ・サーブルの3つの種目に分かれています。今回は大まかなルールとこの3つの種目の違いについて説明したいと思います。

 

フェンシングは、幅1.8 メートル、長さ18メートルのピストと呼ばれる台の上で、1対1で対戦する競技です。相手の有効面を狙って攻撃し、1ポイントずつ得点していきます。個人戦では3分間の5本勝負×3で、15ポイント先取した方がその時点で勝利となります。3ラウンド終了時に15点に満たなかった場合は、得点の多い方が勝ちです。


最も特徴的な部分は、電気審判器を用いるというところです。審判機の電気はピストの端に置かれたコードを通し、選手の剣の先まで電気のコードつながっています!その剣を相手選手の有効面に当てると審判機のランプが点灯する仕組みになっています。
しかし、試合には審判がいて、とても速い動きを実際に目で見て判定するため、試合中抗議が起きることも珍しくはありません。

 

 選手は常にコードに繋がれた状態でプレーする(写真は男子エペ:荒金・スポ3)

 

では、3種目の違いを説明します。

≪フルーレ≫
相手の有効面を剣先で「突く」ことで得点します。
フルーレの有効面は3種目の中で最も狭く、首から上と両腕、両脚をのぞいた胴体です。
選手は有効面にメタル・ジャケットを着用します。また、フルーレに特有の“攻撃権”があり、相手の剣を叩くなど攻撃の意思を示してからでないと、有効面を突いても得点は認められない、少し複雑な種目です。
この競技で有名なのが太田雄貴選手です。剣と剣の払いのけの動作が多い分、試合の見応えも抜群です!

 

 

≪エペ≫
フルーレ同様、相手の有効面を「突く」ことで得点します。
最も大きく異なるのは有効面で、頭のてっぺんから足の先まで全身どこでも、突けばポイントとなります。攻撃権もなく、フェンシングの中で最も解りやすいシンプルな種目といえるでしょう。また、唯一両突き(双方が得点)がある種目です。
互いに全身を狙える分、攻めも守りも慎重になることが多く、1点1点が貴重なものになります。
先日行われた王座決定戦で、同志社の男子が見事優勝を決めたのがこのエペです!

 

 

≪サーブル≫
こちらは上記2つの種目とは違って「突き」に加え「切り」の攻撃ができる種目です。
サーブルの有効面は上半身全体で、攻撃権はありません。
相手を切りつけて得点を奪い合うため、足を使って素早く攻めることが主となります。激しい動き、そして豪快な切り合いはサーブルの最大の面白みといえるでしょう。サーブルでは、王座決定戦で女子が準優勝に輝きました!

 

 

以上がフェンシングの大まかなルールです!
世間ではあまり知られていないフェンシングですが、スピード・迫力満点!試合会場も相当な熱気に包まれる熱いスポーツです。
ぜひ一度、試合会場に足を運んでみてはいかがでしょうか。(山口晶子)

【6月のWEB企画バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について