同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
大学アイスホッケー交流戦
'18夏の展望「...
インカレ出場権は秋リーグに...
13人でつかんだ勝利
'18夏の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
'18ルーキー特集 : スピードスケート部
'18ルーキー特集「スピードスケート部」

選手層が厚くなりチームとして勢いを増したスピードスケート部に、待望の新入生が入部した。ショートトラック経験者・丸山凛太朗(経1)だ。


ショートトラックに出会ったのは小学3年生の頃だった。市の初心者教室がきっかけで、その魅力に引き込まれた。サッカー、バスケットボール、水泳、剣道ーー様々なスポーツを経験してきた丸山だったが、滑っている時の爽快感は他には替えられないものだったという。高校時代には500㍍で国体準優勝、ノービス&ジュニア大会で500㍍準優勝、1500㍍4位という全国トップの舞台で戦った経験を持つ。


そんな丸山には他大からの勧誘も多くあったというが、自身“スケート一本だけの人生”を歩むことには疑問を持っていた。大学で競技をやめるという選択肢も考え、進路相談室で偶然目にした同志社の受験を決意した。同大の練習環境は他大と比べて特別良いわけではない。部内の経験者も姉・丸山朱理(社3)のみだが、かえって楽しんで競技ができると考えた。さらに、かつて海外での合宿で出会った指導者に偶然関西圏内で教えてもらえることになり、再び競技に打ち込むことを決意した。


同志社チームの魅力は「みんなピリピリしていなくて、とてもやりやすい」ところだ。それでも気を緩めすぎることなく、シーズン開始時に備えて毎日の練習は欠かさない。「自分の競技人生の中で一番打ち込んでいる」と、月水金曜日は陸上トレーニングを、それ以外の曜日は外部や他校との氷上練習にも参加している。


スタミナ不足を課題に挙げ、さらに強化中だ。


自分だけが滑れるのではなく、自分が卒業した後も強いチームであるようチームの底上げに貢献したいという。「経験者として自分が“同志社大学”や“チーム”に入った意味を残せるのは、インカレのリレーだと思っている」と男子リレー入賞を目標に挙げた。個人でもインカレ入賞、そして今年でラストチャンスとなる世界ジュニア大会出場も目指している。4年後の北京オリンピックを見据え、この2年間で大きな成果を残したいと意気込む。自身のことだけでなくチームも強くしたいと競技に向き合う丸山。遠くないうちにスピードスケート部に欠かせない、頼りになる存在となってくれるだろう。(田中美穂)



○プロフィール

丸山 凜太朗(まるやま・りんたろう)

高崎高校出身。身長181㌢体重67㌔

経済学部1年生

趣味:勉強・掃除


同部に姉・丸山朱理(社3)が在籍している(http://doshisha-atom.net/web/result.php?no=1747)。

【'18ルーキー特集バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について