同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
大学アイスホッケー交流戦
'18夏の展望「...
インカレ出場権は秋リーグに...
13人でつかんだ勝利
'18夏の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
'18ルーキー特集 : サッカー部
’18ルーキー特集「サッカー部女子」

昨季は人数が足らず公式戦に出場することがままならなかった。しかし、1年生が加わり今季から本格的に始動した同志社なでしこ。そんなチームでひときわ目立ち、存在感を魅せる大物ルーキーがいた。



培ってきた能力を発揮する



幼稚園からサッカーを始めた竹田うみ(文情1)。中学まで兄と同じチームに入り、切磋琢磨してサッカーに打ち込んできた。女子サッカーの強豪校、福井工業大学付属福井高等学校では、全日本女子サッカー選手権大会福井県大会で優勝するなど数々の優秀な成績を残している。そんな竹田が同志社を選んだ理由は、サッカー部と文化情報学部に入るためだった。サッカーを続けながら将来の夢である数学の先生になるため、文理融合のある文化情報学部を選んだ。そして今、兄の竹田そら(商3)が所属するサッカー部で活躍している。ずっと一緒にサッカーをしてきた兄弟。「同じFWで活躍する兄に負けられない」と日々奮闘している。



背番号10を背負う竹田



竹田は、リーグ開幕戦から背番号10を背負いFWとしていつもチームの最前線に立っている。試合では竹田にボールが集まり、華麗なドリブルで相手をかわし、自らリズムを作る。このチームにとって竹田は必要不可欠な存在だ。春季リーグ戦では5得点をあげ、チームを2部リーグ5位へと導いた。「自分が一番長いことサッカーを経験しているので、もっと勉強してみんなに正確に伝えていき、第一に先頭に立っていないといけないと思う。先輩たちが作ってきてくださったサッカー部の歴史を超えるっていうのと、新しい同志社のサッカー部に入りたいと思ってもらえるようなサッカー部を作っていきたい」と1年生ながらも、自分にできることをしていきたいという強い意気込みを感じた。

今後もチームの勝利に貢献し、先陣を切って活躍していく姿に注目したい。(大石きらり)



〇プロフィール

竹田うみ(左)/文化情報学部1回生/福井工業大学付属福井高等学校出身/174㌢/趣味・お菓子作り


【'18ルーキー特集バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について